東証一部上場 証券コード 2127
No.2127

中堅・中小企業のM&A仲介実績No.1

M&Aとは(M&Aの意味/メリット/手法・形態)

M&Aとは/M&Aの意味

M&A(エムアンドエー)とは『Mergers合併)and Acquisitions買収)』の略です。M&Aの意味は、企業の合併買収のことで、2つ以上の会社が一つになったり(合併)、ある会社が他の会社を買ったりすること(買収)です。

M&Aの広義の意味として、企業の合併買収だけでなく、提携までを含める場合もあります。

M&Aと日本M&Aセンター

M&Aのメリット

適切な企業間のM&Aは、譲渡企業・譲受け企業の各関係者に大きなメリットをもたらします。

譲渡企業のメリット 譲受け企業のメリット
  • 事業承継問題の解決
  • 企業の存続・発展と社員の成長
  • 創業者利潤の確保と個人保証解除
  • 必要な経営資源を時間をかけずにリスクを少なく取得して事業を開始できる

会社譲渡のメリット詳細

会社譲受けのメリット詳細

M&Aの手法・形態

M&Aの手法には株式譲受(株式譲渡)・新株引受・株式交換事業譲渡合併会社分割などの様々な手法があり、整理すると以下のようになります。

企業
提携
資本の移動を
伴う提携
(広義のM&A)
企業買収
(狭義のM&A)
買収 株式取得
資本参加
株式譲渡
新株引受
株式交換
事業譲渡
資産買収
一部譲渡
全部譲渡
合併 吸収合併  
新設合併  
分割 新設分割 分社型分割
(分割型分割)
吸収分割 分社型分割
(分割型分割)
株式の持ち合い ※業務提携の補強
合弁企業の設立 ※リスクの分散
資本移動を
伴わない提携
(業務提携)
共同開発・技術提携 ※研究開発部門の補充・強化
OEM提携 ※工場生産部門の補充・強化
販売提携 ※営業販売部門の補充・強化
M&Aの形態

M&Aと日本M&Aセンター

M&Aは企業の「存続と発展」をダイナミックに実現させるための戦略ツールです。

「後継者問題の解決」や「業界再編に備えた経営基盤の強化」、「事業領域の拡大」などの経営者様の課題解決の実現にM&Aは有効な手段です。
M&Aはしばしば企業の結婚に例えられ、文化や戦略、補完関係などについての相手先との相性が成否の鍵を握ります。

日本M&Aセンターは、"譲渡企業"と"譲受け企業"、そしてその関係者の方々がWin-Winとなる、ベストの相手とのM&Aの成約をフルサポートします。

M&Aへの理解を深めるために

M&Aの一層の理解のために、当社「M&A・事業承継に関する無料相談」をご活用ください。それ以外にも以下の方法もございます。