コラム

「経営者」に関連する記事一覧

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

アーリーリタイアとは?メリット・デメリット、必要な資金の目安を解説

経営・ビジネス

日本経済の低迷や働き方改革の推進によって、多様な価値観が生まれつつある中、新たなライフスタイルの1つとしてアーリーリタイアが注目されています。本記事ではアーリーリタイアの概要、メリット・デメリットや必要な資金についてご紹介します。アーリーリタイアとはアーリーリタイアとは、定年を迎える前に早期退職・引退(リタイア)することを指します。「earlyretirement(早期退職)」に由来する和製英語で

アーリーリタイアとは?メリット・デメリット、必要な資金の目安を解説

CEOとは?社長やCOOとの違い、役割をわかりやすく解説

経営・ビジネス

企業のトップは代表取締役のほか、CEO、COOなどの役職を持つ場合があります。本記事では、CEOの概要、役割、代表取締役や社長、名称が類似する役職との違いや選定について紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらCEOとはCEOは「ChiefExecutiveOf

CEOとは?社長やCOOとの違い、役割をわかりやすく解説

代表取締役とは?社長、CEOとの違い、権限、選定方法を解説

経営・ビジネス

代表取締役は会社法で定義された役職です。本記事では、代表取締役の概要、社長やCEOとの違い、選定方法などについて、わかりやすく解説します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・経営戦略のお問合せはこちら代表取締役とは代表取締役とは、株式会社を代表する権限を持つ取締役を指します(

代表取締役とは?社長、CEOとの違い、権限、選定方法を解説

オーナー企業とは?同族企業との違いやメリット・課題をわかりやすく解説

経営・ビジネス

日本の中小企業の約7割を、オーナー企業が占めると言われてます。本記事ではオーナー企業の概要、メリットや課題、安定した経営を続けていくためのポイントなどについて解説します。オーナー企業とはオーナー企業とは、一人または少数の個人が大部分、あるいは全ての株式の所有者(オーナー)であり経営の実権を握っている企業を指します。一般的に株式会社では、会社に対して資金を提供した出資者が株主(オーナー)となり、株主

オーナー企業とは?同族企業との違いやメリット・課題をわかりやすく解説

共同経営のメリットとは?トラブルを防ぐポイントなどわかりやすく解説

経営・ビジネス

企業経営において、複数の経営者によって共同経営が行われるケースがあります。本記事では、共同経営のメリットや注意点を整理した上で、円滑に進めるために注意すべきポイントについて解説します。共同経営とは?共同経営とは、複数の経営者や企業が、資金・労力・経営責任を共有し、共同で事業を運営することを指します。原則として共同経営者の各人が利益や損失を分け合い、経営上の意思決定や業務の負担を共同で行います。ただ

共同経営のメリットとは?トラブルを防ぐポイントなどわかりやすく解説

社長引退後の第二の人生。実際どんなことをしている?

広報室だより

オーナー経営者にとって、M&Aは数十年かけて育ててきた会社を第三者に託す一生に一度の大きな決断です。しかし、中堅・中小企業のM&Aは世の中に公表されないことが多く、その実態はベールに包まれています。M&A後、自分自身がどうなるのかと不安を抱き、決断をためらう経営者も少なくないのが現状です。日本M&Aセンターホールディングスのグループ会社「ネクストナビ」は、M&Aを実行したオーナー経営者の、事業承継

社長引退後の第二の人生。実際どんなことをしている?

サーチファンドという新しいキャリアパス

広報室だより

起業、出世に次ぐ新しい経営者へのキャリアパスが今、注目されています。経営者志望の人材(サーチャー)が投資家の支援を受けて、M&Aを実行して中小企業の経営者となる仕組み(サーチファンド)が広がりつつあります。経営者人材の育成と中小企業の後継者問題が日本の社会課題となる中、経営志望者と企業をつなぐサーチファンド型M&Aが日本で黎明期を迎えています。サーチファンド・ジャパンの2件目の成約事例で新しく経営

サーチファンドという新しいキャリアパス

企業生存率とは?企業の存続に立ちふさがる壁や、生存率を高める方法を解説

経営・ビジネス

会社を存続させていくためには、様々な壁を乗り越える必要があります。本記事では、企業生存率の定義と実態、会社が存続の危機に立たされる主な理由、会社の生存率を高める方法について詳しく解説します。廃業を決断する前に、会社を存続させる方法について話を聞いてみませんか?様々な事業承継をご支援してきたコンサルタントがご相談を承ります。ご相談は無料、秘密厳守で対応します。無料相談はこちら企業生存率とは企業生存率

企業生存率とは?企業の存続に立ちふさがる壁や、生存率を高める方法を解説

2022年のM&A件数は過去最多更新するも、23年は景気後退の影響を受ける可能性も

M&A全般

アフターコロナによる経済活動の本格的な再開により、日本企業のM&A件数が過去最高を更新しました。レコフM&Aデータベースによると、2022年の日本企業が関連したM&A件数は、21年の4,280件を24件上回る4,304件となり、2年連続で過去最多を更新しました。一方でM&Aの取引額は11兆4,530億円と21年の16兆7,270億円から31.5%減少しました。これは、大幅損失で今後の舵取りが注目さ

2022年のM&A件数は過去最多更新するも、23年は景気後退の影響を受ける可能性も

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般

M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとって、とても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回は我々の「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金とは日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは、譲渡企業

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

後継者難倒産が急増、2022年上半期は過去最多224件

調査データ

後継者不在による倒産が深刻化しています。東京商工リサーチが7月14日に公表した「後継者難倒産」の状況調査で、2022年上半期(1-6月)の「後継者難倒産」が224件に上りました。上半期ペースで初めて200件を超えて過去最多を記録しました。上半期の倒産全体(3,060件)に占める割合も、7.3%と増加しており、経営者の高齢化に伴う後継者不在という社会課題が顕在化しています。後継者難倒産とは、代表者の

後継者難倒産が急増、2022年上半期は過去最多224件

ショート動画でM&Aと食品業界をクローズアップ

広報室だより

トレンドを反映した動画コンテンツでM&Aをより身近に―。日本M&Aセンター業種特化事業部の食品業界専門グループがショートムービーで、M&Aと食品業界の動向を解説する動画コンテンツ「食品業界M&A」をスタートさせました。約3分間のコンテンツをYouTubeの「経営者チャンネル」から毎週配信していきます。M&Aにおける「お相手選び」のポイントや期待できる効果といった基本的な内容から、食品業界でも盛んな

ショート動画でM&Aと食品業界をクローズアップ

サーチファンド・ジャパンが経営者候補の募集説明会を開催

広報室だより

黎明期を迎えた日本のサーチファンドに新しい人財を求む―。サーチファンド・ジャパンはM&Aを活用して経営者を目指すサーチャー(経営者候補)の募集に向けた説明会を2022年7月26日、日本M&Aセンター東京本社で開催しました。平日夜にも関わらず経営者志望の数十人が出席し、サーチファンドの仕組みやサーチファンド・ジャパンの特徴について耳を傾けました。当日はマスコミの撮影もあり、広がりつつあるサーチファン

サーチファンド・ジャパンが経営者候補の募集説明会を開催

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

M&A実務

日本M&Aセンターでは、毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフであるYouTube動画の内容をお届けします。トップ面談は準備が8割壷井:今回は当社の中でもM&A業界での経験が豊富な小森さんと、「トップ面談」をテーマにお送りします。

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)