東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

譲渡希望案件情報

日本M&Aセンターでは、数多くのご相談のうち、オーナーの譲渡意思確認がとれ、企業評価作業や詳細なインタビューを基に企業概要をまとめた(案件化された)情報のみを「譲渡希望案件」としてご紹介。高い質が確保された案件情報を基に、検討を進めることが可能です。

日本M&Aセンターの譲渡希望案件の特徴とは

正式受託している
譲渡希望案件数
0
うち、当Webで
閲覧可能な案件数
0

(2017年3月現在)

多くの非公開案件がありますのでお問い合せ下さい

非公開案件お問い合わせ

譲渡希望案件 新着

  • No
  • 業種
  • 直近売上高
  • 所在地エリア
  •  
  • 9919
  • 射出成型加工
  • 10億円以下
  • 東海
  • 大手家電メーカーと直接取引、自動車部品メーカーとの取引あり。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9918
  • 二輪用アクセサリ卸
  • 2億円以下
  • 関東
  • 信頼性の高いブランドの代理店。取扱い製品はコストパフォーマンスにおいて競合優位。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9917
  • 測量業
  • 1億円以下
  • 中部
  • 土木設計と建築設計の両部門があり、幅広い対応が可能。 業歴長く、地元密着型の安定的なネットワークを構築。資格保有者が多く在籍する。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9915
  • 自動車整備業
  • 3億円以下
  • 信越
  • 継続的な需要が見込まれる小型車に特化した自動車整備業を展開。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9914
  • タクシー業
  • 3億円以下
  • 信越
  • タクシー保有台数は30台未満。地元密着の事業運営で堅実な売上基盤を確立。グループ会社に自動車整備会社を有する。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9913
  • 集配利用運送業
  • 5億円以上
  • 関西
  • 複数の営業拠点を有し、保有車両台数は50台以上。自動車整備工場を保有している。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9912
  • 一般貨物自動車運送業
  • 5億円以下
  • 北海道
  • 主に食品や一般貨物を扱う。北海道に本社を持ちながら、本州にもネットワークを持つ。車両は比較的新しいものが多い。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9911
  • WEBサイト制作・マーケティング
  • 1億円以下
  • 関東
  • Web制作、Webマーケティング、オウンドメディア等Web周りをトータルでサポート可能。デザイナー・コーダー・プログラマー・ライターが社内に在籍している。自社メディアを複数運営している。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9910
  • 室内装飾品卸売業
  • 1億円以下
  • 関東
  • 幅広い販売網を有しており、安定した営業基盤を確保。独自の販売システムにより優位性を確保。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A
  •  
  • 9908
  • スイミングスクールの運営
  • 1億円以上
  • 中部
  • 小学生向け中心のスイミングスクールを運営。周辺に競合が少ない。
  • 案件問合せ
  • 業界M&A

上記の譲渡案件情報に関心がある方は、当社までお問い合せ下さい。

*1 各案件についての詳細な資料については、秘密保持契約締結等が必要になります。
*2 譲渡希望企業様の意向により、開示できかねる場合があることをご了承下さい。

譲渡希望案件の特徴

日本M&Aセンターが紹介する「譲渡希望案件」は、情報としての質を確保するために以下の案件化ステップを経たものです。

案件化の内容

譲渡案件の特徴
  • オーナー社長の譲渡意思確認
  • 当社との提携仲介契約の締結及びM&Aを進める為の業務着手金のお支払い
  • 決算書・確定申告書に基づいた企業評価作業
  • 会社概要、業務内容、従業員、顧客基盤、強み・弱みなど詳細なインタビュー
  • 上記をもとにした企業概要書の作成

M&Aの手順

当『エムアンドエー.jp/M&A.jp』で提供される「譲渡希望案件」の情報についても、上記の案件化ステップを経ております。

※本情報は相談先の企業にとりましては絶対に漏洩されてはならない秘密情報ですので、日本M&Aセンターが厳しく情報を管理しております。

※本サイト内容の無断での複写、転写、転載を禁じます。本サイトの内容を第三者に開示する(第三者にメール・FAXする等を含みます)場合には、日本M&Aセンターの許可が必要です。