コラム

M&Aコラム

SWOT分析とは?実施するメリットや手順、適したフレームワークを紹介

経営・ビジネス

市場での厳しい競争に生き残るためには、自社に最適な戦略を探し、それを実行に移すことが大切です。そして、自社に最適な戦略を立てるには、市場におけるポジションや強みと弱みを正確に把握し、どの方向へ進むのがよいかを考えなければなりません。こうした経営戦略の立案に欠かせないのがSWOT分析です。SWOT分析は経営戦略の立案だけでなく、たとえばM&Aにおいて、自社の弱みを把握したうえで本質的な買収ニーズをあ

SWOT分析とは?実施するメリットや手順、適したフレームワークを紹介

EPS(1株当たり純利益)とは?PERとの関係、計算式を詳しく解説

企業評価

企業価値を判断する指標として、PERと並びさまざまな現場で用いられているが「EPS」です。本記事では、このEPSに焦点を当て、EPSの基本的な内容と計算方法、具体的な活用方法、その注意点などについて解説します。EPSとは?EPSとはEarningsPerShareの略語で、日本語では「1株当たりの純利益」と訳されます。EPSは、投資家が投資判断を行う場面だけでなく、将来の株価の予測やM&Aにおける

EPS(1株当たり純利益)とは?PERとの関係、計算式を詳しく解説

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

経営・ビジネス

M&Aをはじめ、株式投資やベンチャー企業などへの出資を行う現場では、対象となる企業の企業価値を評価する過程で指標が用いられています。これらの指標の中でも、とりわけ多くの現場で用いられている指標の1つが今回解説するPERです。PERは、M&Aの買い手企業が売り手企業のスクリーニングを行う場合や、機関投資家が投資対象の絞り込みを行う場合などに頻繁に用いられています。本記事では、このPERについて、基本

PER(株価収益率)とは?数値の見方や計算方法を解説

非上場企業も活用できる自社株買いとは?メリット・注意点をわかりやすく解説

M&A全般

自社株買いは上場企業だけでなく、中小企業でも行われるケースが増えてきました。自社株買いにはどのようなメリットやデメリットがあるのか、詳しく答えられる人は多くはないかもしれません。株価の調整や株主還元などの意味合いもありますが、特に事業継承やM&Aを検討する上で、自社株買いの知識は必要になりますので、ぜひ参考にしてください。自社株買いとは?自社株買いとは、その名が表すとおり、企業が自社の株式を自らの

非上場企業も活用できる自社株買いとは?メリット・注意点をわかりやすく解説

アーリーリタイアにはいくら必要? 失敗しないために押さえておきたいポイント

経営・ビジネス

近年、早期退職者を募集する企業が増え、個人のブログでも成功体験が語られるなど「アーリーリタイア」という言葉を耳にする機会が多くなりました。本記事では、新しいライフスタイルの選択肢として注目されるアーリーリタイアについて、セミリタイアや、FIRE(ファイア)との違いにふれながら解説します。アーリーリタイアとは「アーリーリタイア」とは、定年を待たずに早期退職・引退(リタイア)することを指します。この言

アーリーリタイアにはいくら必要? 失敗しないために押さえておきたいポイント

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

広報室だより

2022年1月13日放送のNHKラジオ「Nらじ」に、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が出演しました。特集コーナー「中小企業の後継者不足その価値を引き継ぐためには」をテーマに、中小企業のM&Aによる事業承継を解説しました。聞き逃し配信はこちら収録機器がずらりと並ぶNHK放送センター13階のスタジオで行われた生放送では、キャスターの眞下貴アナウンサーや出石直解説委員との掛け合いでコーナーが進み

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

事業承継

鹿児島県のテレビ局KKB鹿児島放送は2021年12月23日、地元の経営者向けに事業承継とM&Aを解説するセミナー「事業承継・M&Aセミナー鹿児島企業の10年先の経営を考える」を開催しました。県内で高まる後継者不在率と休廃業数に対する解決策の一つである事業承継型M&Aをテーマにしたセミナーには約百人が参加しました。セミナーに先立って「ニッポンには、跡継ぎが足りない」と題した特別番組も放送され、M&A

