コラム

「M&A」に関連する記事一覧

【全国から500名が参加】M&A仲介協会が入会説明会開催

広報室だより

日本M&Aセンターなど大手M&A仲介会社や金融機関等で構成する業界自主規制団体「M&A仲介協会」は1月23日、中小企業庁登録M&A支援機関向けの入会説明会を都内で開いた。オンラインも含めて全国のM&A仲介会社等から約500人が参加した。代表理事の荒井邦彦氏(ストライク代表取締役社長)は「皆さんと一緒に中小企業の存続と発展に貢献していきたい」と入会を呼び掛けた。M&A仲介協会は業界の健全な発展と日本

【全国から500名が参加】M&A仲介協会が入会説明会開催

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

【開催レポート】737名が列席!中部支社開設10周年記念式典 提携先へ伝える感謝の気持ち

広報室だより

日本M&Aセンター中部支社は、2013年4月1日に名古屋駅前にオフィスを構え、今年10周年を迎えました。2023年11月29日には、中部支社開設10周年記念式典を名古屋マリオットアソシアホテルにて開催しました。提携先の金融機関や会計事務所などから737名の方が参加し、10年間の感謝の気持ちを伝えました。司会は元テレビ愛知アナウンサーの天野なな実さんが行い、会場は盛況のうちに終わりました。参加者から

【開催レポート】737名が列席!中部支社開設10周年記念式典 提携先へ伝える感謝の気持ち

IPO(新規公開株式)とは?上場するメリットやデメリット、審査基準を紹介

経営・ビジネス

IPOを行った企業は、成長に向けて多くのアドバンテージを獲得できます。そのため多くの企業は、IPOを企業が目指すべき通過点の一つとして見据えています。本記事では、IPOの概要やメリット・デメリット、審査基準、IPOを成功に導くためのポイントについてご紹介します。※本記事のIPOに関する記述は、一般市場を想定しています。IPOとはIPOとは「InitialPublicOffering(※)」の略語で

IPO(新規公開株式)とは?上場するメリットやデメリット、審査基準を紹介

【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

広報室だより

日本M&Aセンターと全国の会計事務所で構成される日本M&A協会は2023年10月27日から29日に、「宮古島オータムツアー2023」を沖縄県の宮古島で開催しました。2022年に日本M&Aセンターにおいて顧問先をM&A成約に導いた全国の58事務所から計79人が参加。オータムツアーは成約事務所カンファレンスや懇親会、大自然を満喫する観光ツアーやゴルフコンペなど充実したプログラムが準備され、参加者はリゾ

【開催レポート】宮古島で日本M&A協会「成約事務所カンファレンス」

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

零細企業とは?中小企業やベンチャーとの違い、M&Aを行うメリットを解説

経営・ビジネス

中小企業庁が公表しているデータによると、日本の小規模事業者数は304万8千万社にのぼり、企業全体の84.9%を占めます。つまり、小規模事業者、零細企業が日本の経済活動を支えているとも言えます。本記事では零細企業の概要、零細企業がM&Aを行うメリットや注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサ

零細企業とは?中小企業やベンチャーとの違い、M&Aを行うメリットを解説

人手不足の原因と対策。M&Aでどう乗り越える?

経営・ビジネス

「人手不足」は多くの中小企業が直面している現実的な問題であり、経営に大きな影響を与えています。従業員が不足すると、業務が滞り、サービスの品質が下がり、結果的には業績にも影響を及ぼします。本記事では、なぜ今人手不足が起こっているのか、今後どうなると予想されているのか、人材確保に向けて打つべき対策についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し

人手不足の原因と対策。M&Aでどう乗り越える?

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

広報室だより

十六フィナンシャルグループ(十六FG)と日本M&Aセンターホールディングス(日本M&AセンターHD)による合弁会社で経営承継支援を担う「NOBUNAGAサクセション」が2023年7月3日に事業を開始しました。地域金融機関とM&A仲介会社が経営承継支援に関する合弁事業は日本初の試みで、岐阜県と愛知県を中心とした企業の経営承継を支援していきます。織田信長と”承継”を冠にした社名社名は岐阜ゆかりの天下人

【M&Aの新潮流】NOBUNAGAサクセション設立

中小企業がM&Aを行う背景や目的とは?手法や成功のポイントをわかりやすく解説

M&A全般

急速に高齢化が進み、2025年問題が目前に迫る中、中小企業によるM&Aの件数は増加傾向にあります。本記事では、中小企業のM&Aの現状とその目的、用いられる手法、中小企業のM&Aを成功に導くポイントについて紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントま

中小企業がM&Aを行う背景や目的とは?手法や成功のポイントをわかりやすく解説

イグジットとは?イグジット(EXIT)の種類やメリット・注意点をわかりやすく解説

経営・ビジネス

イグジット(Exit)はビジネスや投資における戦略の一つであり、主に投資家や起業家が事業を始める際に考えるべき重要な要素の一つです。本記事ではイグジットの概要や、方法別の特徴、メリットや注意点について解説します。イグジットとは「イグジット」は、企業の創業者やファンドなど投資家が投資した事業から離脱し、これまで投下した資本を回収する行為を指します。具体的には、M&Aで事業を売却する、株式を公開する(

イグジットとは?イグジット(EXIT)の種類やメリット・注意点をわかりやすく解説

ステークホルダーとは?ビジネスにおけるステークホルダーの種類、対応など解説

経営・ビジネス

ビジネスの世界では、企業やプロジェクトが成功するためにはステークホルダーとの連携が不可欠です。本記事ではステークホルダーの重要性と連携するポイント、そしてM&Aにおけるステークホルダーについて解説します。ステークホルダーとはステークホルダーとは、組織やプロジェクトと利害関係を持ち、影響を及ぼす可能性のある個人やグループを指します。例えば、企業活動においては、株主、従業員、顧客、取引先企業のほか、行

ステークホルダーとは?ビジネスにおけるステークホルダーの種類、対応など解説