コラム

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

十六フィナンシャルグループ(十六FG)と日本M&Aセンターホールディングス(日本M&AセンターHD)による合弁会社で経営承継支援を担う「NOBUNAGAサクセション」が2023年7月3日に事業を開始しました。地域金融機関とM&A仲介会社が経営承継支援に関する合弁事業は日本初の試みで、岐阜県と愛知県を中心とした企業の経営承継を支援していきます。

会社ロゴ

織田信長と”承継”を冠にした社名

社名は岐阜ゆかりの天下人織田信長と、英語で承継を意味する「サクセション」に由来しています。東海地方を代表する経営承継支援会社として、経営者の想いと会社の未来をつないでいくメッセージが込められています。新会社の出資金は2億円で、十六FGが60%、日本M&AセンターHDが40%をそれぞれ出資。初代社長には十六FG執行役員の福井基泰氏が就任しました。新会社は13人体制でスタートし、5年後には10億円の売上を目指し、年間50件の事業承継を支援することを目指しています。

開業記念式典
(左から)NOBUNAGAサクセションの福井基泰社長、十六FGの池田直樹社長、日本M&AセンターHDの三宅卓社長

出陣式をモチーフにした開業記念式典

オフィスを構える岐阜市の十六ビルで開催した開業記念式典には、十六FGの池田直樹代表取締役社長と日本M&AセンターHDの三宅卓代表取締役社長らも出席。社名にちなみ会社の事業開始日を「出陣式」風に演出し、陣羽織をまとった3社トップがテープカットで祝いました。式典には地元メディアを中心に12社20人以上の報道関係者が訪れ、注目度の高さを感じさせました。新会社の福井基泰代表取締役社長は「企業の減少が地方であればあるほど減り方のスピードが早まっている。多くの企業の存続に役立てるように精いっぱい力を合わせて頑張っていきたい」とあいさつしました。十六FGの池田直樹代表取締役社長も「NOBUNAGAサクセションに相談して事業を引き継いでもらった方を、1社でも1人でも多く増やしていきたい」と合弁会社の意義を語りました。

囲み取材
囲み取材に応える福井基泰社長(右)

東海エリアでも顕在化する後継者不在

少子高齢化などの影響で後継者不在が社会課題となり、黒字ながら廃業する企業も多く存在しています。帝国データバンクの全国企業「休廃業・解散」動向調査(2022年)によると、2022年は5万3,426件の休廃業があり、うち54・3%が「黒字」休廃業とのデータが公表されています。2022年には岐阜県では845件、愛知県では3,013件の休廃業・解散がありました。新会社では十六銀行を傘下に持つ十六FGの東海地方のネットワーク力と日本一のM&A仲介実績を持つ日本M&AセンターHDのノウハウを強みに、一社でも多くの企業の経営承継を支援していきます。

NOBUNAGAサクセションが目指すもの

地域経済の発展と成長に貢献
後継者不在や経営者の高齢化がすすむ企業の、「一社でも多くの企業の存続を支援する」ことにより、地域経済に貢献します。

企業オーナーに本気で寄り添う
企業オーナーの相談相手として、やさしく時にきびしく、熱意を胸に、本気で寄り添い、安心感と満足感につなげます。

信頼できるM&Aクオリティー
地域課題に本気で向きあい、企業オーナーやステークホルダー、地域社会にとっても最適となるようなご提案により、信頼感のあるM&A品質を目指します。

NOBUNAGAサクセションホームページ

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「合弁企業の設立・M&A・事業承継」に関連するコラム

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

中小企業がM&Aを行う背景や目的とは?手法や成功のポイントをわかりやすく解説

M&A全般
中小企業がM&Aを行う背景や目的とは?手法や成功のポイントをわかりやすく解説

急速に高齢化が進み、2025年問題が目前に迫る中、中小企業によるM&Aの件数は増加傾向にあります。本記事では、中小企業のM&Aの現状とその目的、用いられる手法、中小企業のM&Aを成功に導くポイントについて紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントま

「にいがた経営相談窓口」を開設!新潟の事業承継に対する日本M&Aセンターの想いとは

事業承継
「にいがた経営相談窓口」を開設!新潟の事業承継に対する日本M&Aセンターの想いとは

2023年4月1日、日本M&Aセンターは、新潟県や近隣エリアの経営者の方々、ご関係者に向けて「にいがた経営相談窓口」を開設します。本プロジェクトの中心メンバーである二人に、プロジェクトの背景、込められた想いについて聞きました。@cv_button-->「にいがた経営相談窓口」全国を見据えて、まずは新潟からスタート―今回立ち上がったプロジェクトの背景について教えてください。田村:日本M&Aセンターは

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務
M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

広報室だより
【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

日本M&Aセンターは、2022年11月に40代以上の中小企業経営者400名を対象に、各社の経営状況や事業承継、M&Aに関する意識調査を実施しました。◆調査結果サマリー調査の結果、後継者候補が決まっていない企業は87.5%と8割を超えていますが、「事業承継を重視している」企業はわずか12.5%、「後継者不在を課題と感じている」企業も13.5%にとどまりました。多くの中小企業が後継者不在にもかかわらず

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

「合弁企業の設立・M&A・事業承継」に関連するM&Aニュース

デジタルプラス、合弁会社の設立及びアーネラから合弁会社に事業承継へ

株式会社デジタルプラス(3691)は、株式会社アーネラ(東京都渋谷区)との共同出資により合弁会社(連結子会社)を設立し、当該合弁会社にアーネラが運営する事業を承継させる合弁会社設立契約の締結を決定した。【承継事業内容】・電話占い事業「マヒナ」デジタルプラスは、債務・クレジットカードに関するWebメディアの運営や、デジタルギフトサービスの提供を行っている。アーネラは、電話占い事業「マヒナ」の運営等を

日本郵政、主要子会社の不動産管理等に関する業務を日本郵政建築に承継へ

日本郵政株式会社(6178)は、2024年2月26日開催の取締役会において、2024年7月1日を効力発生日(予定)として、会社分割の方法により、子会社である日本郵便株式会社、株式会社ゆうちょ銀行及び株式会社かんぽ生命保険(以下、合わせて「主要子会社」)等に対して行う不動産の管理等に関する業務を、2024年4月1日に設立予定の100%子会社(以下「当該子会社」)へ承継させることを決定した。【子会社の

鳥貴族ホールディングス、台湾における合弁会社設立を発表 香港にも出店へ

株式会社鳥貴族ホールディングス(3193)は、2024年2月23日開催の取締役会において、大成長城企業股份有限公司(台湾)のグループ会社である都城實業股份有限公司(台湾、以下「都城實業」)との間で合弁契約を締結し、台湾に合弁会社を設立することを決議した。なお、当該合弁会社は同社の持分法適用関連会社となる予定。【合弁会社設立の目的】鳥貴族ホールディングスグループは、国内での成長のみならず積極的な海外

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース