コラム

「業界別M&A」カテゴリの記事一覧

飲料業界の動向とM&A戦略|食品M&A

業界別M&A

いつも当コラムを楽しみにしていただいている皆様、ありがとうございます。日本M&Aセンターの伊東と申します。当コラムは日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが、業界の最新情報を分析し執筆しております。今回は「飲料業界の動向とM&A戦略」について解説いたします。@cv_button1.飲料業界の動向、直近のトピックス2024年6月28日、飲料業界で199品目の値上げが発表されました。原材料

飲料業界の動向とM&A戦略|食品M&A

日本のIT業界における課題とM&Aによる解決方法

業界別M&A

はじめに皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門グループの七澤一樹と申します。私は、前職ではIT業界向けの人材紹介業に従事しており、現場担当として5年間、マネージャーとして3年間経験を積んで参りました。当社に入社後はIT業界専任のM&Aチームに在籍し、引き続きIT業界に関わらせて頂いております。IT業界においては、人材不足、急激な技術革新のスピードへの対応、多重下請け構造などといった業界

日本のIT業界における課題とM&Aによる解決方法

北海道のM&A案件の特徴・代表的な業種とは?

業界別M&A

こんにちは。日本M&Aセンター北海道支社の吉川雄大です。当コラムは日本M&Aセンター北海道支社が北海道M&A・北海道事業承継の最新情報を執筆しております。今回は「北海道のM&A案件の特徴」についてご案内させていただきます。@cv_button1:北海道のM&A案件の特徴北海道のM&Aと聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。実は日本の面積の約20%もある広大な土地を有する北海道ではM&Aが盛

北海道のM&A案件の特徴・代表的な業種とは?

M&Aでノウハウを獲得し、急成長したスーパーマーケットを解説

業界別M&A

こんにちは。株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの豊田匡です。今回は、「自社にないノウハウを獲得し、付加価値を高めたスーパーマーケットのM&A戦略」というテーマでお伝えします。@cv_buttonスーパーマーケットが今後採るべきM&A戦略とは2024年4月1日から「2024年問題」と、5年前から取り上げられてきた時間外労働の上限規制が、「運送業・建設業・医師」にも適用がスタートしました。

M&Aでノウハウを獲得し、急成長したスーパーマーケットを解説

アクセンチュアとオープンストリームホールディングスのM&A | デジタル変革の推進力

業界別M&A

皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門チームの鈴木雄哉と申します。昨今はIT企業がM&Aを活用するシーンも増えてきており、今回は直近のM&Aの事例を基に解説させて頂ければと思います。@cv_buttonはじめに2024年5月、アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川昌史、以下、アクセンチュア)は株式会社オープンストリームホールディングス(東京都新宿区、代表取締役社長:吉

アクセンチュアとオープンストリームホールディングスのM&A | デジタル変革の推進力

水産業界を取り巻くM&Aについて

業界別M&A

当コラムは、日本M&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが執筆しており、食品業界の最新情報を提供しています。今回は、水産業界におけるM&Aに焦点を当て、「水産業界を取り巻くM&A」というテーマで解説します。@cv_button日本の水産業界事情について:様々な要素から変化する水産業界この章では、日本の水産業界の現状について説明します。農林水産省の公表データや過去の傾向、将来予測を元に、日本の

水産業界を取り巻くM&Aについて

2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A

物流業界の2024年5月の公表M&A件数は10件2024年5月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は10件であった。2023年5月(8件)と2件の増加になった。戦略の中心が「企業買収」へ先月に続きセンコーホールディングスが単月で2件の買収を実施。(2024年1月~5月で5件目)独特の戦略で同業の買収に限らず異業種の譲り受けを加速させている印象だ。今後も既存事業の拡充、新規事業の開拓

2024年5月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

北海道の「M&A動向」と「成約事例」について

業界別M&A

こんにちは。日本М&Aセンター北海道営業所の鈴木唯弘です。当コラムは日本М&Aセンターの北海道営業所メンバーが北海道M&A事情の最新情報を執筆しております。今回は、北海道の「M&A動向」と「成約事例」についてご案内させていただきます。@cv_button2024年問題と運送業界のM&Aについて2024年問題今年に入ってからいろいろなところで耳にする機会も多くなったのではないでしょうか?特に運送業界

北海道の「M&A動向」と「成約事例」について

IT企業が直面している課題とは?

業界別M&A

皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門チームの土川幸大と申します。私はこれまでIT業界に10年間従事してきました。IT業のお客様も担当させて頂き、現在はM&A業界でIT業のお客様をご支援できればと精進しております。ここで多くのIT企業が直面している課題についてまとめてみます。@cv_button人材不足が招く負のスパイラル1.優秀な人材の採用が困難中小企業では優秀な人材の採用は困難とい

IT企業が直面している課題とは?

【2024年】IT業界の成長戦略型M&A事例紹介

業界別M&A

皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門チームの大西宏明と申します。私は、前職ではIT業界のSIerの法人営業として従事しておりました。当社に入社後はIT業界専任のM&Aチームに在籍し、引き続きIT業界に携わっております。@cv_button近年のIT業界は目覚ましい成長を遂げており、以下のトレンドで動いていると考えており、業界自体が急速に日々進化していると推測出来ます。技術の進化と革新

【2024年】IT業界の成長戦略型M&A事例紹介

過去最多の倒産件数、競争激しいラーメン業界のM&Aを徹底解説

業界別M&A

こんにちは。(株)日本М&Aセンター食品業界支援グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回はラーメン店のM&Aの歴史とその後について解説します。@cv_buttonラーメン業界の市況過酷な競争の中、倒産件数の増加『2023年、ラーメン店の倒産件数は過去最多を大幅に更新しました』という記事を目にした方も多いのではないでしょう

過去最多の倒産件数、競争激しいラーメン業界のM&Aを徹底解説

2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

業界別M&A

物流業界の2024年4月の公表M&A件数は11件2024年4月において公表ベースでのM&A(合併・買収・資本参加)は11件であった。2023年4月(10件)と昨年比では1件の増加になった。2024年問題からみる物流・運送業界M&A4月からトラックドライバーの時間外労働時間上限規制が開始となり、2019年の法改正以降、数年かけて取り組んできた荷主企業との運賃交渉やドライバーの確保、中継拠点の新設など

2024年4月の物流トラック運送業界M&Aを読み解く

北海道の「事業承継・M&A動向」と「成約事例」について

業界別M&A

こんにちは。日本М&Aセンター北海道営業所の相良祐也です。当コラムは日本М&Aセンターの北海道営業所メンバーが北海道M&A事情の最新情報を執筆しております。今回は、北海道の「M&A動向」と「成約事例」についてご案内させていただきます。@cv_button北海道の事業環境及びM&A動向近年、企業を取り巻く事業環境は急速に変化しております。新型コロナウイルスなど予想もできない出来事が起こり、その都度対

北海道の「事業承継・M&A動向」と「成約事例」について

物流業界2024年問題と食品業界

業界別M&A

当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は水上が「物流業界2024年問題と食品業界」についてお伝えします。@cv_button物流業界の2024年問題とは?2024年問題とは、働き方改革関連法によって2024年4月1日以降、自動車運転業務の年間時間外労働時間の上限が960時間に制限されることによって発生する問題のことです。トラックドライバ

物流業界2024年問題と食品業界

北海道企業の「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」について|北海道M&A

業界別M&A

こんにちは。日本М&Aセンター北海道営業所の伊藤海です。日本М&Aセンターの北海道営業所メンバーが北海道M&A事情の最新情報を執筆しております。今回は、北海道企業における「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」についてご案内させていただきます。@cv_button若い経営者による成長戦略型M&Aのトレンド|北海道ここでは、若い経営者による成長戦略型M&Aについて記載させていただきます。なお、あく

北海道企業の「成長戦略型M&A」と「事業再生型M&A」について|北海道M&A