M&A用語集

第三者割当増資

読み
だいさんしゃわりあてぞうし
英語
Rights offering

第三者割当増資とは、特定の第三者に株式を発行し、発行会社に対価の払込みを行ってもらうことをいう。会社の資金調達方法の一つであるが、株式を引き受けた者の議決権比率が高まることから、M&Aにおいても活用される。

「第三者割当増資」の関連用語

「第三者割当増資」の関連コラム

M&Aのディールとは?手順やポイントについて徹底解説

M&A全般
M&Aのディールとは?手順やポイントについて徹底解説

海外の映画やドラマを見ていると、ビジネスの交渉が行われるシーンで「It’sdeal(よし、これで手を打とう!)」というセリフを耳にしたことはありませんか?このdeal(ディール)という言葉は、私たちの日常会話でも近年用いられる機会が増えており、たとえば、自動車メーカーと特約店契約を結んだ正規販売店は「ディーラー」と呼ばれます。いっぽうM&Aの世界でも、「ディール」が頻繁に使われています。ただし、そ

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

令和3年3月1日に施工された「会社法の一部を改正する法律案」で新たに創設された株式交付制度は、令和3年税制大綱によれば株式を対価とするM&Aを促進することを目的としています。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いやM&Aで活用する場合のメリットや注意すべき点などについて、最新の情報を詳しく解説していきます。株式交付とは?株式交付は、会社法では「株式会社が他の株式会

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

「第三者割当増資」の関連M&Aニュース

中広、クロスメディア事業を行うケイ・クリエイトの株式取得、子会社化へ

株式会社中広(2139)は、持分法適用関連会社である株式会社ケイ・クリエイト(愛知県一宮市)の株式を、第三者割当増資の引受により取得し、連結子会社化した。議決権所有割合は、51.0%となる。これに伴い、ケイ・クリエイトの子会社であり中広の持分法適用関連会社である株式会社ケイピーエス(愛知県岩倉市)も連結子会社となる。(ケイ・クリエイトが議決権の60.0%保有するため、間接保有分を含め、中広の議決権

SBIホールディングス、三井住友フィナンシャルグループと資本業務提携締結

SBIホールディングス株式会社(8473)および完全子会社の株式会社SBI証券(東京都港区)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(8316、SMBCグループ)、株式会社三井住友銀行(東京都千代田区)、三井住友カード株式会社(東京都江東区)との間で包括的な資本業務提携を締結することを決定した。また、SMFGを割当予定先として第三者割当による新株式の発行を行う。発行済株式数の11.01%(27,

マウスピース型歯科矯正サービス提供のフィルダクト、約1.5億円の資金調達を実施

株式会社フィルダクト(東京都千代田区)は、複数の投資引受先から、第三者割当増資による約1.5億円の資金調達を実施した。これにより累積資金調達総額は約2億円となった。【主な引受先】・MistletoeJapan・SEGMENT・OPENVENTURESフィルダクトは、3DプリンターやCADといったデジタル機器や遠隔アプリを活⽤した、マウスピース型歯科矯正サービス「DPEARL」を提供している。今回の