物流・運輸・倉庫業のM&A案件一覧(売却・事業承継案件)

物流・運輸・倉庫業界とはここでは「トラック物流」「空運・海運・港湾物流」「倉庫・その他運輸関連サービス」また「輸送用機械・部品製造」や「鉄道・バス」「タクシー」を含みます。

  • 運送事業

    NEWNo.13963

    ・某有名大企業と取引契約を結んでいる ・直受けが多い ・対応力が高い

    詳細を見る
  • トラック運送

    No.14240

    きめ細やかなサービス

    詳細を見る
  • ワンストップ型が強みの運送業

    No.10809

    ・保有車輌は全て特殊車両であり、1台の車で積み降ろしが出来るワンストップの運送が可能 ・オペレーターの平均勤続年数は20年超とベテランが多く在籍。安全性優良事業所認定(Gマーク)を受けており安全運行・安全作業が強み ・全車の位置を即座に把握出来る運行管理情報システムを有しており、急な要請に対しても迅速に対応することが出来る

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13814

    ・スーパーへの配送の受注が安定している ・冷凍冷蔵車20台程度所有(リース含む)

    詳細を見る
  • 一般貨物運送業

    No.13988

    ・ICが近く好立地 ・若いドライバーが多い

    詳細を見る
  • 運送業

    No.13892

    九州地方から東海地方まで往復運搬。 農作物からAmazonまで幅広い商材。 取引先からの評判が高い。

    詳細を見る
  • 通販物流事業

    No.13727

    ・EC対応に強く、収益体制。 ・十分な仕組み化が出来ている。

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送事業

    No.13906

    50台以上の車両と従業員を保有する。

    詳細を見る
  • ドライバーが多数所属する一般貨物運送業者

    No.13829

    ・ドライバーと車両を多数保有 ・長年の業歴で培った顧客との信頼関係 ・安心安全への取り組みによる働きやすい職場

    詳細を見る
  • 通関業

    No.13658

    ・特定の品目輸出に特化した運営を行っている ・通関業許可を有している ・広く安定した受注元を有している

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13220

    ・IC近くに本社を構える ・自動車部品から建設資材まで様々な製品を配送

    詳細を見る
  • 食品加工・卸売業

    No.13675

    ・大手取引先と安定した取引実績がある ・充実した設備環境が整っている ・若手の従業員も多数活躍中

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13778

    ・高速道路ICに近く、大型・中型トラックと小型車を保有し、幅広い種類の運送が可能 ・展示用什器の組立やシール張りを行う物流加工機能を持ち、倉庫も保有 ・フォークリフト免許保有者が多数在籍し、人材派遣も行う

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13801

    優良荷主からの安定した受注 手積業務が僅少であり熟練ドライバーを多数抱える

    詳細を見る
  • 一般貨物運送業

    No.13763

    小回りの利く柔軟な顧客対応 顧客からの依頼に対し、可能な限り応え、サービスの質も高いため、顧客満足度がかなり高い。 安定した受注につながっている。 インター沿いで好立地 交通の便が良く、短納期での運搬実現に大きく貢献。 ドライバーのレベルが高い 経験豊富な従業員が多く、仕事が早く正確。ルートを熟知しており、生産性高く業務を行うことができるため、 利益率の向上を実現している。

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13662

    ・輸出入貨物に強み ・健全な財務内容及び高い収益性 ・自社にて車庫土地所有

    詳細を見る
  • 運送業

    No.13545

    ・食品関連の輸送に強みを持っている ・労務管理も対応済

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送業

    No.13683

    ・経験豊富なベテランドライバーが在籍 ・高速インター至近の好立地 ・積荷の内容を問わず運送できる(常温)

