コラム

M&Aコラム(4ページ目)

サイト売買・M&Aとは?具体的な流れ、失敗しないためのポイントを解説

M&A全般

サイト売買(サイトM&A)とはサイト売買とは、その名が示す通りWebサイトが売買の対象となる取引であり、サイトM&Aとも呼ばれます。インターネットが普及し、収益につながる数々のWebサイトが誕生したこと、売り手、買い手の双方が多くのメリットを得られることなどを背景に、サイト売買の動きは広がりを見せました。サイト売買の対象は多岐にわたり、アフィリエイトサイトやECサイトなどのほか、ニュースサイトや情

サイト売買・M&Aとは?具体的な流れ、失敗しないためのポイントを解説

【海外M&A】経営者がASEAN進出を想像しながら読む本

海外M&A

今日の日本は、人口減少や生産性の低さ、スタートアップの支援体制の未熟さなど、国内の市場の規模は縮小が予測されるため、海外進出により成長を図る企業は少なくはないです。しかし、「海外へ自社のマーケットを広めたいが、一から拠点を築き従業員を送り込めるほどの資金やノウハウがない」と海外進出のハードルを高く感じている経営者も多いのではないでしょうか。中堅・中小企業こそ海外進出にM&Aを実は、このように一から

【海外M&A】経営者がASEAN進出を想像しながら読む本

債務超過とは?倒産との関係、債務超過企業のM&A実態、スキームなどをわかりやすく解説

M&A全般

債務超過とは債務超過とは、純資産がマイナスであることをいいます。言い換えると、企業の負債の額が資産の額を上回っている状態のことです。ここ数年はコロナの影響で、債務超過である企業が急激に増えており、弊社にも債務超過企業のご相談件数が増えてきました。なお、決算書上では資産超過であるものの、実態は債務超過である企業もあります。例えば下記のようなケースです。多額の売上債権が回収不能になってしまった場合売り

債務超過とは?倒産との関係、債務超過企業のM&A実態、スキームなどをわかりやすく解説

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?仕組みやメリット・デメリット、成功事例を解説

M&A全般

企業買収には相応の資金調達が必要とされるため、昨今LBOを検討する企業も少なくありません。本記事ではLBOの仕組みやメリット・デメリットなどについて詳しく解説します。LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?LBOとは「LeveragedBuyout、レバレッジド・バイアウト)」の略語であり、企業買収方法の一つです。買収資金を調達するために、譲受企業(買い手)が譲渡企業(売り手)の資産などを担保に、

LBO(レバレッジド・バイアウト)とは?仕組みやメリット・デメリット、成功事例を解説

日本におけるサーチファンドの第一人者!伊藤公健さんインタビュー

広報室だより

近年、中小企業の事業承継問題の解決策のひとつとして、経営者を目指す人材(サーチャー)が自ら事業承継する企業を探し資金をファンドが支援する「サーチファンド」という仕組みへの注目が高まっています。今回は、日本におけるサーチファンドの第一人者で、サーチファンド・ジャパン代表取締役伊藤公健さんに、ご自身のサーチャーとしての経験や今後の展望を伺いました。サーチファンドとの出会いを教えてください。マッキンゼー

日本におけるサーチファンドの第一人者!伊藤公健さんインタビュー

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

会社の解散から清算までの流れとは?手続きを詳しく解説

経営・ビジネス

全国の休廃業・解散企業(廃業)件数は、依然高水準で推移し注視されています。実際に、会社を解散すると決めた時にどのような手続きが必要となるのか。本記事では解散の概要、解散にともなう各種手続き、注意点など詳しく解説していきます。会社の「解散」とは会社の解散とは、事業活動を停止し、債券債務を整理する手続きに入ることを指します。廃業の準備に入った状態ともいえます。通常、特段理由がない状態で解散は認められま

会社の解散から清算までの流れとは?手続きを詳しく解説

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

広報室だより

中小企業において増加するM&Aの効果を高めるために中小企業庁は現在、「中小PMIガイドライン(仮称)」の策定を進めています。PMIとはPostMergerIntegrationの略語でM&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aによる譲渡企業と譲受企業の相乗効果を発揮するためには円滑な統合プロセスが重要となります。ガイドライン策定には、M&A経験のある経営者やPMIを支援する実務者、学者らによる策

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

【寄附贈呈セレモニー】甲府市の子育て分野への寄附を通して地域活性化を支援

広報室だより

株式会社日本M&Aセンターは、株式会社サーチファンド・ジャパン、ミスターデイク株式会社と株式会社NEXTAGEGROUP3社とともに、甲府市の地域の活性化に寄与すべく、甲府市企業版ふるさと納税を活用し寄附を行いました。今回の寄附を受け、甲府市が2022年3月2日(水)に甲府市役所本庁舎市長応接室にて寄附贈呈セレモニーを開催しました。セレモニーでは、寄附を行った4社の代表者が参加し、甲府市長である樋

【寄附贈呈セレモニー】甲府市の子育て分野への寄附を通して地域活性化を支援

ストックオプションとは?株価との関係や税金について解説

経営・ビジネス

近年スタートアップやベンチャー企業をはじめ、採用事例が多く見られるストックオプション。インセンティブ制度として人気ですが、その導入には慎重な検討が必要です。本記事ではストックオプションの仕組みやメリット・デメリット、税金や注意点などについて解説します。ストックオプションとはストックオプションとは、株式会社の社員や役員(取締役)が、自社株をあらかじめ決められた価格で取得できる「権利」です。「SO(S

ストックオプションとは?株価との関係や税金について解説

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

経営・ビジネス

投資家等が対象銘柄の購入あるいは動向を注視する際や、M&A算定価格の妥当性を判断する場面で用いる指標の1つにPBRがあります。本記事では、PBRについてその概要や、計算方法、見るべきポイントなどを解説していきます。PBRとはPBRとは、PriceBook-valueRatioの略語で、日本語では「株価純資産倍率」と訳されます。対象企業の現在の株価がその資産価値に対して割高なのか、割安なのか妥当性を

PBR(株価純資産倍率)とは? PERとの違い、株価指標の意味や計算式を解説

逆境に負けないお菓子メーカー「フジバンビ」のチャレンジ

広報室だより

九州・熊本のお土産菓子として有名な「黒糖ドーナツ棒」。百貨店やスーパーマーケットなどで開かれる九州フェアや物産展で目にした方も多くいるはずです。外はサックリ、中はしっとりな食感と優しい黒糖の甘みが特徴で、熊本市に本社を構える菓子メーカー「株式会社フジバンビ」の主力商品です。創業70年を超える老舗は2018年、日本投資ファンド(J-FUN)と資本業務提携を結び、新社長を迎えて熊本のお菓子会社から「全

逆境に負けないお菓子メーカー「フジバンビ」のチャレンジ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース