日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

最高のM&Aとは

The BEST of M&A

M&Aのゴールは、“成約“
ではありません。

最高のM&Aとは、人の結婚と同じように一緒になって幸せになれる相手と巡り合うことであり、
お互いの会社が敬意と同じビジョンを持って新たなステージへ進み成長していくことこそ、M&Aのゴールです。

M&Aのゴールは、“成約“ではありません。

会社を譲る経営者にとっては、我が子のような会社や社員が更に輝いていくための最後の大仕事。
会社を譲り受ける経営者にとっては、大切に育くまれてきた歴史を迎え入れ、新しい一歩を踏み出す門出の時。

経営者はもちろん、家族や従業員、取引先など全ての人が幸せになるために、成約の“先“まで見据えたM&A。
そんなM&Aを、私たちは「最高のM&A」と呼んでいます。

M&Aを成功に導く
4つの力

常に「最高のM&A」へつづく道を模索してきた私たち。
この4つの力が、日本M&Aセンターの結論です。

会社を理解する力

01会社を理解する力

中小企業M&A支援27年目

専門家による公正な分析はもちろん行いますが、それだけではありません。
経営者がどんな想いでこれまで歩んできたのか、これからどうしたいのかを一緒になって紐解いていきます。その中で、経営者の方も気づかなかった自社の強みが見つかることがよくあります。
私たちは、中小企業をメインにM&A支援を行って27年目。この歴史の中で様々なドラマを経験し、ノウハウを蓄積してきたからこそ、あらゆる想いを受け止められるのです。
近年は、業界におけるデファクトスタンダードとして、M&Aの普及活動にも尽力。M&A資格制度の運営(20,000名以上が保有)、地方銀行や会計事務所からの出向者受け入れ(累計約240名)など、当社のノウハウを惜しみなく提供し、M&Aで活躍する方々を応援しています。

詳しく見る

02課題を分析する力

成約実績累計4,000件

年間成約支援数 649 件

M&Aを進めていくと、いろんな課題にぶつかります。そんなときも、当社のコンサルタントはお客様と一緒に二人三脚で乗り越え、希望を実現する努力を最大限行います。「中小企業の存続と発展をサポートしたい」。そんな思いの私たちにぜひお任せください。
また約30名の士業専門家によるサポートチームを組織しているのは、日本M&Aセンターならでは。コンサルタント約300名の組織力も合わせて、あらゆる課題を未然に防ぐノウハウがあります。

詳しく見る
課題を分析する力
お相手とつなぐ力

03お相手とつなぐ力

全国地方銀行の9割

信用金庫の8割

会計事務所710と提携

M&Aの命ともいえるマッチング。地理・業界・規模などの条件だけで可能性を狭めてしまうと、本当に高いシナジーを生む相手に巡り合えないかもしれません。妥協のないM&Aのため、先入観に縛られない広い視野と膨大な情報をもってあらゆる選択肢を追求します。
私たちは、東京・大阪・名古屋・福岡・札幌・中四国・沖縄・シンガポールの8拠点体制で、さらに全国の様々な機関と連携し、業界最大級のネットワークを構築。これまで培ったデータベースも活用した圧倒的な情報量をもって、すべての選択肢を検討します。

詳しく見る

04未来を創造する力

成約後のフォロー

私たちが目指すのは「最高のM&A」。そのために重要視しているのが「未来の創造」です。双方の経営者・従業員・取引先などあらゆる関係者が前向きに歩んでいけるM&Aをご提案し、PMI(成約後の統合)についても独自の手法を提唱しています。

「1社でも多くの中小企業が存続し発展してほしい」。そうした思いから地道に実績を積み重ねるとともに、豊富なノウハウを生かして官公庁の中小企業施策に協力するなど、社会の公器としての役割も担ってきました。これからも、M&Aを通じて“企業の未来の創造”そして“社会の未来の創造”に貢献していきます。

詳しく見る
未来を創造する力

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。