コラム

「業界別M&A」カテゴリの記事一覧(3ページ目)

前代未聞の食糧危機をM&Aでどう乗り切るか!?

業界別M&A

こんにちは。(株)日本М&Aセンター食品業界専門グループの渡邉です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は世界情勢からみる今後の食品業界のトレンドを最新のM&A事例を切り口に解説します。@cv_button2023年8月22日からローソンが「冷凍おにぎり」6品目を実験販売8月22日から3ヵ月間、ローソンは福島県と東京都の合計21店舗で

前代未聞の食糧危機をM&Aでどう乗り切るか!?

【スーパーマーケットのM&A戦略】アークス・ヤオコーなど国内大手スーパーのM&A事例

業界別M&A

株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの下平健正です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界最新情報を執筆しております。今回は下平が「アークスとヤオコーの事例から見るスーパーのM&A戦略」というテーマでお伝えします。@cv_button北海道のスーパー「アークス」が、青森県のスーパー「ユニバース」を買収2011年6月、北海道トップのシェアを誇るスーパー「株式会社

【スーパーマーケットのM&A戦略】アークス・ヤオコーなど国内大手スーパーのM&A事例

ブランドをM&Aで取得、もしくは承継する際の注意点と良いお相手の探し方のポイント

業界別M&A

こんにちは。株式会社日本М&Aセンター食品業界支援室の白鳥です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームの食品業界支援室のメンバーが業界情報を執筆しております。今回は、ブランド力のある商品を展開している会社を買収したい、老舗ブランドを残すために事業承継したい、といった食品業界のM&Aでよくある買収、譲渡理由であるこれらの観点からM&Aについて注意すべき点やどんなお相手探しを行えばよいかについて

ブランドをM&Aで取得、もしくは承継する際の注意点と良いお相手の探し方のポイント

【酒類事業M&A動向】注目すべき3つの将来不安と着眼点

業界別M&A

株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの勝又俊です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は勝又が「酒類事業のM&A動向と着眼点」というテーマでお伝えします。酒類事業の定義酒類とは、アルコール分1度以上の飲料を指します。現行の酒類の分類は、発泡性酒類(ビール・発泡酒・新ジャンルなど)、醸造酒類(果実酒・清酒など)、蒸留酒類(焼酎

【酒類事業M&A動向】注目すべき3つの将来不安と着眼点

スタートアップ経営者必見!直近のベンチャーM&A動向と今準備すべきこと

業界別M&A

最近では、未上場企業のM&Aが経営手段の一つとして浸透しつつあるように感じています。さらに、スタートアップ業界でのM&Aも増加しつつあり、スタートアップ企業のM&Aのタイミング、M&Aを実施する上でのメリット、相談すべき相手についてまとめようと思います。直近のスタートアップM&A動向について世界的なコンサルティングファームであるEYJapanが昨年発表したスタートアップM&A動向に関する調査レポー

スタートアップ経営者必見!直近のベンチャーM&A動向と今準備すべきこと

譲渡オーナーとの語らい Vol.14 (茨城県・受託開発ソフトウェア業)

業界別M&A

茨城県で受託開発ソフトウェア業を営む会社を経営、2022年に自社の成長を目的に銀行向けパッケージソフトウェア業を営む上場企業へ株式を譲渡し、上場グループの一員となりました。社長である唐田様は様々なご経験をお持ちで、地域の若い方たちにご自身の経験を伝え地方創生に貢献していきたいと仰っております。唐田様のたくさんのご経験談から、今回のM&Aについてお話を伺いました。@cv_button成長速度をスピー

譲渡オーナーとの語らい Vol.14 (茨城県・受託開発ソフトウェア業)

譲渡オーナーとの語らい Vol.15 (神奈川県・受託開発ソフトウェア業)

業界別M&A

神奈川県で創業30年の歴史を持つ受託開発ソフトウェア事業を行う会社を経営。社長の庄司様は、2021年にM&Aにより富山県の企業へ自社の株式を譲渡することを決断されました。M&Aで事業を承継することを考えはじめたきっかけから、譲渡後の現在までのお話をお聞かせいただきました。「自分の食い扶持は自分で稼ぐ」が創業当時の合言葉青井:1993年の創業からM&Aで譲渡されるまで30年弱。黒字経営を続ける中でも

譲渡オーナーとの語らい Vol.15 (神奈川県・受託開発ソフトウェア業)

2023年 IT業界のM&A事例紹介

業界別M&A

皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門チームの七澤一樹と申します。私は、前職ではIT業界向けの人材紹介業に従事しており、現場担当として5年間、マネージャーとして3年間の経験を積んで参りました。当社に入社後はIT業界専任のM&Aチームに在籍し、引き続きIT業界に関わらせていただいております。人材不足や多重下請け構造といった業界特有の課題に悩まれている企業様や、そういった課題に対して様々な

2023年 IT業界のM&A事例紹介

デジタルマーケティング業界のM&Aについて

業界別M&A

皆さん、こんにちは。日本M&AセンターIT業界専門チームの馬俊飛と申します。私は大学でデータサイエンスを専攻後、当社に新卒入社しました。入社以降は一貫してIT業界のM&Aのご支援を行っております。IT業界と一言で言っても非常に領域の広いセクターとなりまして、受託開発、SESは勿論、直近ではデジタルマーケティング、データアナリティクスと様々な業種がM&Aの対象となっております。その中でも本日はデジタ

デジタルマーケティング業界のM&Aについて

ファッション・衣料業界における大手企業のM&Aの事例

業界別M&A

こんにちは。(株)日本М&Aセンター衣料業界専門グループの水上雄斗です。当コラムは日本М&Aセンターの衣料業界専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は近年行われたファッション・衣料業界の代表的なM&Aの事例について解説していきたいと思います。TSIホールディングスの事例TSIホールディングスは衣料品の企画・生産・輸入並びに専門店・百貨店への卸売及び直営店での小売販売、飲食事業

ファッション・衣料業界における大手企業のM&Aの事例

コロナを乗り越えて、今後外食M&Aマーケットはどうなって行くのか

業界別M&A

日本М&Aセンター食品業界専門グループの江藤恭輔です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。本日は江藤が「コロナを乗り越えて、今後外食M&Aマーケットはどうなって行くのか」についてお伝えします。@cv_buttonコロナ禍の外食M&Aの状況と代表的な事例2020年、新型コロナウィルスが世界中で大流行した後、それまで順調に増え続けていた外食M

コロナを乗り越えて、今後外食M&Aマーケットはどうなって行くのか

【2023最新】惣菜業界のM&A生き残り戦略

業界別M&A

こんにちは。(株)日本М&Aセンター食品業界専門グループの岡田享久です。当コラムは日本М&Aセンターの食品専門チームのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は新型コロナウイルスの影響で中食需要が増加したことにより、市場規模を拡大させた惣菜業界の現状とこれからについてM&Aの事例を踏まえて解説します。@cv_button惣菜業界の今惣菜業界とは、「一般社団法人日本惣菜協会2022年惣菜白書

【2023最新】惣菜業界のM&A生き残り戦略

2022年の事例からみる食品卸売業界のM&Aと今後の展望

業界別M&A

株式会社日本М&Aセンター食品業界専門グループの下平健正です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は下平が「2022年の事例からみる食品卸売業界のM&Aと今後の展望」というテーマでお伝えします。@cv_button2022年の食品卸売業界M&A事例まず初めに、2022年の食品卸売業界のM&Aを代表する事例をご紹介します。【売:外食】日

2022年の事例からみる食品卸売業界のM&Aと今後の展望

【外食業界最大手企業の大型M&A】ゼンショーホールディングスのロッテリア買収について

業界別M&A

こんにちは。日本М&Aセンター食品業界専門グループの水上雄斗です。当コラムは日本М&Aセンターの食品業界専門グループのメンバーが業界の最新情報を執筆しております。今回は先日リリースされたばかりのゼンショーホールディングスによるロッテリアの買収に関してのレポートをお送りさせていただきます。@cv_buttonゼンショーホールディングスについてまず、ゼンショーホールディングスについて解説させていただき

【外食業界最大手企業の大型M&A】ゼンショーホールディングスのロッテリア買収について

調剤薬局における親族継承のメリットとデメリット

業界別M&A

日本M&Aセンター業界再編部調剤薬局業界専門グループの伊東勇一と申します。経営者として事業を長く続けていくこと。これは地域医療の一端を担う調剤薬局としても長く地域に貢献し続けることであり、多くの経営者が望まれていることかと思います。@cv_buttonただし、様々な苦境を乗り越えてきた経営者であっても、年齢の壁は乗り越えることはできず、いずれ事業承継が必要になります。事業承継は一般的に、親族承継・

調剤薬局における親族継承のメリットとデメリット