M&A用語集

第三者割当増資

読み
だいさんしゃわりあてぞうし
英語
Rights offering

第三者割当増資とは、特定の第三者に株式を発行し、発行会社に対価の払込みを行ってもらうことをいう。会社の資金調達方法の一つであるが、株式を引き受けた者の議決権比率が高まることから、M&Aにおいても活用される。

「第三者割当増資」の関連用語

「第三者割当増資」の関連コラム

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

「第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

「第三者割当増資」の関連M&Aニュース

ショーケース、日本テレホンと資本業務提携へ

株式会社ショーケース(3909)は、日本テレホン株式会社(9425)との資本業務提携契約の締結を決定した。また、日本テレホンが実施する第三者割当による新株式を引受ける。本件に伴い、ショーケースは、日本テレホン社の本新株式2,310,000株(発行済株式総保有率40.23%)を取得、日本テレホン社は連結子会社となる。ショーケースは、SaaS事業、広告・メディア事業、クラウドインテグレーション事業、投

ラック、野村総合研究所と資本業務提携へ

株式会社ラック(3857)は、株式会社野村総合研究所(4307)との間で資本業務提携契約を締結することを決定した。本件に伴い、野村総合研究所を割当予定先として第三者割当の方法による新株式の発行を行うとともに、KDDI株式会社(東京都新宿区)を割当予定先として第三者割当の方法により普通株式1株につき715円で新株式の発行を行う。また、本第三者割当増資により、野村総合研究所に普通株式3,130,000

ビックカメラ、ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」運営のSHOWROOMと資本業務提携

株式会社ビックカメラ(3048)は、ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」など、エンターテインメント事業を展開するSHOWROOM株式会社(東京都渋谷区)より第三者割当増資を引受け、資本業務提携した。ビックカメラは、カメラ、ビジュアル製品、オーディオ製品、パソコン、OA機器、携帯電話、家電製品、時計、ゲーム、メガネ・コンタクト、医薬品、玩具、スポーツ用品、寝具、酒類などの販売を行っている。

ウイングアーク1st、traevoより株式取得、子会社へ

ウイングアーク1st株式会社(4432)は、株式会社traevo(東京都港区)の株式を第三者割当増資引受により取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、普通株式で最大123百万円。議決権所有割合は、最大61.5%。ウイングアーク1stは、帳票・文書管理事業、データエンパワーメント事業、第三者データ提供サービスなど事業を展開。ソフトウェアとサービスを提供、企業のデータ活用を支援している。tra

ゼネラル・オイスター、阪和興業と資本業務提携へ

株式会社ゼネラル・オイスター(3224)は、阪和興業株式会社(大阪府大阪市)と資本業務提携を行うことを決定した。また、ネクスタ株式会社(大阪府大阪市)を営業者とするネクスタ匿名組合(東京都渋谷区)および阪和興業との間において、ゼネラル・オイスターが第三者割当の方法により普通株式を発行することを決定した。発行価額は、1株につき890円。本件に伴い、ゼネラル・オイスターは、第三者割当の方法により、ネク

SHIFT連結子会社、サイバー攻撃への対策強化を目的に米国SentryMark, Inc.と資本業務提携へ

株式会社SHIFT(3697)のグループ会社(連結子会社)である株式会社SHIFTSECURITY(東京都港区)は、SentryMark,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、SentryMark)へマイノリティ出資を通じた資本業務提携することを決定した。取得価額は、約173,025千円。本件に伴い、SentryMark,Inc.は、第三者割当増資の方法により転換権付優先株式を発行し、SHIFTは