コラム

M&Aコラム(3ページ目)

日本M&Aセンターとバトンズが今治市と連携協定

広報室だより

日本M&Aセンターとバトンズは愛媛県今治市と事業承継に関する連携協定を締結しました。今治地域における中堅・中小企業の事業承継の支援で地域経済の活性化と地方創生に取り組みます。日本M&Aセンターが自治体と連携するのは高知県、茨城県に次いで3例目になります。事業承継に関する連携協定今回の提携はそれぞれが保有する情報資源等を有効活用して協力し、中小企業の事業承継の促進を通じて地域経済の活性化と地方創生を

日本M&Aセンターとバトンズが今治市と連携協定

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

IPOの減少予想広がり、スタートアップ企業の目線はM&Aに

調査データ

“上場熱”が高かった昨年から一転して2022年は新規上場数が減少するとの市場予想が広がっています。株安傾向が続く2022年の市場動向やウクライナ情勢への懸念からIPOを目指す企業にとって厳しい環境となっています。東京商工リサーチの全国「IPO意向企業」動向調査によると、株式上場(IPO)の意向を示す企業は1,857社だった一方で、業績伸び悩みの傾向があると分析し、「世界経済の混乱による投資家心理の

IPOの減少予想広がり、スタートアップ企業の目線はM&Aに

バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

M&A全般

企業の経営活動を続けていくなかで、業績の悪化や、後継者不足により事業を継続していくことが困難になったとき、検討する手段のひとつにバイアウトがあります。日本語では買収を意味しますが、その手法は目的によっていくつかに分かれます。本記事では、バイアウトの手法を解説し、成功に導くためのポイントについてまとめています。さまざまな経営上の課題を解決していくための手段として、バイアウトを検討している場合や、いず

バイアウトとは?具体的な手法や成功させるポイントを解説

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

事業承継

コロナ禍によって、良くも悪くも「医療の在り方」が注目されています。コロナ禍への対応が賞賛される一方、医療システムの問題点も浮き彫りになっています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を抱える日本において、医療費の上昇や国の財政赤字、労働人口の減少は喫緊の課題となっており、国は医療費の抑制を進めています。包括医療制度導入による入院費の抑制や地域包括ケアシステムによる在宅医療へのシフト、2

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

MBO(マネジメント・バイアウト)とは?メリット・デメリットや流れを紹介

M&A全般

企業規模に関わらず、短期的な経営再建、迅速な意思決定の必要性などからMBOが実施されるケースが増えています。本記事では、MBOの概要やメリット、デメリットについて紹介していきます。MBOとは?MBOとはマネジメントバイアウトの略で、経営陣が既存株主から自社の株式を広く買い付けて行う、企業買収の手法のひとつです。事業の継続を前提に、経営陣が自社の経営権をコントロールし、経営の再建等に対応するために利

MBO(マネジメント・バイアウト)とは?メリット・デメリットや流れを紹介

減価償却とは?メリットや計算方法、実務でよくある論点について解説

M&A実務

決算書でよく見る減価償却費とはどのようなものなのでしょうか。なぜ減価償却費を計上しなければならないのでしょう。本記事ではこのような基本的な疑問からやや応用的な論点まで、会計的なバックグラウンドがない方にもわかりやすく解説していきます。また実務でよくある論点やM&Aとの関係についても触れ、より実践的な理解が深まるように工夫しております。専門家ではない方にも減価償却がどのようなものであるか理解の一助と

減価償却とは?メリットや計算方法、実務でよくある論点について解説

TOKYO PRO Market担当者に聞くTPMの魅力とは

広報室だより

2021年は新規上場(IPO)が14年ぶりに100社を超える“上場熱”の活況な一年となり、東京証券取引所が運営するプロ投資家向け市場「TOKYOPROMarket(TPM)」にも過去最多の13社が上場しました。2019年より日本M&AセンターはTPM上場を支援する「J‐Adviser」として、企業の成長と市場の発展に貢献してきました。今回、日本M&AセンターTOKYOPROMarket事業部長の雨

