コラム

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
更新日:
理想の買い手企業が見つかります。会社売却先シミュレーションM-Compass。シミュレーションする

⽬次

[表示]

事業承継・引継ぎ補助金
本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。
※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。

事業承継・引継ぎ補助金とは

事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。

具体的には、事業再編、事業統合を含む事業承継やM&Aを契機として、経営革新等の取り組みや、M&Aによる経営資源の引継ぎ、廃業・再チャレンジを目指す中小企業者等に対し、取り組みに必要な経費の一部補助を行います。

事業承継・引継ぎ補助金のポイント

本補助金の主なポイントは、以下の通りです。

①補助の対象・取組みごとに3事業が設定されている

本補助金は「①経営革新事業」「②専門家活用事業」「③廃業・再チャレンジ事業」の3つで構成されています。「③廃業・再チャレンジ事業」は、「①経営革新事業」「②専門家活用事業」との併用申請が可能であり、M&Aへの取り組み後に廃業した際には「③廃業・再チャレンジ事業」単独での申請が可能になります。

②M&A支援機関登録制度に登録した事業者が支援したものに限られる

専門家活用事業において委託費のうち、FA業務又はM&A仲介業務に係る相談料、着手金、成功報酬等における「中小M&Aの総合的な支援に関する手数料」に関しては、 M&A支援機関登録制度に登録されたFA・M&A仲介会社が支援したものに限り、補助対象経費となります。FA・M&A仲介費用以外の経費に関しては、事務局が認めたものが補助対象になります。

日本M&AセンターはM&A支援機関制度に登録されたM&A仲介会社 です。本補助金やM&Aについてご質問等ありましたらお問合せください。ご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。

③各事業において、加点事由が設定されている

例えば「①経営革新事業」では、交付申請時点で『健康経営優良法人』であること。」「経営力向上計画または経営革新計画の承認を得ていること。」等が、代表的な加点事由になります。その他の加点事由については、各事業の公募要領をご確認ください。

参考:「事業承継・引継ぎ補助金ウェブサイト」

事業承継・引継ぎ補助金が創設された背景

事業承継・引継ぎ補助金の創設された背景などについて、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐(※取材当時)にお話を伺いました。

ーまず、日本の事業承継の状況について教えてください。

「我が国において、経営者の高齢化が年々進んでいます。こうした中、事業承継の取組も盛んに行われており、後継者不在率は改善傾向にありますが、依然として高い水準にあります。国は2018年度以降、事業承継を後押しするため事業承継時における相続税と贈与税負担を実質ゼロとする税制措置を講じてきました。ただ新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により、2020年には税制の優遇措置を活用する件数が前年に比べて月平均で2割以上減り、中小企業が継承時期を後ろ倒しする傾向がみられます。」

「後継者不在の中小企業はたとえ黒字経営であっても、休廃業を選択せざる得ない状況があります。2020年の廃業等は過去最多の約5万件を記録し、また廃業事業者のうち黒字廃業の比率は6割以上で推移しており、これまで中小企業が蓄積してきた貴重な経営資源が失われている状況です。そのため中小企業の経営資源散逸を回避する手段の一つとしてM&Aの重要性が高まっています。」

中小企業庁

「また、例えばM&Aを実施した企業は実施していない企業に比べて、労働生産性や業績が高いという調査結果もあり、M&Aは中小企業の生産性向上のための重要な手段の一つにもなっているといえます。これまで中小企業のM&Aは右肩上がりで増加してきており、足下では年間3~4千件程度実施されていると認識しています。しかしながら、中小M&Aの潜在的な譲渡側は約60万社との試算もあり、中小企業が円滑にM&Aを行える環境を整備することが求められています。」

「今回の事業承継・引継ぎ補助金は幅広い費用に対応し、廃業を伴うケースにおいても廃業費を補助対象とするものとなっています。M&Aをする前段階で、民間の仲介事業者などの支援を受ける専門家活用費用を補助する『専門家活用』の類型と、M&A後に経営革新のため新事業の展開や生産性向上を図るための費用を補助する『経営革新』の類型があります。」

※補足:令和3年度補正予算より、従前の経営革新型・専門活用型に含まれていた事業「経営・再チャレンジ」が、第3の事業として新設された。

事業承継・引継ぎ補助金の申請を検討する方へ

ー最後に、本補助金の申請を検討している方へメッセージをお願いします。

「交付申請の受付開始から問い合わせも多く寄せられており、世の中の関心が高いと感じています。本補助金は、事業統合や事業再編などM&Aに取り組む際、あるいはM&A後の新事業に取り組む際の設備投資や人件費等が対象となります。多くの中小企業や経営者の方々に是非ご検討いただき、本補助金を最大限に活用してもらえればと思います。」

事業承継・引継ぎ補助金(7次公募)の概要

2023年9月15日に事業承継・引継ぎ補助金(7次公募)の公募要領が公表されました。

事業承継・引継ぎ補助金は、補助の対象となる取組内容や経費の種類に応じて、「①経営革新事業」「②専門家活用事業」「③廃業・再チャレンジ事業」の3種類の補助金で構成されています。

「①経営革新事業」はさらに「創業支援型/経営者交代型/M&A型」の3種類、「②事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用事業)」は、「買い手支援型/売り手支援型」の2種類の支援類型が設定されています。

補助金や支援類型ごとに補助上限額等が異なるため、詳細については「事業承継・引継ぎ補助金ウェブサイト」をご確認ください。

①経営革新事業

事業承継やM&A(事業再編・事業統合等。経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等(事業再構築、設備投資、販路開拓 等)への挑戦に要する費用を補助します。

今回の公募より、「同一法人内で承継予定の後継者候補による取組み」も新たに補助対象となります。

① 経営革新事業
補助対象経費 設備投資費用、店舗・事務所の改築工事費用 等
補助率 2/3又は1/2
補助上限 600万円以内又は800万円以内

※一定の賃上げを実施する場合は補助上限を800万円に引き上げ
(補助額の内600万円超~800万円の部分の補助率は1/2)

【支援対象者】
事業承継、M&A(経営資源を引き継いで行う創業を含む)を契機として、経営革新等に挑戦する中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む)

例:「新しい商品の開発やサービスの提供を行いたい」「新たな顧客層の開拓に取り組みたい」「今まで行っていなかった事業活動を始めたい」と考えている方


②専門家活用事業

M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助します。

②専門家活用事業
補助対象経費 M&A支援業者に支払う手数料(※)、デューデリジェンスにかかる専門家費用、
セカンドオピニオン 等

M&A支援機関登録制度に登録されたファイナンシャルアドバイザー(FA)
またはM&A仲介業者によるFAまたはM&A仲介費用
に限る
補助率 2/3又は1/2
補助上限 600万円以内

【支援対象者】
M&Aにより経営資源を他者から引継ぐ、あるいは他者に引継ぐ予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

例:「M&Aの成約に向けて取組を進めている」方、「M&Aに着手しよう」と考えている方

③廃業・再チャレンジ事業

再チャレンジを目的として、既存事業を廃業するための費用を補助します。

③廃業・
再チャレンジ事業
補助対象経費 廃業支援費、在庫廃棄費、解体費 等
補助率 2/3又は1/2
補助上限 補助上限:150万円以内

【支援対象者】
事業承継・M&Aに伴い既存の事業を廃業し、新たな取り組みにチャレンジする予定の中小企業・小規模事業者(個人事業主を含む。)

※再チャレンジの主体は、法人の場合は株主、個人事業主の場合は個人事業主本人となります。
※廃業・再チャレンジ事業は、経営革新事業・専門家活用事業と併用できます。

例:事業の廃業を考えている方

事業承継・引継ぎ補助金の交付申請受付期間


事業承継・引継ぎ補助金(7次公募)の申請受付期間は、「①経営革新事業」「②専門家活用事業」「③廃業・再チャレンジ事業」の3事業ともに、以下の通りです。

申請受付期間:2023年9月15日(金)~2023年5年11月17日(金) 17:00まで

事業承継・引継ぎ補助金の申請方法

事業承継・引継ぎ補助金の申請は「電子申請(Jグランツ)」のみでの受付になります。そのため申請する際にはGビズIDプライムアカウントを取得する必要があります。

アカウント取得には、確認や審査に2~3週間時間を要する場合があるため、余裕をもったスケジュールで手続きされることをお勧めします。

そのほか、詳細については「事業承継・引継ぎ補助金ウェブサイト」をご確認ください。

事業承継・引継ぎ補助金やその他政府支援制度について

以上、事業承継・引継ぎ補助金の概要についてご紹介しました。中小企業のM&Aや事業承継では、本補助金の他にも支援制度が用意されています。

詳しくは専任のコンサルタントまでお尋ねください。ご相談は無料、秘密厳守で対応いたします。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A・中小企業・事業承継・成長戦略・経営者・後継者不在・事業承継補助金」に関連するコラム

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。(※当セミナーは終了しました)IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

M&A全般
中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

「M&A・中小企業・事業承継・成長戦略・経営者・後継者不在・事業承継補助金」に関連するM&Aニュース

日本郵政、主要子会社の不動産管理等に関する業務を日本郵政建築に承継へ

日本郵政株式会社(6178)は、2024年2月26日開催の取締役会において、2024年7月1日を効力発生日(予定)として、会社分割の方法により、子会社である日本郵便株式会社、株式会社ゆうちょ銀行及び株式会社かんぽ生命保険(以下、合わせて「主要子会社」)等に対して行う不動産の管理等に関する業務を、2024年4月1日に設立予定の100%子会社(以下「当該子会社」)へ承継させることを決定した。【子会社の

イトーヨーカ堂、北海道・東北・信越エリアの一部店舗の事業承継等を発表

株式会社イトーヨーカ堂(東京都千代田区)は、北海道・東北・信越エリアの一部店舗について、株式会社ヨークベニマル(福島県郡山市)、株式会社ダイイチ(北海道帯広市)及び食品スーパーロピアを運営する株式会社OICグループ(神奈川県川崎市)と事業承継等に関する契約を締結した。【本件の目的】2023年3月9日に株式会社セブン&アイ・ホールディングスが公表した「中期経営計画のアップデートならびにグループ戦略再

ソフトバンク、WeWork Japanの事業を承継

ソフトバンク株式会社(9434)は、WeWorkJapan合同会社(東京都港区)の事業を、ソフトバンクの完全子会社を通じて承継する。事業承継に向けたプロセスとして、WeWorkJapanは本日、東京地方裁判所へ民事再生の申立てを行うとともに、開始決定を得た。WeWorkJapanはスポンサー型による再生スキームを目指しており、ソフトバンクがスポンサーとなる旨の基本合意書を本日、両社間で締結済み。今

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース