M&A用語集

買収

読み
ばいしゅう
英語
acquisition

買収とは、M&A用語としての買収に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることをいう。

新規に自社で事業を立ち上げたり強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は時間の節約につながりやすい。

M&Aという用語はmergers and acquisitions(合併買収)に由来する。

「買収」の関連用語

「買収」の関連コラム

TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

経営・ビジネス
TOB(株式公開買付)とは?目的やMBOとの違い、メリット・デメリットを解説!

本記事ではTOBについて、概要およびメリット・デメリット、対処法について解説します。TOB(株式公開買付)とは?TOBとは、“Take-OverBid”の略で、「株式公開買付」と呼ばれるM&Aの手法の一つです。譲受側(買い手)が事前に買付期間・買取株数・価格を公告して、買収対象の企業の株式を既に保有している不特定多数の株主に対して、株式の買付を呼びかけます。通常の取引市場での買付と異なり、TOBは

人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

広報室だより
人気セミナー買収の参観日 デューデリジェンス編

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年9月10日に開催されました。4回目の今回はM&Aを成功させるために欠かせないデューデリジェンス(DD、企業精査)を中心に、東日本事業法人チャネル統括部長の川畑勇人が解説しました。売り手企業の実態を知るためのデューデリジェンスM&Aの

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

M&A全般
「やらない理由がどこにある?」M&A決断のとき

先日、ある社長に3年ぶりにお会いしてきました。最初の出会いは約10年前、私がM&Aのアドバイザーとしてまだまだひよっ子だった頃です。「生意気だけど、言ってることは合ってる。信用できる奴だと思ってたよ」30歳の若僧の言葉でも真摯に聞いてくれる社長のことが、私も大好きでした。3年前に私がご提案したのは、東海エリアで10店舗展開している会社でした。事業内容や財務情報などをご説明した後、少し間をおいて、社

「買収」に関連する学ぶコンテンツ

「買収」の関連M&Aニュース

AppLovin Corporation、Twitter, Inc.のMoPub事業を買収

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovinCorporation(アメリカ・カリフォルニア州、AppLovin)は、Twitter,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Twitter)のMoPub事業を買収する契約を正式に締結した。取得価額は、約10億ドル。AppLovinは、マーケティングソフトウェア開発事業を展開している。Twitterは、ソーシャル・ネットワー

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、リバプールのゲーム開発スタジオ Firesprite Limitedを買収へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(アメリカ、SIE)は、最先端のハードウェア向けに完成度の高い作品を開発するFirespriteLimited(イギリス、Firesprite)の買収について、正式契約を締結した。SIEは、「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売や「toio」およびソフトウェア、コンテンツの企画、開発、販

凸版印刷の子会社、南アフリカの政府系ITシステムインテグレーターFace Technologies社を買収

凸版印刷株式会社(7911)の子会社であり、決済ソリューションとIDビジネスを推進するToppanGravityLimited(香港、ToppanGravity)は、新興国地域を中心に20カ国以上で運転免許証や国民IDの導入実績を持つITシステムインテグレーター、FaceTechnologies(Pty)Ltd(南アフリカ、FaceTechnologies社)を買収した。凸版印刷は、「印刷テクノロ

村田製作所、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「Digital ET技術」を保有するEta Wireless, Inc.を買収

株式会社村田製作所(6981)は、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「DigitalET技術」を保有するEtaWireless,Inc.(アメリカ、EtaWireless)の買収を完了した。村田製作所は、ファンクショナルセラミックスをベースとした電子デバイスの研究開発・生産・販売を行っている。EtaWirelessは、端末の送受信機能に関わるRF回路の消費電力を削減する「Digi

MUFG及び三菱UFJ銀行、子会社を通じてベトナムの民間商業銀行サイゴンハノイバンクの子会社の全株式取得へ

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306、MUFG)および株式会社三菱UFJ銀行(東京都千代田区)の連結子会社であるタイ王国の商業銀行BankofAyudhyaPublicCompanyLimited(タイ、アユタヤ銀行)は、在ベトナム社会主義共和国の民間商業銀行Saigon-HanoiCommercialJointStockBank(ベトナム、サイゴンハノイバンク)の子会社SHBan