M&A成約式

Ceremony

日本M&Aセンターが考える成約式とは

スムーズな統合の第一歩に向けて、全国各地で行われている
M&A成約式についてご紹介します。

成約したその日からが、本当のはじまり

M&Aは成約がゴールではありません。
日本M&Aセンターでは、M&A成約後のPMI(Post Merger Integration : M&A成立後の統合プロセス)を単なる統合プロセスではなく、“譲渡企業、譲受企業がともに成長する過程”と位置付けています。つまり、両社が思い描いていた成長を実現する事こそがゴールであり、M&Aの成約は「ともに成長するプロセスのスタート」であると捉えています。

最終契約書が交わされるその日、日本M&Aセンターでは「M&A成約式」というセレモニーを執り行います。ご参加いただくのは譲渡企業、譲受企業双方の関係者。お互いに対する理解を改めて深める大切な時間として全国各地で実施されています。

M&A成約式はよく「会社同士の結婚式」に例えられます。直前まで条件交渉をしていた両者がステージを変え、お互いの企業文化をきちんと理解し、新たな一歩を踏み出す。そのためにM&A成約式は必要不可欠です。従前から成約時にセレモニーが行われてきましたが、「セレモニーを行った会社同士は、その後の統合が順調なケースが多い」というM&Aコンサルタントの提案により、2015年から成約式プロジェクトとして本格始動しました。

大切な節目に寄り添う
専任セレモニスト

「M&A成約式」は、日本M&Aセンター専任のスタッフによって演出構想、準備、会場設営等の企画から運営まで全てを執り行います。

「M&Aセレモニスト」と呼ばれる専任のスタッフ達は、ブライダルやホテルなど一流のサービスの世界で研鑽を積んできた経験・ノウハウを活かし、両社のスムーズな第一歩につながるよう、細部にわたりプロデュースを行います。

セレモニストの声

譲渡の理由や目的は会社によって様々ですが、我が子のように人生をかけて大切に育ててきた会社を譲り渡すオーナー様にとって、非常に大切な節目であることに変わりはありません。また、譲り受ける側の関係者の皆様にとっても、書面を中心としたやりとりでは伺い知ることのできなかった譲渡オーナー様やそのご家族の想いについて成約式を通じて知り、「改めてバトンを受け取る責任の重みを感じた」との声をいただくことも少なくありません。

我々セレモニストは、一度限りの大切な節目を「参加される皆様の記憶に残る式にしたい」との想いで、担当コンサルタントとの入念な打ち合わせを重ね、当日に臨みます。
会場は当社オフィスにある専用ルームや、場合によっては屋外、船上などお客様のストーリー、ご要望に合わせて全国各地で執り行っております。

お客様の数だけストーリーがあり、1回として同じ成約式がないこと、企業の、そしてその先にいる従業員の方も含めて様々な方たちの新たな一歩となる大切な節目に関われること。それが私たちの誇りであり、成約の先を見据えた日本M&Aセンターだからこそ実現できることだと考えております。

日本M&Aセンターグループではご検討段階からのご相談から統合後のコンサルティングまで
一貫してサポートを行っております。専門のコンサルタントがお答えしますので、まずはお気軽にご相談ください。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。