M&A用語集

買収

読み
ばいしゅう
英語
acquisition

買収とは、M&A用語としての買収に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることをいう。

新規に自社で事業を立ち上げたり強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は時間の節約につながりやすい。

M&Aという用語はmergers and acquisitions(合併買収)に由来する。

「買収」の関連用語

「買収」の関連コラム

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務
ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。<前回の記事>買収企業が押さえておきたい、トップ面談の極意とは(前篇)トップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

M&A実務
トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

日本M&Aセンターでは、毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフであるYouTube動画の内容をお届けします。トップ面談は準備が8割壷井:今回は当社の中でもM&A業界での経験が豊富な小森さんと、「トップ面談」をテーマにお送りします。

2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

M&A全般
2024年問題が影響?物流業界のM&A増加の背景をわかりやすく解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は物流業界のM&Aが近年増加している背景について詳しく解説します。本記事の動画はこちらからご覧いただけます。物流業界に差し迫る「2024年問題」西川:前回、前々回と日立物流の事例を取り上げてきましたが、今回はその流れで物流業界に関するM&

個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&A全般
個人M&Aを成功させるポイントとは?メリット・注意点を解説

M&Aは大企業や中小企業など企業ではく、個人が行うケースも増えています。本記事では、個人M&Aの現状や実行する場合のメリット、注意点・利用目的・利用方法などについて詳しくご紹介します。個人によるM&AとはM&Aにおいて、売買案件が小規模のものをスモールM&Aと呼びます。具体的には、会社の売買金額が1億円以下、あるいは譲渡側と譲受側の年間売上高が1億円以下に該当するM&Aが、スモールM&Aに該当しま

「買収」に関連する学ぶコンテンツ

「買収」の関連M&Aニュース

Amazon、家庭用清掃ロボット製品を販売するiRobotを買収

Amazon.com,Inc.(アメリカ・ワシントン州シアトル)は、iRobotCorporation(アイロボット、アメリカ・マサチューセッツ州)を買収することを決定した。買収価格は約17億ドル(約2300億円)。Amazonは、総合オンラインストア、クラウドコンピューティングを展開している。iRobotは、掃除機ロボット「ルンバ」などの家庭用清掃ロボット製品の販売を行っている。米国マサチューセ

日立産機システム、レーザーマーカーを製造販売する米Telesis Technologiesを買収

株式会社日立産機システム(東京都千代田区)は、TelesisTechnologiesInc.(アメリカ・オハイオ州、テレシス)を買収した。日立産機システムは、産業電機の製造、販売、保守・サービス、システムソリューションなどを行っている。食品、飲料、化粧品、薬品などの製品やその包装の上に、日付やロット番号などを印字するマーキングシステムを提供。本年4月にもドイツのフォトンエナジーを買収している。テレ

富士通及びFujitsu Australia、独立系コンサルティング会社Enable Professional Servicesを買収へ

富士通株式会社(6702)およびFujitsuAustraliaLimited(オーストラリア・シドニー)は、EnableProfessionalServices(オーストラリア・メルボルン)の買収計画を発表した。本件に伴い、EnableProfessionalServicesの社名は「Enable,aFujitsucompany」に変更される。富士通は、ICT分野における各種サービス、電子デバイ