TOKYO PRO Market担当者に聞くTPMの魅力とは

株式交換とは?実施するメリット・デメリットや手続き、企業事例を解説

M&A全般

企業間で行われる組織再編の方法の一つに株式交換があります。株式交換とは、完全親・子会社の関係を作り出せる方法であり、企業グループ内の組織再編や上場企業のM&Aなどで頻繁に用いられています。本記事では、株式交換の基礎の基礎からメリット・デメリットを整理した上で、株式交換を行う場合の具体的な流れや会計処理・著名企業の実例などについて解説していきます。株式交換とは?株式交換とは、売り手側の全株式を買い手

株式交換とは?実施するメリット・デメリットや手続き、企業事例を解説

零細企業とは?M&Aを活用するメリットやその手法、注意点を詳しく解説

経営・ビジネス

「零細企業」には法律上明確な定義はありませんが、中小企業基本法における小規模企業者やあるいはそれより規模が小さい事業者を零細企業と呼ぶケースがあります。本稿では零細企業とはどのような企業なのか、類似している言葉との違いなどを踏まえたうえで、零細企業がM&A・売却を活用するメリット・価格・注意点について詳細に解説します。零細企業とは?零細企業とは、とても小さな会社を指す慣例的な言葉です。大企業や中小

零細企業とは?M&Aを活用するメリットやその手法、注意点を詳しく解説

コロナ禍でクロスボーダーM&A市場はどうなっていたのか ~シンガポール~

海外M&A

日本とASEANのM&A件数は、2019年~2020年にかけて新型コロナの影響で成立件数が半分以下になりました。2021年については件数が大幅に増加しておりますが、依然としてコロナの影響が残っており2019年の水準までは戻っていません。今回は、2020年の新型コロナ発生から、日本とASEANのクロスボーダーM&A市場では実際にはどのようになっていたのかについて現場の目線から解説したいと思います。新

コロナ禍でクロスボーダーM&A市場はどうなっていたのか ~シンガポール~

成長戦略としてのIN-OUT M&A

海外M&A

IN-OUTM&Aという選択肢M&Aの歴史を振り返った時、弊社を設立したころの1990年代では、バブル崩壊に伴い体力のなくなってしまった企業を、海外ファンド等が買いたたき「ハゲタカ」「身売り」などネガティブなイメージがありました。しかし、現在、日本国内でM&Aは後継者不在企業の存続と発展に寄与できる有効な経営の選択肢として認められるようになり、一転ポジティブなイメージが広がりました。後継者不在型の

成長戦略としてのIN-OUT M&A

M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

M&A実務

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第3回となる今回は・・・日々受け取るM&A案件情報の中から、どう見極めるか—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今まで企業事例取り上げながら、気になるトピックをご紹介してきましたが、今回は少し趣向を変えまして。よくお客様から質問されることが多い

M&Aの買い手担当者必見!最初にチェックすべき5つのポイント

東証TOKYO PRO Market 上場 5つの魅力とは?

広報室だより

企業はそもそもなぜ「上場」を目指すのでしょうか。成長するため、優秀な人材を確保するため、資金調達により事業を拡大するため。あるいは厳しい日本経済の中で生き残るため。様々なメリットが得られる上場ですが、一般市場と呼ばれる東証一部や二部、マザーズ、JASDAQへの上場は「ハードルが高い」と感じている経営者も多いのではないでしょうか。そのような中で、地方企業や中堅・中小企業等、より多くの企業の皆様にご活

東証TOKYO PRO Market 上場 5つの魅力とは?

社長”平均年齢”が過去最高の60.3歳 都道府県では秋田県の62.3歳がトップ

調査データ

全国の経営者の平均年齢が31年連続で過去最高を更新しました。帝国データバンクの全国「社長年齢」分析調査によると、2021年の社長の平均年齢は60.3歳(前年比0.2歳増)でこれまでの調査で最も高い結果となりました。社長の平均年齢は1990年の調査開始から右肩上がりで推移しています。年齢別の内訳では「50代」が最多の27.6%を占め、「60代」が26.9%、「70代」が20.2%と続きました。都道府

社長”平均年齢”が過去最高の60.3歳 都道府県では秋田県の62.3歳がトップ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース