コラム

「しずおか経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第四弾

事業承継
更新日:

⽬次

[表示]


日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。

国内7ヶ所(東京・大阪・名古屋・福岡・広島・北海道・沖縄)に営業拠点を構えるほか、2023年から「地方創生プロジェクト」として新潟、宮城、茨城において、より多くの経営者様の課題解決に向けご支援を行っています。

地方創生プロジェクトの第四弾となる「しずおか経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きました。

しずおか経営相談窓口がスタートする背景

近藤: 帝国データバンクの調査(※1)によると、静岡県の後継者不在率は51.9%と、県内の半数以上の会社で「後継者がいない、もしくは未定」の状況です。

静岡県は全国上位の人口数を誇ります。一方で大都市圏へのアクセスが良いこともあり、若者を中心とした人口流出が進んでいる点が、後継者問題の要因の一つになっています。
2023年の人口動態調査(※2)によると静岡県の人口流出数は全国で3番目です。

静岡県は自動車関連、楽器、食品、観光など、静岡ならではの特色ある産業を豊富に抱えている点、好立地である点から全国の企業から注目が集まり、年々M&A件数も上昇しています。

しかし、後継者不在による倒産も少なくなく、我々がご支援出来ていない企業様も多くございます。

加茂: 多様な産業を持ち、独自の文化で発展してきた静岡県ですが、経営者の高齢化、若者の人口流出が進み、経済成長の過渡期を迎えています。

M&Aが後継者問題の解決、生産性の向上を実現する有効な手段である事を、静岡の経営者様に広く知っていただき、歴史ある静岡の産業を次世代につなぐために、しずおか経営相談窓口を設置することとなりました。

※1)帝国データバンク「全国『後継者不在率』動向調査」(2023年)
※2)総務省「人口動態調査、北陸・甲信越・東海の市区町村別の日本人と外国人の人口」(2023年1月1日時点)

しずおか経営相談窓口のメンバー紹介

今回スタートする「しずおか経営相談窓口」の担当コンサルタントをご紹介します。
常時皆さまのお近くでご相談に対応いたしますので、お気軽にお問合せください。

日本M&Aセンターは中小企業庁のM&A支援機関登録制度に登録しているM&A仲介会社です。 経営・事業承継に関するご質問・ご相談を予約制で承ります。また、直近3期分の決算書をお持ちいただければ、譲渡価額の目安がわかる簡易診断を無料で実施いたします。

しずおか経営相談窓口専属コンサルタント① 近藤 直人

しずおか経営相談窓口コンサルタント
近藤: 私は農林中央金庫での融資業務を経て、日本M&Aセンターに入社しました。主に、譲渡を検討されている企業様のご支援を行っています。

M&Aは業界によっても企業様のニーズや条件など事情が異なります。私はこれまで建設、製造、アパレル、運送、農林関連、小売、通信、派遣、ガス業など、多様な業界のお客様のM&Aをご支援してまいりました。

「M&Aは地域を元気にする優れた手段」であるとの想いから、全国各地のM&Aに関わってまいりましたが、このたびご縁あり、静岡の皆さまのお近くでよりスピーディーに経営課題解決に貢献していきたいと考えます。

しずおか経営相談窓口専属コンサルタント② 村上慧

しずおか経営相談窓口コンサルタント

村上: 私は大学卒業後、日本M&Aセンターに入社し、主に、首都圏、東海地方を中心に、会社の譲渡を検討されているお客様、譲受けを検討されているお客様双方のご支援を行ってまいりました。

当社が対応するM&Aは、後継者不在による事業承継型にとどまらず、スタートアップ企業のエグジットから、上場企業の海外M&Aなど多岐にわたります。

入社以来、こうした幅広い領域で、M&Aを通じてお客様の経営課題の解決を行ってまいりました。静岡にて多くの経営者の皆様とお会いできることを、心待ちにしています。

しずおか経営相談窓口専属コンサルタント③ 加茂翔太

しずおか経営相談窓口コンサルタント

加茂: 私は大学の卒業研究の中で、日本の後継者問題、生産性の低さに課題を感じたことをきっかけに、日本M&Aセンターに入社しました。

経営者の皆様に、事業承継や会社を成長させる選択肢としてM&Aを検討していただくべく、年間数百社以上の企業様にご提案を行っております。

今回ご縁あって、地元静岡に貢献できる機会をいただき、嬉しく感じると同時に身の引き締まる思いです。どうぞよろしくお願いいたします。

しずおか経営相談窓口専属コンサルタント④ 堀江一輝

しずおか経営相談窓口コンサルタント

堀江: 私は静岡県藤枝市出身です。大手ハウスメーカーや他のM&A仲介会社を経て当社に入社しました。同業である前職で得た知見を活かし、主にヘルスケア領域や建設業のお客様のM&Aをサポートしております。

生まれ育った地元で子育てがしたいという思いから、今も静岡市内に住んでおります。自然が豊かで温暖な気候であり、子供がのびのびと成長できる環境が静岡にはあります。
また、都心に新幹線通勤をしている方も多いことから、それだけ静岡県には魅力があると考えます。

しずおか経営相談窓口を通じて、1社でも多くの県内企業の経営者様の課題をM&Aで支援し、更なる企業成長、静岡の発展に貢献できれば幸いです。

しずおか経営相談窓口、あなたのそばに。いつでもご相談下さい。

しずおか経営相談窓口専属コンサルタント⑤ 小林 怜央

しずおか経営相談窓口コンサルタント

小林:私は、前職の大手銀行時代に様々な経営者様と向き合う中で、日本の事業承継問題の深刻さを目の当たりにしました。当社に入社後は東海エリアを中心に、M&Aを通じて多くの会社の事業承継問題を解決してきております。

入社以来「地元である静岡県をM&Aによりもっと魅力溢れる県にしたい」と思っておりました。そしてこの度、様々な巡り合わせの中でこのような機会を頂きました。

静岡県の皆様とお会いし、色々なお話ができることをとても楽しみにしております。

しずおか経営相談窓口へのご相談について

Q. 相談費用はいくらかかる?

村上: ご相談は、無料で受け付けております。ご相談は何度でも無料です。

「本格的にM&Aでお相手を本格的に探す」というお気持ちがかたまった段階で、当社と提携仲介契約を締結、その時点で費用が発生します。

当社に仲介をご依頼いただく場合の費用について

M&Aにかかる費用など不明点、疑問点など詳しくはご相談時にお尋ねください。

Q.相談の申込み方法は?

堀江: ご相談は予約制で受け付けております。以下専用のお問合せフォームをご利用ください。
担当者より折り返しご連絡差し上げ、日時などご希望を承ります。

コンサルタントとの面談時には、どのようなお相手が候補に挙がる可能性があるのか、近しい事例や最新動向を交えてご紹介します。ご相談は無料・秘密厳守で対応致しますのでご安心ください。

Q.誰が相談できる?

加茂: 静岡内の中小企業の経営者様や、そのご家族の方、関係者様からのご相談を想定しております。もちろん隣接する地域の方、会社の譲受けを検討してらっしゃる方からのご相談も受け付けております。

Q.どんなことが相談できる?

小林:譲渡をご検討される経営者様にとって、M&Aは「初めての事尽くし」である場合がほとんどです。そのため、よく以下のようなご相談をお寄せいただきます。

- 子供や従業員に会社を継がせるべきか、M&Aが最適なのか判断したい
- どういう会社に譲渡できる可能性があるのか知りたい
- M&Aをするとしたらいくらになるのか、譲渡価額の目安を知りたい
- M&Aにかかる費用、流れを知りたい
- 日本M&Aセンターと他の仲介会社の違いを知りたい

ご自身の中のM&Aに対する不明点や疑問、不安を解消し、次への一歩を踏み出すために、ぜひ無料相談をご活用ください。ご相談は秘密厳守で対応しますのでご安心ください。

また、直近3期分の決算書をお持ちいただければ、譲渡価額の目安がわかる簡易診断を無料で実施いたします。

当社の無料個別相談について

近藤: ご相談は静岡県内を中心にご希望の時間、方法(対面や電話、オンラインでのミーティングなど)に合わせて対応いたします。

ただ、M&Aという重大な経営判断だからこそ、可能であれば対面でのご相談をお勧めします。

お客様から「東京からわざわざ相談に来てもらうのは気が引けて、なかなか相談しづらい」という声をよく耳にしますが、我々は静岡県の皆さまのお近くにいますので、そのようなご心配は不要です。どうぞお気軽にご相談ください!

しずおか経営相談窓口では、 経営・事業承継に関するご質問・ご相談を予約制で受け付けております。無料・秘密厳守で対応致しますのでご安心ください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業承継・M&A・地域別M&A」に関連するコラム

九州のM&A事情とは?経営者の動き、最近の傾向を解説

M&A全般
九州のM&A事情とは?経営者の動き、最近の傾向を解説

全国津々浦々、各地域に精通したコンサルタントによる「ご当地M&A解説」第1弾は九州編です。※本記事では動画(2022年8月撮影)の内容を抜粋・編集してお届けします。ひと括りに語れない、九州のビジネス久力:今回は九州のM&Aをテーマにお届けしたいと思います。早速ですが、まず九州の特徴についてお願いします。瀬戸:はい。九州は「日本の1割経済」と言われています。人口や面積が日本の約11%くらい、GDPは

「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

事業承継
「いばらき経営相談窓口」がスタート!日本M&Aセンターの地方創生プロジェクト第三弾

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援してまいりました。創業33年を迎える2024年4月、いばらき経営相談窓口がスタートします。地方創生プロジェクトの第三弾となる「いばらき経営相談窓口」について、担当コンサルタントに話を聞きました。会社の経営・事業承継に関するご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。いばらき経営相談窓口

著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

広報室だより
著者インタビュー!『社長の決断から始まる 企業の最高戦略M&A』

日本M&Aセンターは、書籍『社長の決断から始まる企業の最高戦略M&A』を東洋経済新報社より発売しました。著者の柴田彰さんに、発刊の経緯と本書に込めた想いを聞きました。M&Aしかないとわかっていても、踏み出せない理由――本書は、経営者が押さえておくべき経営戦略の一つとして、M&Aの特に「譲渡」に特化した書籍です。なぜこのテーマで本を出そうと思われたのですか。日本には二つの大きな課題があります。一つ目

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

事業承継
福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

左からマーケティングディレクター・鳥越浩暉、宮城専属コンサルタント・松本樹日本M&Aセンターは「にいがた経営相談窓口」に続き、宮城県の経営者の皆様に向けて「みやぎ経営相談窓口」を開設。そして、さらにその存在を多くの方々に届けるべく、11月30日からテレビCMの放映をも開始しました(放映局:仙台放送)。本テレビCMの企画者である日本M&Aセンター・マーケティングディレクターの鳥越と日本M&Aセンター

「みやぎ経営相談窓口」始動!宮城の事業承継に対する想いに迫る

事業承継
「みやぎ経営相談窓口」始動!宮城の事業承継に対する想いに迫る

マーケティング部宮城チーム(左から齋藤浩喜、陽修明、松本樹、縄田佳介)日本M&Aセンターは「にいがた経営相談窓口」に続き、宮城県の経営者の皆様に向けて「みやぎ経営相談窓口」を開始します。本プロジェクトを推進する営業本部マーケティング部に、プロジェクトの背景、込められた想いについて聞きました。@cv_button@sitelink「みやぎ経営相談窓口」の背景①宮城県の産業・経済動向についてーはじめに

「事業承継・M&A・地域別M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「事業承継・M&A・地域別M&A」に関連するM&Aニュース

AlphaDrive、SocialDesignよりコミュニティ・パークcoconovaを事業承継

株式会社AlphaDrive(東京都千代田区)は、2024年7月1日付で、株式会社SocialDesign(沖縄県名護市)より、コミュニティ・パークcoconovaの事業を承継した。また、AlphaDriveの新たな地域拠点である「琉球アルファドライブ」を沖縄県名護市に設立した。AlphaDrive及びAlphaDriveグループは、中核企業・中小企業の新規事業開発・新商品開発支援、スタートアップ

ゆこゆこHDとゆこゆこ、全事業をジャパネットHDの新設子会社に承継

ゆこゆこホールディングス株式会社(東京都中央区、以下「ゆこゆこHD」)および株式会社ゆこゆこ(東京都中央区)に関わる全事業は、株式会社ジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市、以下「ジャパネットHD」)が新設した完全子会社に吸収分割方式で、2024年7月1日に承継された。今後はジャパネットグループのもとで、ゆこゆことして事業を継続する。ゆこゆこHDは、宿泊予約事業、温泉メディア事業、広告事業を

ハイテクインター、子会社のユニバーサルシステムズを吸収合併

ハイテクインター株式会社(東京都渋谷区)は、100%子会社である株式会社ユニバーサルシステムズ(東京都府中市)を、2024年7月1日付で吸収合併することを決定した。ハイテクインターを存続会社、ユニバーサルシステムズを消滅会社とし、ユニバーサルシステムズの事業全てをハイテクインターに承継する。ハイテクインターは、産業用ネットワークと映像通信のプロフェッショナルとして、セキュリティ映像とラストワンマイ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース