最高のM&Aとは

The BEST of M&A

M&Aを“成約”させる時代から“成功”させる時代に
-日本M&Aセンターが目指す
“最高のM&A”とは?-

“最高のM&A”とは、成約の先の
「成功」を実現するM&A

M&Aは、よく会社同士の結婚に例えられます。
人の結婚と同じように、一緒になって幸せになれる相手との巡り合い、
お互いの会社が敬意と同じビジョンを持って新たなステージへすすみ、成長を目指していくことがこれまでのM&Aでした。

日本M&Aセンターが目指すのは“最高のM&A”です。
もうM&Aを成約させるだけの時代は終わり、M&Aを成功させる時代に変わってきています。
経営者はもちろん、家族や従業員、取引先など全ての人が幸せになるために
成約の先の、成功までを見据えた“最高のM&A”の実現をグループで目指しています。

お客さまと歩んできた30年の歴史

日本M&Aセンターは、2021年4月で創業30年を迎えます。
M&A黎明期より、M&Aのリーディングカンパニーとして
多くの中小企業が抱える事業承継問題を解決するため
業界最多となる7,000件を超えるM&Aを実現してまいりました。

お客さまと共に歩み、M&Aを成功に導いてきた4つの力をご紹介いたします。

M&A・事業承継 無料相談 お申込み

無料相談のお申込み

最高のM&Aを実現する4つの力

常に「最高のM&A」へつづく道を模索してきた私たち。
この4つの力が、日本M&Aセンターの結論です。

会社を理解する力
01

会社を理解する力

中小企業M&A支援30年目

常にお客さまに寄り添い、理解に努め続けた30年間

財務諸表の数値だけでは、会社の価値を測ることはできません。
「最高のM&A」の成功の秘訣は、想いを共有でき、会社の価値を分かってくれるお相手との巡り合いです。
そのための第一歩として、日本M&Aセンターがお客さまの会社の価値を十分に理解することに尽力しております。

事業承継などで悩んでいるお客さまと出会い、M&Aのノウハウが蓄積されたM&A仲介の業歴30年の中で、M&Aのデファクトスタンダードを構築してまいりました。近年では、ご自身の会社を理解していただくためのツールとして、取引事例法を用いた会社価値算定方法をリリースするなど、適正な会社価値の算定に力を注いでいます。

またM&A業界発展のため、M&A資格制度の運営(30,000名超が保有)、地方銀行や会計事務所からの出向者受け入れ(常時約30名)など、日本M&Aセンターのノウハウを惜しみなく提供し、M&Aで活躍する方々を応援し、ご自身の会社の正しい価値をご理解いただくことに尽力しております。

詳しく見る
02

課題を分析する力

M&A成約実績累計7,000件超

M&A年間成約実績914件

国内最多のM&A実績を実現するM&A専門チーム

M&Aをすすめていく過程で、さまざまな課題にぶつかります。
日本M&Aセンターでは、専任のコンサルタントがお客さまと二人三脚で課題を乗り越え、「最高のM&A」を実現するために全力を尽くし、M&A専門チームが充実したサポートを行います。

M&Aは、お客さまの案件ごとの業界・人生観・事情などが大きく異なり、定型化ができない仕事です。
その中で発生する課題も高度で多岐にわたるため、高度なスキルの経験を有する専門家が、それぞれのプロジェクトをしっかりとチェックすることが必要不可欠です。

そのような特徴あるM&A業界にあって、日本M&Aセンターは、国内最多となるM&A成約件数を実現してまいりました。
お客さまに満足いただくため、M&Aをすすめるチーム編成も国内最高水準で、約30名の弁護士や公認会計士などの士業専門家、コンサルタントは530名超と、あらゆるお客さまの課題に対応できる体制を構築しており、常にお客さまの課題を分析し、解決するよう努めております。

詳しく見る
課題を分析する力
お相手とつなぐ力
03

お相手とつなぐ力

全国地方銀行の9割

信用金庫の8割

会計事務所988と提携

M&A業界最大級のネットワークと圧倒的なマッチング力

「最高のM&A」を達成するための命ともいえるのが、売り手企業と買い手企業を結びつけるマッチングです。
売り手企業様にとって最高のお相手を探し当てることこそ、最高のM&Aを実現するために最も重要なことです。

これまで日本M&Aセンターでは、業界最多のM&A実績がありますが、その源泉となっているのが、地域・業界・企業規模にとらわれない圧倒的なマッチング力にあります。
最終的には、お客さまに寄りそっている専任コンサルタントが最もシナジーを生むことができるお相手をお探しする形となりますが、過去の成功したM&Aの中からAIも駆使して候補選定が行われるなど、質・量ともに業界最高水準のマッチングを提供しております。(会社の売却先が、オンラインで1分でシミュレーション可能な、会社売却シミュレーション(M-Compass)というサービスも提供しております。)

この圧倒的なマッチング力の背景にあるのが創業以来続いている業界最大級のM&Aネットワークです。日本M&Aセンターでは、307の地域金融機関(全国の地方銀行の9割、信用金庫の8割)、988の会計事務所、大手金融機関(メガバンク、大手証券会社)、商工会議所(東名阪など全国)やベンチャーキャピタルなどと連携。
日本M&AセンターのWebサイトでも豊富なM&A案件一覧をご紹介しておりますが、この全国を網羅するM&A情報ネットワークこそ、日本M&Aセンターの高い成約率を支える基盤となっており、今や日本の「M&A情報プラットフォーム」と呼べるほどの規模になっています。

詳しく見る
04

未来を創造する力

成約後のフォロー

M&Aで重要なのは成約後、M&A成功の鍵はPMIに

「最高のM&A」を完成させるために必要なことは、M&A成約後に統合で、よい成果が出ることです。
統合の成果を生み出すまでの手順を「PMI(M&A後の統合)」といい、M&Aを実行した後の経営統合・文化の統合・人事交流など、2つの企業が本当の意味で1つになるまでの取り組みを意味します。

日本M&Aセンターでは、このPMIこそ、「最高のM&A」を実現するためのプロセスの中で重要で、M&Aの真髄であると考えており、M&A成約後のアフターサービスに全力を尽くしております。

実際にPMIの取り組みとして、売り手企業と買い手企業の2つの企業が紡ぐ新しい未来の門出を祝う「M&A成約式」の実施や売り手企業の経営者様のこれまでのご経歴をはじめとする人生を小冊子にまとめた「経営者の雑誌」の制作など、M&A成約後の成功を実現するために必要なことを最大限サポートしております。

また、日本M&Aセンターグループでは、PMIを専門的に取り扱う会社を有し、M&Aの成約からその後のお客さまの未来を総合的にサポートし、「最高のM&A」を実現できる環境が整っております。

詳しく見る
未来を創造する力

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。