コラム

M&Aコラム

経営統合とは?合併との違いやメリット・注意点について徹底解説!

M&A全般

企業の経営統合とM&Aの手法の1つである合併は、どのように違いがあるのでしょうか。本記事では経営統合の概要とメリット・デメリットに加えて、合併のほか資本提携・業務提携などとの違いも詳しく解説します。経営統合とは経営統合とは、複数の企業が親会社となる持株会社を新規に設立して、出資した会社は子会社として持株会社の傘下に入ることを指します。持株会社は子会社の株式を保有してグループ会社の管理を実施します。

経営統合とは?合併との違いやメリット・注意点について徹底解説!

地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

広報室だより

宮城県仙台市のテレビ局「東日本放送(khb5)」は6月28日(火)、「宮城県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。カンファレンスは東日本大震災からの復興や新型コロナウイルス対策に向き合う宮城県内の企業経営者に向けた「M&A」や「DX推進」、「生産性向上」など次世代の経営に求められる新たなソリューションを提供する目的で企画されました。宮城県内のテレビ局と各分野で経営支援を担うリ

地域との繋がりによる魅力発信と事業創出 みやぎプロモーション室

「地元を愛す。」をスローガンに地域課題に向き合う愛媛朝日テレビの本気度

広報室だより

愛媛朝日テレビは円滑な事業承継や企業のデジタル化を推進する事業承継セミナー「愛媛県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」(後援:愛媛県、公益社団法人えひめ産業振興財団)を2022年7月6日(水)、愛媛県松山市のANAクラウンプラザホテル松山で初開催します。セールスフォース・ジャパンとアマゾンジャパン、日本M&Aセンター、バトンズ4社も協賛しています。セミナーでは事例を交えながら事業承継の取

「地元を愛す。」をスローガンに地域課題に向き合う愛媛朝日テレビの本気度

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

M&A全般

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートした動画の内容をお届けします。動画本編はこちらから商社の介在価値とは壷井:今回のテーマは「商社企業のM&A事情」。商社出身の当社営業、井東さんをゲストに迎え

商社のM&A事情について、元商社マンが語る!成功する買い手企業の共通点とは?

【書籍発売】M&Aを通じて全国の物流をつなぐ!年間400社と面談する著者が今伝えたいこと

広報室だより

日本M&Aセンター業種特化事業部物流業界専門グループ山本夢人・宮川智安は、物流業界にフォーカスした書籍『TheStory[物流業界編]業界を勝ち抜くために知っておきたい秘密業界動向・業界再編・M&A』を、2022年6月22日に発売しました。本著は、物流業界専門のM&Aコンサルタントとしての実績を有する2人だからこそまとめることのできた一冊。物流業界の動向や業界再編の現状、M&Aで押さえておきたい業

【書籍発売】M&Aを通じて全国の物流をつなぐ!年間400社と面談する著者が今伝えたいこと

東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

広報室だより

中堅・中小企業のM&A支援実績NO.1の日本M&Aセンターは、東京証券取引所が運営する「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」上場を検討する企業様向けの新サービス「GO↗PUBLIC」を始めました。GOPUBLICとはレビューシートを基に上場を目指す企業様の上場可能性を診断するサービスで、現状の会社の状況をスコアリングした上で、TOKYOPROMarket上場までに改善が必要な準備項

東京プロマーケット上場への第一歩、新サービス「GO↗ PUBLIC」をスタート

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

2025年問題とは?迫りくる諸問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

譲渡オーナーの財産管理や人生設計をサポートする事業承継ナビゲーター

その他

M&A後のネクストステージを充実させるために日本M&Aセンターホールディングスでは、M&Aを成功に導くために成約後のアフターサポートを積極的に行っています。ひとつはPMI(PostMergerIntegration)と呼ばれるM&A後の統合プロセスを支援する株式会社日本PMIコンサルティング。HPはこちらもうひとつが、譲渡オーナーのネクストステージをサポートする株式会社事業承継ナビゲーターです。専

譲渡オーナーの財産管理や人生設計をサポートする事業承継ナビゲーター

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

M&A実務

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第4回となる今回はM&Aのその先に待ち構えるPMIについてです。M&Aが具体的検討フェーズに進んだら、はじめにPMIを考えよう!—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマは「PMI」です。「PMI」とは、「ポスト・マージャー・インテグレ

PMIを検討するポイントとは?買い手企業目線の留意点を解説

TOKYO PRO Market上場 経営管理インフラで頂点を目指すブリッジコンサルティンググループ

広報室だより

東京証券取引所が運営する株式市場「TOKYOPROMarket(東京プロマーケット)」に2022年5月、IPO支援に特化した経営支援プラットフォームなどを手掛けるブリッジコンサルティンググループ株式会社(本社・東京都港区/代表取締役・宮崎良一)が上場を果たし、上場を祝う恒例のセレモニーが東京証券取引所で開催されました。同社のJ-Adviserは日本M&Aセンターが担当し、東京プロマーケット上場に係

TOKYO PRO Market上場 経営管理インフラで頂点を目指すブリッジコンサルティンググループ

M&Aのソーシングとは?手順や方法、仲介会社に依頼する際のポイントを解説

M&A実務

M&Aを成功させる上で、最も大切な要素の一つがマッチングです。M&Aで交渉相手の選択を間違えてしまうと、その後どれだけ努力してもM&Aの成功は難しくなってしまいます。M&Aでは、マッチング相手を探して交渉するまでのプロセスをソーシングと言います。本記事では、M&Aの成否を握るソーシングについて、重要性や注意点・そして仲介会社に依頼する際に気を付けるべきポイントなどを解説します。M&Aにおける「ソー

M&Aのソーシングとは?手順や方法、仲介会社に依頼する際のポイントを解説

国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

広報室だより

九州と朝鮮半島の間に浮かぶ島、長崎県の対馬市。江戸時代の鎖国中には対馬藩として朝鮮半島との貿易特権を江戸幕府から付与されており、国内有数の繁栄地でにぎわいました。しかしながら、近年では、島民の人口減少や高齢化の進行とともに過疎化が進み、対馬の企業や事業者の後継者不在による事業承継問題が深刻化しています。対馬市議会議員の脇本啓喜氏は対馬の事業承継問題に危機感を抱き、2022年3月の定例市議会で島の事

国境の島 長崎県対馬におけるコロナ禍の課題と事業承継問題

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

M&A全般

日本M&Aセンターでは毎月買い手企業の方に向けて「どのように買収を進めていけばいいのか」「買収後どのように統合作業を行っていくのか」といったテーマで「買収の参観日」というセミナーを行っています。本記事では、そのセミナーのスピンオフとしてスタートしたYouTube動画の内容をお届けします。直近の「買収の参観日セミナー」の詳細はこちらから!ありそうでなかった⁉買い手企業向けの情報発信をスタート久力(く

買収には落とし穴がある?正しい知識でM&Aを進めよう

地域メディアの力で「魅力の宝庫」長崎県を地方創生 長崎文化放送

広報室だより

長崎県のテレビ局である長崎文化放送は6月16日(木)に開催される「長崎県内の経営者のための経営の打ち手カンファレンス」を主催します。このカンファレンスは、長崎県地域の中小企業経営者に向けて、「M&A」「DX推進」「生産性向上」などの新たなソリューションの情報を提供することで、地域経済を支える地元企業の成長を促進し、地方創生の促進を目指すものです。コロナ禍や円安、物価高騰など、地方の中堅・中小企業の

地域メディアの力で「魅力の宝庫」長崎県を地方創生 長崎文化放送

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース