コラム

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

資金調達イメージ
企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。

資金調達とは?

資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。

資金調達が必要になる場面

企業が資金調達を行う場面は、新規事業の立ち上げや設備投資のためなど多岐に渡ります。主に資金調達が必要になる場面は、以下の通りです。

運転資金の確保

運転資金とは、会社を継続して運用・経営していくために必要な資金です。事業拡大を行うための費用が内部留保から賄えない場合や、事業の悪化に伴い縮小を行う際にも売上に対してコストが高すぎる状況にあるため、運転資金が不足することがあります。

会社の創業や新規事業の立ち上げ

事業を軌道にのせるまでは企業が自力で利益を獲得することが難しく、一方でスターティングメンバーの確保にかかる人件費やオフィスの賃料といった初期投資を必要とします。創業融資制度を利用した資金調達を行うことで、初期費用とともに当面の運転資金を確保できます。

設備投資の実行

高性能な機械を購入したり、新しいシステムを導入したりする際には多額の資金が必要です。そのため、設備投資の準備段階で資金調達することは珍しくありません。

M&Aの実行(買収)

M&Aを行う際には、相手企業を買収するための費用はもちろん、専門家への相談費用などを必要とします。巨額の買収資金は内部留保しているお金でまかなうことが難しく、一方で会社の成長により利益の向上が見込まれるため、一般的に資金調達を行います。

資金調達の主な方法

企業の資金調達方法には、「負債を増やす方法」「資本を増やす方法」「資産を現金化する方法」「補助金や助成金を利用する方法」などの種類があります。資金調達方法ごとの特徴やメリット・デメリットを、順番に見ていきます。

借り入れ、負債を増やす(デッドファイナンス)

負債を増やす方法(デッドファイナンス)とは金融機関や公的機関、投資家などからお金を借りて、必要資金を確保する方法です。デッドファイナンスの「デッド」は「Debt(負債)」を示します。
デッドファイナンスのメリットは、資金調達の依頼先候補が多いことです。調達目的や信用度によっては、ある金融機関で良い返事をもらえなくても、ほかの金融機関に相談すると、資金調達できるケースがあります。ただし、経営状況の優れない企業はデッドファイナンスによる資金調達を行えるとは限りません。
なお、デッドファイナンスで獲得した資金はあくまで返済義務のある負債であり、原則的にお互いの合意した利息や手数料を加えた額を、スケジュール通りに返済する必要があります。

株式を発行し、資本を増やす(エクイティファイナンス)

資本を増やす方法(エクイティファイナンス)とは、新規に株式などを発行し、資金調達する方法です。株式を発行して調達したお金には、利息がかからないというメリットがあります。
ただし、自社の株式を外部の投資家が一定の割合で保有すると、議決権を与えてしまう点には注意する必要があります。議決権とは、企業の株式を保有する投資家が経営に口出しできる権利のことを意味します。議決権を与えたくない場合には「配当優先株式(配当を優先的に与える代わりに、議決権を与えない株式)」を発行するなどの対策もあります。

資産の現金化(アセットファイナンス)

資産の現金化(アセットファイナンス)とは、企業が保有する有形・無形資産を売却し、資金調達する方法です。
アセットファイナンスには、迅速に資金調達できるメリットがあります。アセットファイナンスでは買い手が見つかれば、すぐに相応の額の資金を調達できます。
ただし、アセットファイナンスは企業イメージの低下につながる恐れもある資金調達方法です。たとえば、企業が保有する保養所を売却する場合、周囲から「不動産を手放さないと、経営が成り立たない」と思われるリスクがあります。また、そもそも売却できるものを保有していない企業は、アセットファイナンスを行えません。

補助金や助成金を利用する

国や一部の地方自治体は、事業者向けの補助金・助成金によって、中小企業の資金調達を応援しています。企業の規模や事業内容、資金の利用目的などに細かな条件があるものの、補助金・助成金は原則的に返済の必要がありません。
具体的な補助金・助成金の例としては以下のようなものがあります。

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

中小企業や小規模事業者が革新的サービスなどを開発するために必要な設備投資などの資金の一部を支援する補助金です。

小規模事業者持続化補助金

従業員20人以下といった小規模の事業者や特定非営利活動法人を対象に、100万円を上限として必要資金の3分の2を支援してくれる補助金です。経営計画の作成、販路開拓や生産性向上に取り組む際に、商工会議所に助言を求めることができるメリットもあります。

ほかにも、国や自治体の情勢などに応じて補助金・助成金制度が新たに追加されることがあります。申請時期や条件はさまざまなため、自社にあった制度を見つけて活用しましょう。

資金調達方法の具体例

具体例を把握することで、デッドファイナンス・エクイティファイナンス・アセットファイナンスのそれぞれに関する理解を深めていきます。各資金調達方法の例は、以下の通りです。

デッドファイナンスの具体例

デッドファイナンスには、プロパー融資・公的融資・ビジネスローン・コマーシャルペーパーなどが含まれます。

プロパー融資 民間の銀行など金融機関から融資を受ける方法です。利用しやすい半面、当然ながら企業の信用力がないと融資を受けられません。
公的融資 公的融資は、政府が100%出資する金融機関「日本政策金融公庫」などから借用する方法です。日本政策金融公庫には中小企業の支援を目的とする融資制度が多く、低金利で融資を受けられるケースがあります。
ビジネスローン 金融機関やノンバンクのビジネスローンを利用し、お金を借りる方法です。金融機関のビジネスローンはプロパー融資と比較して審査難易度が低く、お金を借りやすいメリットがあります。
コマーシャルペーパー 短期的な資金を調達するために発行する、無担保の約束手形を意味します。社債とコマーシャルペーパーは、償還期間に違いがあります。償還期間1年以上の場合は社債、1年未満の場合はコマーシャルペーパーを発行します。

エクイティファイナンスの具体例

エクイティファイナンスには、公募・株主割当増資・第三者割当増資などが含まれます。

公募 公募は、時価相応の価格で株式を発行する資金調達方法です。
株主割当増資 株主割当増資は既存の株主を対象として、保有株式数に応じた「割当券」を発行する資金調達方法です。割当券は「新株を購入できる権利」に過ぎず、既存の株主が権利を放棄することもあります。
第三者割当増資 第三者割当増資は、自社と特定の関係にある第三者に対して、新株を割り当てる資金調達方法です。第三者割当増資は株価が低く、ほかの方法でエクイティファイナンスを実施できない場合に有効な資金調達方法にあたります。

アセットファイナンスの具体例

アセットファイナンスには、不動産の売却・商標権の売却・ファクタリングなどが含まれます。

不動産の売却 使用していない土地や建物を売却して資金とする方法です。
商標権の売却 商標権などの無形資産も売却し、お金に代えることができます。すでにブランドが確立された商品・サービスがある場合は、商標権の売却を考えることも一案です。
ファクタリング 企業の持つ債権をファクタリング業者に買い取ってもらう資金調達方法です。債権の額面通りで買い取りされることは少なく、一般的には手数料などが差し引かれます。

終わりに

ご紹介してきたとおり、資金調達の方法にはそれぞれの特徴、メリットやデメリットがあります。自社の状況に適した資金調達を通じて自社の発展につなげていきましょう。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「成長戦略・第三者割当増資」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

広報室だより
アジア最大級の食品・飲料総合展示会「FOODEX JAPAN2022」に日本M&Aセンターが初出展

日本とアジア、世界をつなぐ国際食品・飲料総合展示会「FOODEXJAPAN2022(第47回国際食品・飲料展)」が2022年3月8日に千葉市の幕張メッセで開幕しました。アジア最大級の食品・飲料総合展示会に今回、日本M&Aセンター食品業界支援室が初出展しました。展示会では“食”に関わる最新情報や新サービスがお披露目され、4日間のイベントには国内外の1,500社以上の約1,600ブースが一堂に会しまし

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

「成長戦略・第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

「成長戦略・第三者割当増資」に関連するM&Aニュース

三井住友ファイナンス&リース、内航海運向けデジタルサービス提供のMarindowsへ出資

三井住友ファイナンス&リース株式会社(東京都千代田区、SMFL)は、Marindows株式会社(東京都港区)が実施する第三者割当増資を引き受けた。SMFLは、各種物品の賃貸・延払事業、営業貸付事業などを行っている。三井住友フィナンシャルグループと住友商事の持分法適用関連会社であり、様々な事業を展開している。Marindowsは、IT、通信技術を用いた内航海運向けデジタルサービスを提供。海洋OS「M

外食産業の業務改善サービスを提供するGoals、総額15.5億円の資金調達実施

株式会社Goals(東京都港区)は、複数の投資引受先から、第三者割当増資・社債発行・融資による総額15.5億円の資金調達を実施した。累計資金調達額は19.6億円となる。【主な引受先】ALLSTARSAASFUNDAngelBridge株式会社Goalsは、飲⾷店の業務をAIで効率化するクラウドサービス「HANZO」シリーズの開発・販売・運用支援を行っている。⾷品ロスの削減や⼈⼿不⾜による店舗運営の

⽇本産農産物輸出に取組む日本農業、総額約11億円の資金調達完了

株式会社日本農業(東京都品川区)は、複数の投資引受先から、第三者割当増資による総額約11億円の資金調達を完了した。【主な引受先】・アグリビジネス投資育成株式会社・オイシックス・ラ・大地株式会社・センコーグループホールディングス株式会社・株式会社ニチリウ永瀬・株式会社福岡ソノリク・ラクスルCOO福島広造氏日本農業は、自社園地の運営・生産指導の提供、資材輸入、農産物輸出、品種知財輸出、輸出コンサルティ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース