ニッポンには、跡継ぎが足りない。

日本企業の廃業を止めたい

日本企業の廃業を止めたい

日本国内企業の後継者不在率は65%。
2025年までに70歳を超える中小企業経営者の約半数、実に127万人の後継者が決まっておらず、廃業の危機にあるのです。
経営や雇用を支えてきた多くの企業が、昨今の経済不況とは別の要因によって存続の危機に立たされているこの現状、もっと議論されるべきではないでしょうか。

日本M&Aセンターは、成約実績累計7,000件超で業界実績No.1のM&A仲介企業です。127万社という数字にはまだまだ及びませんが、1社でも多くの企業存続を目指して努力を続けています。
小さな出会いで、企業の未来は大きく変わります。
大切にしてきた想いも次世代に残り、生き続けることができます。

日本M&Aセンターは、M&Aを通じて、企業の存続と発展に貢献します。

事業承継は第二創業、の時代へ

事業承継は第二創業、の時代へ

多くの中堅企業は、飛躍的な成長を遂げたいと考えています。しかし自助努力での成長では競争に勝てない。新しいビジネスモデルを再構築していく、マーケットを拡大する、など新たな施策を実施しない限り、成長は見込めません。
このような状態の企業が世代交代期を迎えたとき、単純に親から子へ経営を引き継いでも、「飛躍的な成長」を生み出すことは難しいでしょう。
親族が事業を継ぐときにも、更なる成長へとつながる打ち手を行うケースが増えています。

M&Aで経営をつなぎ、成長する未来へ

M&Aで経営をつなぎ、成長する未来へ

M&Aは、いわば結婚と同じです。
会社と会社が出逢うことで、新たな未来を築いていくことができるのがM&A。それをより多くの皆様に知っていただき、新たな成長の機会へとつなげていただきたいと考えています。

つなぐ力、こたえる情熱。
私たち日本M&Aセンターは、全員がこの言葉を胸に全国いつでもサポートします。

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。