東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

自動車整備業業界のM&A

自動車整備業界には、自動車修理や点検、整備、ETCやナビといった自動車電装品の整備、自動車の車両や社内の清掃などの事業が含まれています。

日本M&Aセンターは自動車整備業業界のM&A支援実績が豊富です。

自動車整備業業界の現状

[業界概況]

自動車整備業は今、成長から成熟市場への転換期であり、"業界再編"への対応が急務です。

[市場環境]

近年の新車販売台数は、1990年の778万台をピークに2012年は537万台とピークの69%と、世代間を超えてクルマ離れが加速している状況である。しかし耐久消費財としての需要そのものは引き続き強く、2012年の乗用車の保有台数は5942万台(前年比101.3%)と、クルマに対するアフターマーケットは確実に存在している。

自動車アフターマーケット業界動向1
自動車アフターマーケット業界動向2
  • 少子高齢化による人口減という日本社会の構造的要因。
  • 世代を超えるクルマ(バイク)離れの社会現象の加速。
  • 技術革新による電気自動車化(EV・HV)による、旧来型事業チャンスの減少。

[今後の動向]

大手・中小企業を問わず、「同業買収による市場占有力の強化」「既存の事業ドメインや業態を越える多角化」などの企業連携による事業シナジー・付加価値創出の流れは、整備・中古車販売・カー用品・SS業界など、幅広い業界でますます加速すると予想される。

自動車整備業業界におけるM&A活用のメリット

[譲渡側のM&Aのメリット]

  • 大手・有力企業への傘下入りによる営業基盤・財務基盤・経営資源の強化、またそれによる企業競争力の向上
  • 従業員の継続雇用と事業(取引先)の承継が可能
  • 後継者問題の解決と、次世代の経営課題の解消

[譲受側のM&Aのメリット]

  • 同業買収による市場占有力の強化
  • 関連業買収による既存顧客の総合的な囲い込み
  • 異業種買収による既存事業ドメインや業態を越える多角化

自動車整備業業界においてM&Aを実行する際のポイント

  • 所有地の土壌汚染調査
  • 所有建物の違法建築(既存不適格)等のエンジニアリングレポート(ER)
  • 店舗等の不動産賃貸契約の承継(Change of Control)
  • 事業上の必要許認可の引継手続き
  • 仕入先との代理店(FC)契約の承継の有無

自動車整備業業界の注目案件情報

譲渡自動車整備業業界の譲渡希望案件

現在Web上で公開可能な譲渡希望案件はございません。
詳しくはお問合せください。
自動車整備業業界を含むその他サービス業の譲渡希望案件一覧 お問合せ

譲受け自動車整備業業界の譲受けニーズ情報

  • No
  • 業種/備考
  • 直近売上高
  • 所在地エリア
  •  
  •  
  •  
  •  
  • 神奈川県の工場を希望

その他自動車整備業業界を含むその他サービス業のM&A譲受けニーズ情報がございます。

自動車整備業業界における日本M&AセンターのM&A仲介実績

日本M&Aセンターは自動車整備業業界のM&Aで豊富な実績がございます。

  • 譲渡会社
  • 譲受け会社
  • スキーム
自動車整備
関西
運輸関連サービス
関西
株式譲渡
2016年1月
機械器具製造
中国・四国
自動車整備
中国・四国
株式譲渡
2015年12月
自動車整備
関西
自動車販売
関西
株式譲渡
2015年10月
自動車整備
関東
貨物運送
関東
株式譲渡
2015年6月
自動車整備
関東
ガソリンスタンド
関東
株式譲渡
2014年10月

上記以外にも多数の自動車整備業業界を含むその他サービス業のM&A仲介実績がございます。

M&A・事業承継に関する無料相談受付中(秘密厳守)

日本M&Aセンターの業界別専門コンサルタントが、あなたのM&Aを支援します。
M&Aについて、ぜひ日本M&Aセンターにご相談下さい。秘密は厳守いたします。
また譲受け希望の方は登録もできます。

無料相談申込み

0120-03-4150