M&A用語集

合弁企業の設立

読み
ごうべんきぎょうのせつりつ
英語
Joint venture

合弁企業とは、複数の企業が互いに出資して設立する新企業をいう。

合弁企業を設立することで、経営における様々なリスクを分散するため、活用されることが多い。

「合弁企業の設立」の関連用語

「合弁企業の設立」の関連コラム

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

令和3年3月1日に施工された「会社法の一部を改正する法律案」で新たに創設された株式交付制度は、令和3年税制大綱によれば株式を対価とするM&Aを促進することを目的としています。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いやM&Aで活用する場合のメリットや注意すべき点などについて、最新の情報を詳しく解説していきます。株式交付とは?株式交付は、会社法では「株式会社が他の株式会

合弁会社とは?設立するメリットと注意点、設立の流れをわかりやすく解説

経営・ビジネス
合弁会社とは?設立するメリットと注意点、設立の流れをわかりやすく解説

合弁会社とはどのような会社を指すのでしょうか。本記事は合弁会社の定義を踏まえて、合弁会社設立のメリットと注意点、合弁会社設立の業務フローなどについて詳しく解説します。合弁会社とは?合弁会社とは、2つ以上の企業が特定の事業の遂行を目的に共同して設立、あるいは取得した会社を指します。JV、JointVenture(ジョイント・ベンチャー)と呼ばれる場合もあります。なお、合弁会社は公正取引委員会の企業結

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場合の取り

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

「合弁企業の設立」に関連する学ぶコンテンツ

「合弁企業の設立」の関連M&Aニュース

ロコンド、伊藤忠と「Reebok」商品取り扱いに関するライセンス契約締結と合弁会社設立へ

株式会社ロコンド(3558)は、伊藤忠商事株式会社(8001、伊藤忠)との間で、「Reebok(リーボック)」ブランド商品取り扱いに関する合弁会社を設立することを前提とした、ライセンス契約を締結した。【合弁会社の概要】・株式保有比率ロコンド66%、伊藤忠34%で設立予定。・現Reebok日本事業を運営しているアディダスジャパン社からReebok国内事業を継承する予定。ロコンドは、靴とファッションの

日本トランスシティ、住友電装及び伊勢湾倉庫と合弁会社を共同で設立

日本トランスシティ株式会社(9310)は、住友電装株式会社(三重県四日市市)および伊勢湾倉庫株式会社(三重県四日市市)と、STコネクトロジスティクス株式会社(三重県四日市市、合弁会社)を共同で設立した。日本トランスシティは、総合物流業を行っている。住友電装は、自動車用ワイヤーハーネスの製造および販売を行っている。伊勢湾倉庫は、総合物流業を行っている。STコネクトロジスティクスは、自動車用ワイヤーハ

エヌ・シー・エヌ、Sanuと共同出資で合弁会社を設立へ

株式会社エヌ・シー・エヌ(7057)は、株式会社Sanu(東京都中央区)と共同出資でN&S開発株式会社(合弁会社)を設立することを決定した。エヌ・シー・エヌは、木造耐震設計事業、温熱計算サービス等の住宅の資産価値向上に向けた、様々なサービスを展開している。Sanuは、自然の中で生活を営むために、もう一つの家を提供するサブスクリプションサービス「SANU2ndHome」の運営を行っている。N&S開発

日総工産、ツナググループの連結子会社ツナグHCサポートを合弁会社化へ

日総工産株式会社(6569)は、株式会社ツナググループ・ホールディングス(6551)の連結子会社である株式会社ツナグHCサポート(東京都千代田区)への第三者割当増資および合弁会社化について、契約を締結した。取得価額は、209百万円。議決権所有割合は、48.7%となる。株式会社ツナグHCサポートは、日総工産に対し、第三者割当増資の方法により普通株式の発行を行い、日総工産がそれを引き受ける。本件に伴い