    詳細を見る
  • 倉庫業

    No.13506

    ・顧客に対してサービス品質向上の為の最適な3PLを提供 ・好立地な大規模倉庫を有する

    詳細を見る
  • 艤装品工事業

    No.13386

    船舶用品や工場関連など幅広く工事対応

    詳細を見る
  • 運送業、通関業

    No.13445

    上場企業、財閥等の優良顧客を抱えている。 通関+運送の一括受注が可能。

    詳細を見る
  • 一般貨物運送業

    No.13406

    ・若いドライバー ・広大な土地

    詳細を見る
  • 特種車輌の製造販売

    No.13403

    顧客のニーズに合わせた車輌の製造が可能 社員の技術力が高い

    詳細を見る
  • フォワーダーおよび3PLサービス

    No.13409

    ・ヘルスケア商品の輸送に重点を置いている。 ・最新鋭(自動化・管理システム)の倉庫設備に改装中。 ・多数の海外拠点を持つ。

    詳細を見る
  • 青果物の運送

    No.13258

    30代~40代の働き盛りのドライバー中心

    詳細を見る
  • 一般貨物自動車運送事業

    No.13309

    ・大口取引先ありの長距離運送業 ・安定した売り上げ基盤

    詳細を見る
  • 運送業

    No.13242

    ・冷凍冷蔵車中心の長距離輸送 ・ベテランドライバーが豊富で安定した運営体制

    詳細を見る
  • チルドおよび一般貨物運送業

    No.12528

    ・好立地に拠点を構える ・冷蔵冷凍車を10台所有 ・配送先は対象会社が所在する県内がメイン

    詳細を見る
  • フォワーディング

    No.12662

    ・フォワーダーとしては高めの粗利率 ・オーナーは日本企業で勤務経験のある親日家で、日本企業への譲渡を希望

    詳細を見る
  • 物流関連サービス

    No.12163

    長年の取引先基盤

    詳細を見る
  • 冷蔵・冷凍食品輸送を手掛ける一般貨物運送業

    No.12139

    ・食品卸との安定した取引 ・高い直請け比率 ・冷蔵・冷凍倉庫を保有 ・地域は中国・四国地方

    詳細を見る
  • 個人向け小包配送中心のトラック運送

    No.12196

    ・ASEANのとある国にて対象国にて、全国展開 ・個人間の小包配送が主で ・業界ではTOP10の規模

    詳細を見る
  • コールドチェーン(冷凍冷蔵車を使った食品運送)

    No.11987

    ・ASEANのとある国で運営 ・大手食肉メーカーとの長い取引で安定 ・小規模で小回りが効く

    詳細を見る
  • 地域に根差した優良取引基盤を有する運送会社

    No.10653

    ・ベテランを多数擁し、最善で効率の良い運送を実現 ・地域に根差した安定的な大手取引先を有する ・新しいトラックも直近で複数台導入

    詳細を見る

Web上に掲載されていない非公開案件については、お問い合わせください。
M&A買収ニーズ情報をご登録いただくことで、案件の紹介がうけられます。

メルマガ配信登録いただくと、新着案件など情報が配信されます。

  • 本情報は相談先の企業にとりましては絶対に漏洩されてはならない秘密情報ですので、日本M&Aセンターが厳しく情報を管理しております。
  • 本サイト内容の無断での複写、転写、転載を禁じます。本サイトの内容を第三者に開示する(第三者にメール・FAXする等を含みます)場合には、日本M&Aセンターの許可が必要です。

物流・運輸・倉庫業のM&A案件の特徴

物流業界は、トラック、空輸、海運、倉庫などさまざまあり、業界全体では24兆円にのぼる巨大市場と言われています。
昨今、働き方改革法に伴う「時間外労働時間の上限規制」などが2024年4月から「自動車運転の業務」にも適用されることで、物流業界では2024年問題として懸念されています。
対策としてM&Aも有効な手法であり、近年物流業界においてその動きは活発化しており、物流事業の60%を占めるトラック運送業を中心に、M&Aによる業界再編が加速しています。
傾向として譲渡企業側は、現時点で業績が良好でも、ドライバー不足および労務管理と、収益確保を両立させることへの不安から、会社の売却を検討するケースが多くみられます。譲受企業側では新拠点獲得を目的に、他の運送・物流会社の買収が検討されています。
日本M&Aセンターでは多数のM&A案件をご相談いただいており、2020年は52件(社)、2021年は33件(社)のM&Aを支援をしており、2017~2019の94件から2020~2022の128件と急増しております。
最近特に増えているのが「成長戦略型M&A」で、30~40代くらいの若い経営者にニーズが多く、「成長のスピードを上げる」あるいは「自分が描いている構想の実現可能性を高める」ということに主眼を置いて、「大手と手を組む」という感覚でM&Aを望まれる方が増えています。
専門ノウハウでトラブルを減らしつつ、スピーディーにM&Aを実行できる点が日本M&Aセンターの強みです。

トラック物流業界のM&A案件

トラック物流業界には、企業間の調達物流や販売物流をトラックを用いて請負う事業や、主に一般消費者を対象として比較的小さい荷物を配送する事業、個人や法人の住居や拠点の引越し・移転に関するサービスを提供する事業などが含まれています。
1990年の規制緩和で新規参入が一気に増え現在約6万社といわれ、プレーヤー過多の状態です。
そもそも多重下請けが慢性化しており利益が出しにくい構造で、さらに最近では燃料の高騰によるコスト増も大きな負担となっていおり、トラック運送業界の9割を占める中小零細企業はもちろん、中堅・準大手企業にとっても、法律にのっとった体制づくりが急務です。

空運・海運・港湾物流業界のM&A案件

空運・海運・港湾物流業界には、航空機、船舶を用いて貨物や旅客の輸送を行う事業、港湾内の運送を行う事業などが含まれています。

倉庫・その他運輸関連サービス業界のM&A案件

倉庫・その他運輸関連サービス業界には、法人や個人の荷主から預かった品物の検品・入庫・保管・流通加工・ピッキング・仕訳・荷揃え・出庫など物流の保管業務を請負う事業が含まれています。

輸送用機械・部品製造業界のM&A案件

輸送用機械・部品製造業界には、自動車、鉄道車両、船舶、航空機、その他特殊車両も含めて、ヒトやモノの輸送を目的とした機械や、その附属部品を製造する事業が含まれています。

鉄道・バス業界のM&A案件

鉄道・バス業界には、旅客や貨物を輸送する鉄道、旅客を輸送するバスを貸切で運行する事業やバスを規定した時刻や路線に沿って乗合で運行する事業が含まれています。

タクシー業界のM&A案件

タクシー業界には、10人以下の旅客を自動車を貸し切って目的地まで輸送する事業が含まれます。

まとめて問い合わせる
 

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。

絞り込み