コラム

M&Aコラム

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて持続的に発展することを支援するために2022年にNihonM&ACenterVietnamへ入社しました。当社へ入社する前

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A

人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠点の集積地として地位を維持しています(タイ:21社、マレーシア:11社、インド:5社)。リークアンユー首相の下で、少ない資

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

事業承継

創業者が立ち上げた事業を引き継ぎ、育てていく役割が求められる2代目社長には多くの悩みがあります。2代目社長が事業を時代に合わせ進化させ、さらなる成長を遂げるケースがある一方で、残念ながら経営に躓いてしまうケースも少なくありません。本記事では、創業者が2代目社長に事業を引き継ぐ際に注意すべきこと、成功につなげるポイントをご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

2代目社長への事業承継を成功させるポイントとは?

「全社員DX化計画」著者に聞く 会社設立に込めた思い

広報室だより

2024年2月に日本M&Aセンターグループ内に「株式会社日本DX人材センター」を設立した藤田舞さんが、全社員がDX推進を実現するようになるまでのプロセスを解説した書籍「全社員DX化計画」を執筆しました。藤田さんに執筆の裏話や会社設立への想いを聞きました。Salesforce活用推進をして気づいたこと2023年の9月ぐらいから約半年かけて執筆し、ようやく完成しました。こんなに長い文章を書く経験はほと

「全社員DX化計画」著者に聞く 会社設立に込めた思い

M&A支援機関登録制度とは?メリットや登録要件、流れを解説

M&A全般

中小企業のM&Aを支援するM&A仲介会社やFAなどの事業者は近年増え続けています。一方で、すべての事業者が一定水準以上のサービスを提供できるとは言えない状況です。では、何を基準に会社を選べば良いのでしょうか。こうした中小企業経営者の疑問に応え、安心してM&Aに取り組む基盤を構築するために設けられたのがM&A支援機関登録制度です。本記事では、M&A支援登録制度の内容やメリット、仲介会社選びにどのよう

M&A支援機関登録制度とは?メリットや登録要件、流れを解説

トップ自らが語る、事業承継型M&Aの30年間のノウハウを大公開「事業承継セミナー LAST LIVE TOUR 2024」

事業承継セミナー(LASTLIVETOUR2024)の第1回目が4月19日、東京本社で開催されました。当セミナーでは「経営者同士が企業の未来について考える」というテーマのもと、日本M&AセンターHDの三宅卓社長が30年以上にわたり蓄積してきた「事業承継型M&Aのノウハウ」を公開し、次世代に企業の価値を引き継ぐ方法について熱く語りました。真剣に将来を考える経営者の姿も印象的でした。セミナー終了後の名

トップ自らが語る、事業承継型M&Aの30年間のノウハウを大公開「事業承継セミナー LAST LIVE TOUR 2024」

株式分割とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

経営・ビジネス

新NISA(少額投資非課税制度)の開始により、投資家層のさらなる拡大が進むことが予想される中、企業による株式分割の動きが注目されています。本記事では、株式分割の概要や、企業、投資家それぞれの視点によるメリットやデメリット、手続きの流れ、実際に株式分割を行った企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまで

株式分割とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

物流業界2024年問題と食品業界

業界別M&A

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は水上が「物流業界2024年問題と食品業界」についてお伝えします。@cv_button物流業界の2024年問題とは?2024年問題とは、働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する問題のことです。トラックドライバ

物流業界2024年問題と食品業界

経営不振とは?原因や対策、整理解雇の注意点をわかりやすく解説

経営・ビジネス

多くの企業では経営陣以下、従業員全員が一丸となり、業績を上げるための努力が日々続けられています。こうした努力がよい結果を生み出し順調に業績を伸ばす企業もあれば、残念ながら経営不振に陥ってしまう企業もあります。本記事では、経営不振の企業に共通する原因を明確にしたうえで、脱却するための方法や、従業員の整理解雇を検討する際の注意点などについて解説します。経営不振から抜け出す有効な手段が見つからない場合は

経営不振とは?原因や対策、整理解雇の注意点をわかりやすく解説

スペインに162事務所227名の会計人が集結 国際会議 in マドリード

広報室だより

2024年3月下旬、スペインのマドリードに、日本M&Aセンターの会計事務所ネットワーク「日本M&A協会」の理事会員会計事務所が集結し、国際会議が行われました。国際会議は年に1回、理事会員会計事務所の方々に日本M&A協会のビジョンを共有すると共にM&A業務及び会計事務所経営について考える場として開催されています。M&A支援業務や事業承継問題に積極的に取り組んできた会計人が集結し、横のネットワークを作

スペインに162事務所227名の会計人が集結 国際会議 in マドリード

北海道企業の「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」について|北海道M&A

業界別M&A

こんにちは。日本М&Aセンター北海道営業所の伊藤海です。日本М&Aセンターの北海道営業所メンバーが北海道M&A事情の最新情報を執筆しております。今回は、北海道企業における「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」についてご案内させていただきます。@cv_button若い経営者による成長戦略型M&Aのトレンド|北海道ここでは、若い経営者による成長戦略型M&Aについて記載させていただきます。なお、あく

北海道企業の「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」について|北海道M&A

2024年3月の物流業界M&Aを読み解く

業界別M&A

物流業界の2024年3月の公表M&A件数は10件2024年3月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年3月(7件)と昨年比では3件の増加になった。物流M&Aトピックを考察3月で大きく印象に残っているのはAZ-COM丸和ホールディングスが、C&FホールディングスにTOB(株式公開買い付け)を実施し子会社化を目指すと発表した事例ではないだろうか。アマゾンジャパン

2024年3月の物流業界M&Aを読み解く

人手不足の解消はどうすればいい?原因と対策を解説

経営・ビジネス

2003年に少子化社会対策基本法が制定されてから20年以上が経過していますが、いまだ有効な対策は見つかっているとは言い難い状況です。そのため、長期的な労働力人口の減少傾向は避けられません。また、労働市場の流動化が進み転職がしやすくなったため、苦労して確保した人材を定着させることが、以前と比べて非常に難しくなっています。そのほかにも、様々な要因が複雑に組み合わさり、業種を問わず多くの企業で人手不足が

人手不足の解消はどうすればいい?原因と対策を解説

上場と非上場の違いとは?企業の非上場化が増えている背景も解説

経営・ビジネス

企業は、株式市場に上場している「上場企業」と「非上場企業」の2種類にわかれます。日本企業の約9割以上は非上場企業であるとも言われます。本記事では、上場企業と非上場企業の違い、近年増えている非上場化の動きについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら上場、非

上場と非上場の違いとは?企業の非上場化が増えている背景も解説