海外・クロスボーダーM&A(海外進出・拡大/再編・撤退)

クロスボーダーM&Aは、海外進出・拡大はもちろん、撤退・移転などの手法としても使われ、中堅・中小企業においても活用が広がっています。
日本M&Aセンターは、クロスボーダーM&Aでも支援実績多数。 ASEAN主要5か国(シンガポール、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシア)の拠点を中心に、 グローバルな現地ネットワークと専門チームの知見を生かしてサポートします。

クロスボーダーM&Aとは

クロスボーダーM&Aとは、国境を越えて行われるM&Aです。
譲渡企業もしくは譲受企業のどちらかが海外企業である場合や、対象事業が国境を越えて買収される場合などがあります。
日本においては、国内企業による海外企業買収を「In-Out型(アウトバウンド型)」、海外企業による国内企業買収を「Out-In型(インバウンド型)」といいます。

海外M&A案件(売却・事業承継案件)

譲渡・売却を希望する、海外の最新M&A案件をご紹介しています。

  • NEWNo.13155

    電子部品・機械器具製造
    地域
    海外
    売上高
    100億円~

    ・ホールディングスを含む計7社の譲渡 ・7社は、海外の複数国に点在する(ホールディングスも海外) ・日系企業との取引が大部分を占める

  • NEWNo.13171

    電子部品・機械器具製造
    地域
    海外
    売上高
    100億円~

    ・アジアを中心に広域に販路を持つ ・半導体部品の専門商社

  • NEWNo.13173

    化学製品製造(製薬・トイレタリー除く)
    地域
    海外
    売上高
    100億円~

    ・無機工業薬品のある製品群において業界トップレベル ・製品の販売は15ヶ国超に及び、国外への輸出が売上の40%を占める

  • NEWNo.13333

    化粧品・トイレタリー製造
    地域
    海外
    売上高
    10億円~20億円

    ・社内に研究開発チームを所有しており、顧客の為に独自の調合法を開発している。 ・20カ国以上に商品を輸出している。

  • NEWNo.13331

    食品小売・コンビニ
    地域
    海外
    売上高
    5億円~10億円

    ・自社ブランド製品の卸が、売上の大半を占める。 ・大手企業に製品を直卸している。

  • NEWNo.13348

    会計事務所
    地域
    海外
    売上高
    2億円未満

    アメリカと日本の架け橋となることが可能 アメリカ進出に向けての支援に特化

  • NEWNo.13610

    電気・機械専門卸
    地域
    海外
    売上高
    2億円~5億円

    ・エンドツーエンドでの対応が可能 ・優良顧客および仕入先持つ

  • NEWNo.13620

    食品卸
    地域
    海外
    売上高
    10億円~20億円

    ・自社ブランドを含む、乳製品を柱とした多彩な製品ラインナップ ・ハラル認証を取得したサプライヤーから仕入れている ・複数ブランドの独占販売権を保有

  • NEWNo.13639

    倉庫・その他運輸関連サービス
    地域
    海外
    売上高
    5億円~10億円

    優良顧客保有。口コミにて受注できている。

  • NEWNo.13686

    総合・その他専門卸
    地域
    海外
    売上高
    20億円~50億円

    ・国内市場にて大きなマーケットシェアを持っている。 ・優良顧客を持ち成長中。

  • NEWNo.13737

    人材派遣・紹介
    地域
    海外
    売上高
    10億円~20億円

    ・対象会社所在国において高いプレゼンスを誇る ・売上の大半を占める外資メーカーの製造工場が求める人材について熟知している ・SNS活用や営業所での採用活動で効率よく人材を集めている

  • NEWNo.13782

    インターネット関連サービス
    地域
    海外
    売上高
    2億円~5億円

    ・今まで5,000社以上にサービスを展開 ・顧客の50%以上が継続顧客

希望に沿う案件をご紹介

海外・クロスボーダーM&Aの目的・メリット

海外の新しい市場や地域への進出、事業拡大を目指す企業がクロスボーダーM&Aを行う場合、次のようなベネフィットが期待できます。

スピーディな事業立ち上げ 既存の事業を引き継ぐため、自社での拠点設立や事業立ち上げよりも素早く進出できる
進出と同時にシェアの獲得 対象企業の顧客やネットワークを取り込み、売り上げを伸ばすことができる
専門人材やリソースの確保 対象企業の知見やノウハウ、専門性のある社員なども取り込むことができる

海外・クロスボーダーM&Aの主な手法

当社が支援するIn-Out型クロスボーダーM&Aでは、以下の手法がよく用いられています。

株式譲渡

株式譲渡は、譲渡企業の株主が保有する株式を譲り受けることで、会社の経営権を移転させる方法です。

比較的シンプルな手法である一方、譲渡企業から会社を丸ごと引き継ぐことになるため、財務や法務、事業など、 さまざまな角度からデューデリジェンスを行って、買収に適した企業かどうかを慎重に検証することが大切になります。 また、国や業種ごとに外資規制が設けられている場合があるので確認が必要です。

事業譲渡

事業譲渡は、譲渡企業の事業部門の全部または一部を譲り受ける手法です。 必要な部分だけを取得できるメリットがありますが、手続きが煩雑になる点がデメリットと言えるかもしれません。

また、対象事業を既存の法人(現地法人など)で譲り受けるか、新会社を設立するかなど、どの法人で譲り受けるかも検討する必要があります。

海外・クロスボーダーM&Aのニーズ別ご支援

日本M&Aセンターは、海外進出・拡大はもちろん、再編・撤退・移転などを友好的なクロスボーダーM&Aでご支援します。

海外進出と撤退のニーズ別支援
海外進出と撤退のニーズ別支援

海外・クロスボーダーM&Aの流れ(In-Out型)

案件のソーシング(発掘)・マッチング、M&Aの交渉・実行、買収監査から成約まで、ワンストップでサービスをご提供します。

  1. 事前コンサルティング

    • 無料個別相談

      クロスボーダーM&Aに対するニーズをヒアリング。疑問や懸念点をクリアにしながら、次の一手をディスカッションします。

    • ノンネームでの案件ご紹介

      ニーズにマッチした候補企業がある場合、ノンネーム(匿名)での案件情報をご紹介させていただきます。
      日本M&Aセンターグループは、ASEANを中心に、質の高いM&A案件情報を豊富に収集しています。

  2. クロスボーダーM&Aサービス(マッチング)

    • 候補企業の選定

      秘密保持契約をご締結いただいたのち、候補先となる企業についてより詳しくまとめた「企業概要書」でご検討をいただきます。

    • 買収ニーズに基づいた案件のソーシング(オプション)

      貴社のM&A戦略やニーズに基づいて、候補先となる企業をリストアップしてアプローチすることが可能です。
      ご縁を待つだけではなく、積極的に海外での買収を検討したい企業様におすすめです。

    • 現地視察・トップ面談

      実際に現地に対象企業を訪問し、会社の様子や経営者の人柄に接していただきます。
      円滑にコミュニケーションをとれるよう、日本M&Aセンターが事前準備をしっかりと行い、現地までアテンドします。

  3. クロスボーダーM&Aサービス(交渉・成約)

    • 条件交渉・基本合意書の締結

      買収価格や提携スキーム、支払い条件などに加え、買収後の現経営陣の待遇などの条件を調整し、基本合意契約を結びます。
      相手に伝えにくいことがあっても、当社の専任スタッフが間に入って調整しますので、ご安心ください。

    • 買収監査・最終条件の交渉

      経験豊富なコンサルタントと士業専門家が多く在籍する日本M&Aセンターグループだからこそ、 クロスボーダーM&Aにおいてきわめて重要なデューデリジェンス(買収監査、DD)から、最終条件の交渉までをしっかりとサポートできます。

    • 決済の実行

      決済の実行までご支援し、スムーズなPMI(買収後の統合)の開始をサポートします。

日本M&Aセンターグループのグローバルネットワーク

海外進出と撤退のニーズ別支援
全世界に広がるM&Aネットワーク

日本M&Aセンターは、ASEAN主要5か国に拠点を設け、現地の金融機関や会計事務所とのM&Aネットワークを拡大しています。
世界最大級の独立系M&Aアドバイザリー企業の協会「World M&A Alliance」を通じて、世界各地のM&Aブティックとも連携を拡大しています。

日本M&Aセンターが選ばれる理由

法令や商習慣、事業環境などが異なる海外だからこそ、M&Aアドバイザーには豊富な実績と知識・ノウハウが必要です。
専任コンサルタントと士業専門家が「最高のクロスボーダーM&A」をワンストップでご支援いたします。

海外進出と撤退のニーズ別支援
2023年 日本企業とマレーシア企業のM&A成約式の様子

ミドルマーケットに特化した中立的な専門チーム

日本M&Aセンターは、1991年創業、友好なM&Aで中堅・中小企業に貢献し続ける業界パイオニア企業です。 クロスボーダーでも「最高のM&A」で企業の存続と発展に貢献します。

海外M&A案件を成功に導くソーシング力

国内外の拠点を中心に、どこよりも強力なM&A情報網を築くことで、幅広い案件の発掘を実現しています。 また、独自の案件化プロセスによって、質の高い案件を厳選。「最高のM&A」のカギであるマッチングにこだわっています。

ギネス世界記録™認定※ 成約実績No.1のM&A総合企業

日本M&Aセンターは、「M&Aフィナンシャルアドバイザリー業務の最多取り扱い企業」としてギネス世界記録™に3年連続で認定されました。 創業以来33年間で中堅・中小企業のM&A実績は9,000件超を誇ります。
※ギネス世界記録™:2022年M&Aフィナンシャルアドバイザリー業務の最多取り扱い企業(2023年10月認定)

クロスボーダーM&A事例インタビュー

当社がクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいた事例を、経営者様へのインタビュー形式でご紹介します。

M&A事例インタビュー一覧

ダウンロード資料

クロスボーダーM&Aに関するニュース

日本企業によるクロスボーダーM&Aに関する最新のニュースをピックアップ

ニュース一覧

ASEANクロスボーダーM&Aについて動画で解説

当社の専門コンサルタントが、ASEANでのクロスボーダーM&Aを国別に分かりやすく解説しています。

ASEAN クロスボーダーM&A国別留意点

各国のM&A検討における留意ポイントを解説しています。

サービス

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。