コラム

「食品業界」に関連する記事一覧

M&Aでノウハウを獲得し、急成長したスーパーマーケットを解説

業界別M&A

こんにちは。株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの豊田匡です。今回は、「自社にないノウハウを獲得し、付加価値を高めたスーパーマーケットのM&A戦略」というテーマでお伝えします。@cv_buttonスーパーマーケットが今後採るべきM&A戦略とは2024年4月1日から「2024年問題」と、5年前から取り上げられてきた時間外労働の上限規制が、「運送業・建設業・医師」にも適用がスタートしました。

M&Aでノウハウを獲得し、急成長したスーパーマーケットを解説

水産業界を取り巻くM&Aについて

業界別M&A

当コラムは、日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが執筆しており、食品業界の最新情報を提供しています。今回は、水産業界におけるM&Aに焦点を当て、「水産業界を取り巻くM&A」というテーマで解説します。@cv_button日本の水産業界事情について:様々な要素から変化する水産業界この章では、日本の水産業界の現状について説明します。農林水産省の公表データや過去の傾向、将来予測を元に、日本の

水産業界を取り巻くM&Aについて

過去最多の倒産件数、競争激しいラーメン業界のM&Aを徹底解説

業界別M&A

こんにちは。(株)日本М&Aセンター食品業界支援グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回はラーメン店のM&Aの歴史とその後について解説します。@cv_buttonラーメン業界の市況過酷な競争の中、倒産件数の増加『2023年、ラーメン店の倒産件数は過去最多を大幅に更新しました』という記事を目にした方も多いのではないでしょう

過去最多の倒産件数、競争激しいラーメン業界のM&Aを徹底解説

物流業界2024年問題と食品業界

業界別M&A

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は水上が「物流業界2024年問題と食品業界」についてお伝えします。@cv_button物流業界の2024年問題とは?2024年問題とは、働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する問題のことです。トラックドライバ

物流業界2024年問題と食品業界

2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向

業界別M&A

日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は高橋が「2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向」についてお伝えします。「外食・飲食業界M&ADATABOOK2024」について「外食・飲食業界M&ADATABOOK2024」は、食品業界専門グループが作成した、当社で“初”の外食・飲食業界に特化したМ&A事例を分析した資料となります。近年

2024年版外食・飲食業界M&Aデータブック解説と最新動向

中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT

業界別M&A

当コラムは日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は白鳥が「中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT」についてお伝えします。私がこれまで外食の経営者様にお伝えしてきた3つのケースを、読者(あなた)を49歳の外食企業の社長と仮定して、私がM&Aコンサルタントとしてお伝えしていきます。気軽にお読みいただけますと幸いです。@c

中堅外食企業が考えるべき3つの出口戦略|外食会社の譲渡売却・EXIT

2024年世界情勢の変化が食品業界M&Aに与える影響

業界別M&A

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は江藤が「2024年の世界情勢が食品業界M&Aに与える影響に」についてお伝えします。@cv_button2024年は世界の情勢が大きく変わる年2024年は、1月に実施された台湾の総統、立法委員(国会議員)選挙に始まり、3月にはロシア大統領選挙、7月には東京都知事選、9月には岸田総理の自民党総裁任期満

2024年世界情勢の変化が食品業界M&Aに与える影響

食品業界の異業種M&A|異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現

業界別M&A

株式会社日本M&Aセンター食品業界専門グループの勝又俊です。当コラムは日本M&Aセンター食品業界専門グループのメンバーが業界最新情報を執筆しております。今回は勝又が「食品業界の”異業種”M&A」というテーマでお伝えします。@cv_button異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現異業種M&Aとは本コラムのテーマである「異業種M&A」とは、言葉の通り、異業種同士による資本提携を指します。これは

食品業界の異業種M&A|異業種M&Aにより「企業の存続と発展」を実現

2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望

業界別M&A

日本М&Aセンター食品業界支援グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は「2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望」について解説します。@cv_button2023年の外食業界振り返り「コロナ禍で日本人の食習慣が変わった」と言われるように、外食大手から中堅企業まで軒並み影響を受けた近年の日本の外食産業。インバウン

2023年の外食業界の振り返りと2024年の展望

【2024年】スーパーマーケット業界の課題解決に向けたM&A戦略

業界別M&A

株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの下平健正です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は下平が「【2024年】スーパーマーケット業界の課題解決に向けたM&A戦略」というテーマでお伝えします。@cv_buttonスーパーマーケット業界が抱える様々な課題先日、2023年の日本のGDPがドイツに抜かれ世界4位に転落する見通しにな

【2024年】スーパーマーケット業界の課題解決に向けたM&A戦略

2023年食品業界の振り返りと今後の展望

業界別M&A

当コラムは日本M&Aセンター食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は高橋が「2023年食品業界の振り返りと今後の展望」についてお伝えします。@cv_button食品業界のコストアップと2024年問題の影響近年の食品業界は、ウクライナ情勢を皮切りに2022年~2023年はあらゆるものが高騰、かつ円安が追い打ちをかけたことで、過去に類を見ない勢いで運営コストが増加したか

2023年食品業界の振り返りと今後の展望

食品業界シンガポールM&Aのススメ

業界別M&A

日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は白鳥が「食品業界におけるシンガポールM&Aの状況と今後について」お伝えします。@cv_buttonシンガポールという国の基本情報今回取り上げるシンガポールという国についてですが、M&Aに携わるものにとっては必ず押さえておくべき国でありますし、日本国の企業が進出すべきメリットが沢山あります。そこで、今回は当社

食品業界シンガポールM&Aのススメ

増加する老舗外食・食品企業のM&A

業界別M&A

日本М&Aセンター食品業界支援グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は老舗外食・食品企業のM&Aを解説します。@cv_button老舗食品企業の2023年M&A公表事例と傾向2023年度の食品業界のM&Aにおいて業界全体の約4割が創業50年以上の企業です。背景として、長年日本の食卓を支えている醤油や海苔、味噌といった日

増加する老舗外食・食品企業のM&A

食品ECのM&A事例とトレンド

業界別M&A

株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの勝又俊です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は勝又が「食品EC事業のM&A事例とトレンド」というテーマでお伝えします。@cv_button食品EC事業の定義まず初めにEC業界の「EC(electroniccommerce)」の定義についてご説明いたします。ECとは日本語で直訳をすると

食品ECのM&A事例とトレンド

訪日外国人観光客の増加が食品関連企業に与える影響とは?インバウンド需要回復と経営環境

業界別M&A

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は江藤が「訪日外国人観光客の増加が食品関連企業に与える影響」についてお伝えします。@cv_button訪日外国人観光客の現在の状況日本政府観光局の推計によると、2023年9月の訪日外国人観光客数は218万人(前年同月比+957%)と、8月に続き200万人を超えました。また、この数字はコロナ直前期に当

訪日外国人観光客の増加が食品関連企業に与える影響とは?インバウンド需要回復と経営環境

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース