日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aがとくに効果を発揮する 4つの主要な経営課題

M&Aとは、何のために実行し、どんな効果が期待できるのでしょうか?
さまざまな経営課題の解決に役立ちますが、とくに有効なのが次の4つのケースです。

成長戦略の推進

成長戦略の推進

現状を打開し、スピード感をもって成長を遂げるために。

「M&Aで成長する」という意味

M&Aで、会社の成長と飛躍を考える上では、「M&Aで譲渡」か「M&Aで買収」かではなく、「どんな相手と組むか」が重要です。 「M&Aで買収」することにより、新規事業のコストやリスクを抑えつつ、スピード感をもって新しいチャレンジができます。 一方、 「M&Aで譲渡」することで、 “選択と集中”でグループ内の非効率な部分やコア事業の見直すことができ、また譲受け企業の経営資源を活用してさらに上のステージへ成長することが可能です。

ご依頼主の戦略を理解し、「シナジー効果を最大化できるお相手」をご提案しニーズを満たすお相手との「マッチング」を実行することが、 M&Aのプロフェッショナルとしての責務だと考えています。

関連するサービス

成長戦略コンサルティング
あらかじめ戦略を立ててお相手探しを開始することで、M&Aの効果を最大限にする最適なお相手を探すことができます。「どこと組めば一番成長できるのか?」を柔軟に考え、ご提案します。
どこと組むかを考える成長戦略型M&A
M&A仲介サービス
日本M&Aセンターは中堅・中小企業のM&A成約実績No.1。日本経済を支える中堅・中小企業の経営課題を解決するため、M&A支援サービスを展開しています。
流れから知る当社のサービス
上場企業向け企業戦略サービス
上場企業の成長を実現するM&Aをサポートします。戦略実現のためのプロアクティブサーチや企業組織再編など、高度なスキーム提案を上場企業専門チームが行います。
戦略的M&Aサービス
企業・組織の再編
成長戦略の推進

後継者問題の解決

ベストな選択肢を追求するために。

ご子息への承継が、「継がす不幸」とならないように

かつては事業承継といえば、親族内承継が主流でした。しかし、ご子息の意思や能力を無視して承継した場合、「継がす不幸」となってしまうことも。近年では、「子供には自由に自分の道を歩んでほしい」と思う経営者が増えたこともあり、親族内承継の割合は大きく減少しています。

従業員への承継には、解決すべき難題がある

承継できる親族がいない場合に、信頼できる従業員への承継を望むオーナーもいます。しかし経営権を番頭格に譲ることはできても、株式の承継資金や債務保証はそう簡単に準備・引き継がせることはできません。雇われ社長では、機動的に事業を展開させることができません。

友好的M&Aで、中堅・中小企業の経営者の「後継者問題」を解決し、企業を「存続」させ、さらなる発展を目指していくこと、それが我々の使命です。

関連するサービス

事業承継診断
専門家と事業継承経験者による、事業承継を成功に導くためのコンサルティングサービスです。
事業承継ナビゲーター
M&A仲介サービス
日本M&Aセンターは中堅・中小企業のM&A成約実績No.1。日本経済を支える中堅・中小企業の経営課題を解決するため、M&A支援サービスを展開しています。
流れから知る当社のサービス
成長戦略の推進

業界の先行き不安の解消

業界再編の波を、飛躍のチャンスとするために。

業界再編はチャンスでもある

変革期にある業界では、先行きについて漠然とした不安を抱いている方が多いでしょう。たしかに、変化の大きな波を黙って眺めているだけでは、飲み込まれてしまう恐れもあります。しかし、それは必ずしもピンチとは限りません。業界構造が変わるほどの大きな波は、競合他社を一気に逆転するチャンスにもなり得るのです。

チャンスを生かすための手段としてのM&A

日本の様々な業界で、これからの大再編時代を予感させるような現象が起きています。単に規模拡大や同業者との争いに勝つことを目的としたM&Aだけではなく、過去の延長線上から抜け出し新しい業態を生み出したり、次のステージに進んだりすることを目的とした「業界再編型のM&A」が有効な時代はすでに到来しており、今後もますます様々な業界へ波及していくでしょう。

関連するサービス

業界再編M&A
業界全体を考える優良企業が集まって業界に変革をもたらす、業界再編M&Aを支援します。
業界再編M&A
M&A仲介サービス
日本M&Aセンターは中堅・中小企業のM&A成約実績No.1。日本経済を支える中堅・中小企業の経営課題を解決するため、M&A支援サービスを展開しています。
流れから知る当社のサービス
海外進出・撤退

海外進出・撤退

海外の市場・事業の動向に、タイムリーに対応するために。

海外進出・撤退にもスピードが求められる時代

近年では、グローバルな市場や生産拠点を持つために、海外進出する企業は珍しくありません。一方で、いったん海外進出したものの、国際情勢の変化により、速やかな撤退や計画変更を迫られるケースもあります。いずれにしても、機を逃すことは許されず、決断・実行にはスピード感が不可欠です。

国境を越えたクロスボーダーM&Aが活発化

法規制(外資規制・会社法・労働法・税法) ・商習慣・事業環境の異なる国外において、M&Aを円滑な成功へむけてご支援する為に、M&A業務に熟練した弁護士・会計士・税理士等専門家と、諸外国の市場を熟知した外部の専門家との協働体制で、高度なプロフェッショナルサービスを「包括的に」ご提供することで、クロスボーダーM&Aを成功に導きます。

関連するサービス

海外支援/クロスボーダーM&Aサービス
海外(日本)進出・撤退・移転、貴社の成長戦略を、当社は友好的なM&Aを通じて、ご支援致します。
海外M&A支援サイト

自分の課題の解決方法をもっと詳しく知りたい方は、無料相談へお越しください。

サービス

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。