コラム

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより

⽬次

[表示]

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役を務める成長戦略や事業再編の政策とリンクして、M&A市場は活性化しており、件数は年間を通して過去最多を更新するだろう」と話します。2019年に初めて過去最多の4,000件を突破した4,088件を上回るペースとなっています。

M&A市場を牽引する5つの要因

M&Aの件数はコロナ禍で2020年こそ減少しましたが、2019年まで8年連続で増加するなどM&A市場は活発な動きが続いています。吉富編集長は?国内の業界再編?中小企業の事業承継?ベンチャー・スタートアップ企業への出資?投資ファンドによる買収?海外M&Aを挙げ、「5つのドライバーが市場を牽引している」と解説します。 2021年上半期の月別では、1月を除く月で前年同月比を上回る結果となりました。特に今年3月は467件のM&Aとなり、従前の月別で過去最多件数だった2019年4月の419件を大きく更新しました。その他にも今年4月が422件(前年同月比41%増)で、コロナ禍においても経済活動の再開を強く印象付ける数字となりました。

クロスボーダーが2割を占める

マーケット別では、2,128件のうち国内企業同士のM&A(IN―IN)が8割近くを占める一方で、全体の数こそ少ないものの、外国企業がからむクロスボーダーのM&Aも増加しています。外国企業が日本企業を買収するOUT―INは153件(前年同月97件、全体の7%)で56件増加。対して日本企業が海外企業を買収するIN-OUTも323件(同307件、全体の15%)あり、全体の2割程度まで伸びています。吉富編集長は「大手企業の事業ポートフォリオ組み換えによる事業の売買先として海外企業や外資系ファンドが増えている」と分析します。売買の金額面でトップとなった日立の米ITグローバルロジックの買収や、日立金属の米投資ファンドへのTOBによる売却など海外案件が上位を占めるトレンドとなりました。

活況が続くM&A市場

M&A増加の背景にある5つの要因に加えて、DX化やカーボンニュートラルなど潮流の変化とコーポレートガバナンス強化を求める東証の市場再編、新しい成長戦略と事業再編を支援する国の政策もM&Aを加速させる環境をつくり出しています。今年7月の1か月間にも計345件のM&Aがあり、すでに3,000件に届く勢いを見せています。吉富編集長は「足元では、M&Aを活用した中小企業の事業承継支援も待ったなしの状況にあり、引き続きM&A市場の活況は続くだろう」と展望します。新聞紙面やテレビ画面で「M&A」という文字が躍る日数は今後も増えそうです。 出典元:レコフM&Aデータベース。

出典:レコフM&Aデータベース

著者

吉富 優子

吉富よしとみ 優子ゆうこ

M&A専門月刊誌「MARR(マール)」編集長

株式会社レコフデータ代表取締役社長。M&A専門月刊誌「MARR(マール)」編集長。内閣府M&A研究会が創設した「M&Aフォーラム」事務局事業を引き継ぎ、M&A人材の育成を目的とする「M&A人材育成塾」、優れた著作、研究論文を表彰する「M&Aフォーラム賞」などを運営。

この記事に関連するタグ

「M&A・クロスボーダー・中小企業・事業承継・成長戦略・業界再編・海外M&A・経営者・M&Aの歴史と将来」に関連するコラム

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国において、経

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

広報室だより
中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。?買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

広報室だより
IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

日本M&Aセンターは経営者の皆様やM&Aに興味をお持ちの方に向けて、事業承継の問題を解決するM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、たくさんの方々にご参加いただいております。2021年8月23日に美容家のIKKOさんを招いたオンラインセミナー「IKKOさんが聞く『M&Aって何!?』」を開催しました。東京本社にご来社された黒の着物姿のIKKOさんの輝かしいオーラに社員一同は圧倒されました…!今

「M&A・クロスボーダー・中小企業・事業承継・成長戦略・業界再編・海外M&A・経営者・M&Aの歴史と将来」に関連する学ぶコンテンツ

地域別にみる中小企業のM&A動向

地域別にみる中小企業のM&A動向

国内の421万企業のうち99.7%を占める中小企業。地域資源の活用、歴史的背景、立地特性など地域ごとにその特徴も様々です。本記事では、地域別に中小企業のM&A動向について迫ります。全国でM&A件数の圧倒的No.1は?中小企業M&Aの件数は経済活動の規模に比例します。下記の図1は当社におけるM&Aの実績と、「県別の経済活動の規模」を比較したものです。東京を例にとると、グラフ左端が東京の企業が譲渡もし

業界別にみる中小企業のM&A動向

業界別にみる中小企業のM&A動向

現在、あらゆる分野・業種で、大小さまざまな規模のM&Aが行われています。業界再編が進みM&Aが活発な業界や、近年、急激にM&A案件数が増えている業界など、業種や業界によってM&Aの検討のポイントは異なります。本記事では主な業界の現状動向についてご紹介してまいります。医薬品卸・小売業界医薬品卸売・小売という大カテゴリーの中でも、中小企業のM&Aで圧倒的に多く見られる調剤薬局についてご紹介します。調剤

M&Aの歴史と将来展望

M&Aの歴史と将来展望

日本のM&A件数は年々増加しており、2019年に4,000件を超えて過去最高の水準となりました。今、なぜM&Aはこれほど増えているのでしょうか。また、今後M&Aはどのようになっていくのでしょうか。本記事ではM&Aの歴史をひもときながら、現状のM&A市場の理解、また将来のM&A市場についてお伝えしていきます。【~1990年】バブル期に外国企業を買収かつての日本企業では「企業を買収する」という発想は一

「M&A・クロスボーダー・中小企業・事業承継・成長戦略・業界再編・海外M&A・経営者・M&Aの歴史と将来」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

キヤノンITソリューションズ、ベトナム子会社を関東物産に全持分譲渡、持分譲渡契約締結へ

キヤノンマーケティングジャパン(8060)グループのキヤノンITソリューションズ株式会社(東京都港区、キヤノンITS)は、キヤノンITSおよび子会社であるMaterialAutomation(Thailand)Co.,Ltd.が保有するMATVIETNAMCOMPANYLIMITED(ベトナム、MATV)の持分全部を関東物産株式会社(東京都中央区)に譲渡することを決定し、持分譲渡契約を締結した。キ

AppLovin Corporation、Twitter, Inc.のMoPub事業を買収

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovinCorporation(アメリカ・カリフォルニア州、AppLovin)は、Twitter,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Twitter)のMoPub事業を買収する契約を正式に締結した。取得価額は、約10億ドル。AppLovinは、マーケティングソフトウェア開発事業を展開している。Twitterは、ソーシャル・ネットワー

王子ホールディングス、インド北部で段ボール製造販売事業を行うEmpire Packages Private Limitedの株式取得、子会社化

王子ホールディングス株式会社(3861)は、インド北部にある段ボール製造販売会社EmpirePackagesPrivateLimited(インド・チャンディーガル、Empire社)の発行済株式を取得した。取得割合は、80%となる。王子ホールディングスは、産業資材、生活消費財、機能材、資源環境ビジネス、印刷情報メディアをセグメントに事業を展開している。Empire社は、段ボールの製造販売を行っている

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース