コラム

資金調達とは?調達方法の種類、メリット・デメリットなどわかりやすく解説

経営・ビジネス
更新日:

⽬次

[表示]

資金調達とは
企業経営に不可欠な資金調達には様々な方法があります。どのように安全かつ効率的に資金を調達すれば良いのか、本記事では、資金調達の方法や具体例、リスクへの対応などわかりやすく解説します。

資金調達とは?

資金調達は、企業が成長と持続的な運営を支えるために、必要な資金を得る活動を指します。具体的には、外部からの借入や投資を通じて、企業が資金を集めるプロセスです。

企業が資金調達を行う主な理由は「事業拡大・新規事業の開始」「運転資金の確保」です。
新しいプロジェクトを開始したり、新しい市場に進出したりするには、大きな初期費用が発生します。また、日々の業務をスムーズに行うためには、一定の現金が必要になります。

資金調達は、ビジネスチャンス機会を逃さず捉え、競争力を維持・強化するために重要なプロセスと言えます。

資金調達の主な方法


資金調達の方法は主に5つに分類されます。それぞれの特徴や具体例をご紹介します。


1. 負債を増やす(デットファイナンス)
2. 資本を増やす(エクイティファイナンス)
3. 資産を現金化する(アセットファイナンス)
4. 補助金や助成金を利用する
5. クラウドファンディングを活用する

1.負債を増やす(デットファイナンス)

銀行などの金融機関やノンバンクなどからお金を借りるなどして「負債」を増やし、必要資金を確保する方法です。デットファイナンスの「デット」は「Debt(負債)」を示します。負債は「他人調達資本」ともいます。

具体例 メリット デメリット
・金融機関から融資を受ける。
・金融機関やノンバンクのビジネス
ローンを利用する。
・借入先候補の選択肢が多い。
・返済計画が明確である。
・返済の義務がある。
・企業の信用力が問われる。

2. 資本を増やす(エクイティファイナンス)

株式の発行によって資本を増やし(増資)、資金調達を行う方法です。負債の「他人調達資本」に対し、資本金は「自己調達資本」と呼ばれます。

具体例 メリット デメリット
・投資家から出資を受ける。
・ベンチャーキャピタルから出資を受ける。
・第三者割当増資を行う。
・返済の必要がない。
・ファンドなど出資者から経営の
専門的なアドバイス、リソースの提供を期待できる。
・出資者が経営に
干渉する可能性がある。

3.資産の現金化(アセットファイナンス)

不動産や売掛債権など、企業が保有する有形・無形資産を売却し、資金調達する方法です。

具体例 メリット デメリット
・不動産を売却する。
・商標権を売却する。
・債権をファクタリング業者に
買い取ってもらう。
・買い手が見つかれば、
迅速に資金調達ができる。
・売却可能な資産が必要。
・周囲に売却が知られることで企業
イメージ低下の懸念がある。
・売却時に手数料がかかる。

4. 補助金や助成金を活用する

国や一部の地方自治体は、事業者向けの補助金・助成金によって、中小企業の資金調達を応援しています。企業の規模や事業内容、資金の利用目的などに細かな条件があるものの、補助金・助成金は原則的に返済の必要がありません。

具体例 メリット デメリット
・ものづくり補助金、小規模事業者
持続化補助金などの補助金制度を活用する。
・創業助成事業などの
助成金制度を活用する。
・返済の必要がない。 ・補助金は採択されない可能性
もある。
・入金までに時間を
要する場合が多い。
・入金タイミングが不明瞭な場合が多い。

資金調達を成功させるためのポイント


資金調達の成功には、明確で実現可能なビジネスプランの策定、市場と自社の状態を見極めたタイミングの把握、そして信頼できるパートナーとの長期的な関係の構築という3つのポイントが不可欠です。

ビジネスプランの明確化

投資家や金融機関は、明瞭で現実的なビジネスプランを重視します。資金調達の結果、資金がどのように使われ、どのようなリターンが期待できるのかを評価します。
そのためビジネスプランは、目標の設定、市場分析、財務計画など、包括的で詳細な内容が求められます。

適切なタイミングの把握

資金調達の成功は、適切なタイミングに大いに依存します。市場の状況が良く、自社のビジネスが成長軌道にある場合、資金調達の条件も有利になる傾向があります。
一方、市場環境が厳しい時期や企業の業績が低迷している時に資金調達を試みると、厳しい条件が提示される場合があります。つまり、企業の状態と市場状況を同時に見極め、ベストなタイミングを捉えることが重要です。

パートナーシップの構築

資金調達は、単に資金を得る活動ではありません。それはまた、ビジネスのパートナーを見つけ、長期的な信頼関係を築く過程でもあります。
例えば、VC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達の場合、VCは単なる資金提供者以上の存在となり得ます。彼らは経営に関する専門的なアドバイス、リソースを提供してくれる場合があるため、パートナーシップの構築は、ビジネスの長期的な成功に寄与します。

資金調達のリスクと対処法


資金調達は、企業の成長のために不可欠ですがリスクも伴います。リスクを最小限に抑え、効果的に資金調達を行うためには、慎重な計画と綿密な対策が必要となります。ここでは想定されるリスクとその対処法についてご紹介します。

キャッシュフローへの影響

資金調達によって、返済や利息の負担が増え、企業の資金繰りが厳しくなる可能性があります。

対処法としては、資金繰り計画を定期的に見直し、現金の流れを予測しておくこと、 無理のない返済計画を立て、緊急時の資金確保策を設けることが挙げられます。

業績不振による返済困難

業績が思うように伸びず、資金調達で借り入れた資金の返済が困難になる場合があります。

対処法としては、利益の安定源を複数確保する多角化戦略を検討し、リスクヘッジを図ること、 業績不振になった場合の返済計画の見直しを、前もって検討しておくことが挙げられます。

株式の希薄化

自己資本調達の際に発行した新株式により、既存株主の所有割合が減少し、経営権が希薄化する可能性があります。

対処法としては、所有構造の最適化を図るため、資金調達の方法やタイミングを慎重に選択すること、希薄化の影響をしっかりと理解し、株主とのコミュニケーションを密に取ることが挙げられます。

資金調達とM&A

資金調達とM&Aは、それぞれ単独で行うだけでなく、戦略的に組み合わせることで、企業の成長をより一層効果的に促進する強力な手段となることがあります。適切なパートナーとタイミングを見極め、両者を巧みに活用することが、成功への鍵となります。

資金を調達してM&Aに乗り出すケース

企業が拡大戦略を実行する際、M&A(合併・買収)は一つの重要な手段です。これを実現するためには、一定の資金が必要になるケースが一般的です。
資金調達を行い、他社を買収または合併することで、市場シェアの拡大、新規市場への進出、技術や人材の獲得など、成長を加速することが可能になります。

M&Aを通じて資金を調達するケース

一方で、M&A自体が資金調達の一形態にある場合もあります。例えば、資本が豊富な大企業が、技術やブランド力がありつつ伸び悩む中小企業を買収することで、中小企業は新たな資金源を確保できます。M&Aによって両社はシナジー効果の創出、事業展開のスピードアップが期待できます。

終わりに

資金調達は、企業が持続可能な成長を遂げる基盤を築く上で欠かせない要素です。成功するためには、事前の計画が重要ですが、状況が変われば計画も修正する柔軟な思考が求められます。

そのため明確で実行可能なビジネスプランを早期に準備し、様々な資金調達方法について検討を進めておくことが大切です。これからの時代は、変化に適応しながら最適な資金調達を行う知識と戦略が企業の競争力を高める鍵となります。自社の状況に適した資金調達を通じて、自社の発展につなげていきましょう。

日本M&AセンターではM&Aを含めた企業戦略の策定からご相談を承っています。ご相談は無料、秘密厳守で対応致します。まずは専任のコンサルタントまでお問合せください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「資金調達・ファンド・スタートアップ」に関連するコラム

ベンチャーキャピタル(VC)とは?仕組みやメリット、他の融資との違いをわかりやすく解説

経営・ビジネス
ベンチャーキャピタル(VC)とは?仕組みやメリット、他の融資との違いをわかりやすく解説

企業の成長を目指す経営者から、ベンチャーキャピタルの動向は注目を集めています。本記事ではベンチャーキャピタルの概要、出資を受けるメリット、ベンチャーキャピタルの種類などについて詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々なステージで成長を目指す企業のM&Aをはじめ、経営課題の解決に向けて専門チームを組成しご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらベンチャー

事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

M&A全般
事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

事業計画書は、自社のビジネスプランを内外に説明する際に重要な資料です。また、事業計画書を作成することで、自社の強みや課題の抽出にも役立ちます。ただし、事業知計画書には規定のフォーマットがない為、ポイントを押さえて作成することが大切です。本記事では、事業計画書の概要やメリット、作成方法についてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

黒字倒産とは?黒字倒産が起きてしまう理由・対策を解説!

経営・ビジネス
黒字倒産とは?黒字倒産が起きてしまう理由・対策を解説!

企業が倒産に陥る背景は様々ですが、利益を上げているにも関わらず、経営に行き詰まる「黒字倒産」が昨今増えています。本記事ではその理由や対策についてご紹介していきます。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・事業承継のお問合せはこち

資金繰りとは?改善策など経営者が知っておくべきポイント

経営・ビジネス
資金繰りとは?改善策など経営者が知っておくべきポイント

企業の資金繰りは、入金タイミングや出金タイミングに大きく左右されます。例えば、取引先からの入金が遅れたり、大口の支払いが重なると現金が不足し、支払いに間に合わなくなったりする場合があります。このように資金繰りには様々なリスクがあるため、企業は適切な資金繰り計画を立て、管理を行うことが必要です。本記事では資金繰りの考え方、資金繰りにおける課題や改善策、資金繰りを管理する方法についてご紹介します。資金

サーチファンドという新しいキャリアパス

広報室だより
サーチファンドという新しいキャリアパス

起業、出世に次ぐ新しい経営者へのキャリアパスが今、注目されています。経営者志望の人材(サーチャー)が投資家の支援を受けて、M&Aを実行して中小企業の経営者となる仕組み(サーチファンド)が広がりつつあります。経営者人材の育成と中小企業の後継者問題が日本の社会課題となる中、経営志望者と企業をつなぐサーチファンド型M&Aが日本で黎明期を迎えています。サーチファンド・ジャパンの2件目の成約事例で新しく経営

「資金調達・ファンド・スタートアップ」に関連するM&Aニュース

オリエントコーポレーション、事業再生ファンドに出資へ

株式会社オリエントコーポレーション(8585、以下オリコ)は、地域経済の活性化を目的とした事業再生ファンドへの出資を決定した。オリコは、カード・融資や決済・保証などの事業を行っている信用販売会社。今回の出資は、地域経済の課題となっている企業の過剰債務問題に対し、みずほ銀行との連携からスモールスタートし、その後は地域金融機関とも連携を行い、地域の金融円滑化と経済活性化につながる取り組みを行うもの。ま

エクセディ、米国スタートアップ投資ファンドに出資へ

株式会社エクセディ(7278)は、AllegisLS2023-10,aSeriesofCGF2021LLC(米国デラウエア州)へ出資することを決定し、同ファンドが連結子会社となる見込みと発表した。エクセディは、駆動系部品の専門メーカー。グループとしてスタートアップとの協業に取り組んでいる。本件出資を通じて、協業可能性のあるスタートアップ企業への投資、新事業の立ち上げを目指す。・今後の予定設立202

スズキ、CVCファンドを通じカナダのスタートアップInmotiveへ出資

スズキ株式会社(7269)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンド「SuzukiGlobalVentures」(スズキグローバルベンチャーズ)を通じて、InmotiveInc.(カナダオンタリオ州)に出資した。スズキは、四輪車・二輪車・マリン製品事業を中心に行う、大手機械メーカー。InmotiveInc.は、電気自動車向け二段変速機の開発を行っているスタートアップ企業。両社は、2022年12月

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース