コラム

「M&A実務」カテゴリの記事一覧

レーマン方式とは?M&Aにおける成功報酬の計算方法、種類を解説

M&A実務

M&A仲介会社などに支払う成功報酬は、多くの場合「レーマン方式」という計算方法によって算出されます。本記事ではレーマン方式の概要や具体的な計算方法、メリット、注意点などについて解説します。日本M&AセンターではM&Aに精通した弁護士・公認会計士・税理士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。成功報酬など、詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&A

レーマン方式とは?M&Aにおける成功報酬の計算方法、種類を解説

M&Aにおける表明保証とは?

M&A実務

表明保証という言葉は、法律を勉強されたことがある人でも、聞きなれない言葉ではないでしょうか。表明保証は英米法において発展した概念であり、日本の法律には規定されていないことがその一因とも言えます。本記事は、M&Aにおける表明保証について概要をご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した弁護士・公認会計士・税理士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサ

M&Aにおける表明保証とは?

「負ののれん」とは?発生する原因や会計・税務上の処理を解説

M&A実務

「負ののれん」とは、買収価格が対象企業の純資産額より低い金額で成立した場合の差額を指します。「負ののれん」が発生する主な原因には、簿外債務や訴訟リスク、その他事業リスク等が挙げられます。本記事では「負ののれん」が企業に与える影響や、適切な対処方法について解説します。「負ののれん」とは?M&Aにおいて算出する買収対象企業の価値は、企業が保有する有形資産(土地、建物、機械等)だけでなく、無形資産(ブラ

「負ののれん」とは?発生する原因や会計・税務上の処理を解説

のれん償却とは?メリットやデメリット、仕訳方法などをわかりやすく解説

M&A実務

会社の財政状態及び経営成績を理解する上で、企業価値を左右する「のれん償却」は見過ごせない要素です。本記事では、のれん償却の概要や、メリット・デメリットなど詳しく解説します。のれん償却とはのれん償却とは、会計処理の一つで、主に企業の買収や合併などで発生する「のれん」の価値を、一定期間にわたり規則的に償却することを指します。具体的には無形固定資産に計上した「のれん」の一部を、一定の期間ごとに「のれん償

のれん償却とは?メリットやデメリット、仕訳方法などをわかりやすく解説

減価償却とは?計算や仕組み、M&Aへの影響などわかりやすく解説

M&A実務

建物や機械、設備などの資産のうち、時間の経過とともに価値が減少していくものについて減価償却という会計処理を行います。本記事では減価償却の概要、M&Aにおける影響など、専門家がわかりやすく解説していきます。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら減価

減価償却とは?計算や仕組み、M&Aへの影響などわかりやすく解説

IM(企業概要書)とは?M&Aでの重要性、記載内容など解説

M&A実務

IM(企業概要書)は譲受け企業が譲渡企業を評価し、M&Aの検討を進めるか判断する重要な書類の1つです。本記事では、IM(企業概要書)の概要、記載する内容や作成時の注意点などについて解説します。IM(企業概要書)とはIM(企業概要書)はInformationMemorundomの略であり、譲渡企業の詳細情報が記載された資料を指します。IM(企業概要書)の作成は譲渡企業を支援するM&A仲介会社やFAな

IM(企業概要書)とは?M&Aでの重要性、記載内容など解説

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

ノンネームシートとは?企業概要書との違い、取扱いにあたっての注意点を詳しく解説

M&A実務

ノンネームシートは、M&A交渉の際に用いられる資料です。M&A仲介会社が、譲受企業(買い手)に譲渡企業(売り手)を紹介するために作成します。本記事では、ノンネームシートの概要、記載される主な項目、ノンネームシートを取り扱う際の注意点などについて解説します。ノンネームシートとは?ノンネームシートとは、譲受企業(買い手)が候補企業を選定する際に活用する、譲渡企業(売り手)に関する概要資料です。秘密保持

ノンネームシートとは?企業概要書との違い、取扱いにあたっての注意点を詳しく解説

事業譲渡契約書とは?作成する目的や記載事項、注意点を詳しく解説

M&A実務

M&Aの手法には、株式譲渡で会社全体の経営権を譲渡する方法のほか、ある特定の事業部門を切り出して売却する事業譲渡というスキームがあります。譲渡側(売り手)としては、会社の事業がいくつかあり「一部の事業を切り離して、選択と集中を図りたい」、「一部の事業を売却して、新規事業への資金を捻出したい」場合等に、譲受側(買い手)としては「欲しい事業だけ譲り受けたい」、「債務は承継せずに事業承継するメリットを享

事業譲渡契約書とは?作成する目的や記載事項、注意点を詳しく解説

M&Aの従業員開示をスムーズに 社長の想いを効果的に伝える方法

M&A実務

譲渡を決断したオーナー経営者がM&A後真っ先に取り組む仕事のひとつが、従業員にM&Aしたことを報告する「従業員開示(ディスクローズ)」です。このやり方ひとつで、従業員の受け止め方は180度変わってしまいます。発表のタイミングや表現、社長と想いを同じにするキーパーソンへの事前の根回しなど、細心の注意を払って進めることが重要です。M&Aの成功は、従業員への開示がうまくいくかどうかにかかっていると言って

M&Aの従業員開示をスムーズに 社長の想いを効果的に伝える方法

チェンジオブコントロール(COC)条項とは?記載例やメリット・デメリットを解説

M&A実務

チェンジオブコントロール条項(以下、COC条項)は、M&Aの場面で特に買い手側企業が把握しておきたい条項です。本記事ではCOC条項が設定されるケースやCOC条項のメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこ

チェンジオブコントロール(COC)条項とは?記載例やメリット・デメリットを解説

アーンアウトとは?M&Aで活用するメリット・デメリットや会計処理について解説

M&A実務

アーンアウト(EarnOut)とは、M&Aにおける対価の調整方法のひとつです。本記事では、アーンアウト条項の内容や利用するメリット・デメリット、アーンアウト条項を実行する場合の注意点、などについて詳しく解説します。アーンアウトは、海外クロスボーダー型M&Aにおいてよく見受けられる方法です。日本M&Aセンターは、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In

アーンアウトとは?M&Aで活用するメリット・デメリットや会計処理について解説

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。@sitelinkトップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土産の話、好きですよねー(笑)壷井:いや、でも手土産の

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)

M&A実務

日本M&Aセンターでは、毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフであるYouTube動画の内容をお届けします。トップ面談は準備が8割壷井:今回は当社の中でもM&A業界での経験が豊富な小森さんと、「トップ面談」をテーマにお送りします。

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(前篇)