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

キリンホールディングスの事例から読み解く!M&Aポイント解説

2021年の新規上場企業数過去最多!注目の東証TOKYO PRO Marketの今

広報室だより

東京証券取引所の新市場として注目が高まる「TOKYOPROMarket」(以下、TPM)。2021年は新規上場が過去最多を記録し、2022年もその勢いは止まりません。日本M&Aセンターでは2019年7月に上場支援業務(J-Adviser業務)を新サービスとして立ち上げ、上場を通じた地域のスター企業の輩出をサポートしています。「選ばれる強い会社を創り、地方から世界へニッポンを発信する」をビジョンに掲

2021年の新規上場企業数過去最多!注目の東証TOKYO PRO Marketの今

SPAC(特別買収目的会社)が注目されているワケとは?上場の仕組みや事例を解説

海外M&A

「SPAC」はアメリカで経営者や投資家など市場の注目を集めている上場手法です。SPACのプロセスや一般的なIPOとの違い、メリットやデメリット、ルールなどの概要を解説し、本家米国での上場成功例をご紹介します。また、今後、日本でのSPACの解禁はあるのか、日本版SPACを考えるときに解決すべき課題についても解説します。そもそもSPACとは?SPACは自社事業を持たないペーパーカンパニーとして設立し、

SPAC(特別買収目的会社)が注目されているワケとは?上場の仕組みや事例を解説

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

インサイダー取引とは?規制対象と罰則、注意しておきたいポイント

経営・ビジネス

インサイダー取引は法律で禁止されています。特に資本提携や合併などを検討している企業経営者、担当者は正しく認識し注意を払わなければなりません。本記事では、インサイダー取引に該当する事項・罰則、未然に防ぐための対策などについて解説します。インサイダー取引とはまずはインサイダーとはどういう意味なのかを把握しておきましょう。インサイダーは、組織の内部にいる人、事情に精通している人などを意味します。インサイ

インサイダー取引とは?規制対象と罰則、注意しておきたいポイント

ESG経営とは?企業価値を高める重要性と戦略を簡単に解説

経営・ビジネス

SDGsの実現に向けた動きが世界的に注目を集めている現在、企業の経営活動についても、サステナビリティを重視する傾向が高まっています。そこで本記事では、サステナビリティを重視するESG経営の概要や、そのメリット・デメリットを紹介すると共に、ESG経営を通して企業価値を高めるためのポイントを解説します。ESGとはESGとは、「Environment(環境)」、「Social(社会)」、「Governa

ESG経営とは?企業価値を高める重要性と戦略を簡単に解説

後継者不在率は60%前後で推移 TDB・TSR動向調査

広報室だより

中小企業の後継者不在が社会問題となっています。大手信用調査会社の帝国データバンク(全国企業「後継者不在率」動向調査)と東京商工リサーチ(2021年「後継者不在率」調査)のデータによると、企業の経営者不在率が6割程度で推移していることが分かりました。それぞれ企業数など調査方法が異なることから単純比較はできませんが、帝国データバンクの調査では61・5%、東京商工リサーチの調査では58・6%の割合で後継

後継者不在率は60%前後で推移 TDB・TSR動向調査

2年連続で廃業件数が減少 21年は5万3,000件前後 帝国データバンク動向調査

広報室だより

全国の休廃業・解散企業(廃業)が2年連続で減少したことが帝国データバンクの全国企業「休廃業・解散」動向調査(2021見通し・速報)で判明しました。廃業件数はおよそ5万3,000件台で、2020年から3,000件程度減少しましたが、倒産件数の約9倍と依然として高水準で推移しています。事業利益で借入金を返済できない「破たん懸念企業」も全国30万社に上ると推計されていることから経営環境が好転しているとは

2年連続で廃業件数が減少 21年は5万3,000件前後 帝国データバンク動向調査

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース