コラム

「クロスボーダーM&A」に関連する記事一覧

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

海外M&A

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の杉木です。東南アジアを中心としたクロスボーダーM&Aをお手伝いさせていただいています。本コラムでは、物流・運送業界におけるクロスボーダーM&Aの2024年の展望について、ご紹介していきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支

2024年 物流・運送業界のクロスボーダーM&A

シンガポール投資における2024年のキーワード

海外M&A

日本M&Aセンター海外事業部にて東南アジアを中心に、クロスボーダー案件を担当している長谷川です。今年、20年ぶりの首相交代を控えるシンガポール。本コラムでは、2024年のシンガポール投資を考えるうえで注目したいキーワードについてお話ししていきます。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボー

シンガポール投資における2024年のキーワード

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

海外M&A

日本M&AセンターにてASEANのクロスボーダー案件を手掛けている河田です。日本国内でも多くの件数を誇るIT業界のM&Aですが、最近は海外マーケットへの進出を検討している企業も増えてきております。本記事では、IT業界のクロスボーダーM&Aについて2023年の振り返りと2024年の展望について解説します。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

海外M&A

日本M&Aセンター海外事業部の福島です。マレーシアを中心としたクロスボーダーM&Aのサポートをさせて頂いております。本コラムでは、2023年のマレーシアおけるM&A動向や日系企業の投資の動向を振り返りつつ、2024年の注目市場について所見をまとめました。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロ

マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

日本M&Aセンターの海外拠点紹介 ベトナム編

海外M&A

日本M&Aセンターは2013年4月、海外支援室を設立し、現在はASEAN5拠点(シンガポール・インドネシア・ベトナム・マレーシア・タイ)体制で、友好的なM&Aを通じて、海外進出・海外撤退・日本市場参入のご支援を行っています。今回はベトナム現地法人代表の渡邊に、拠点開設の背景とベトナムM&Aの今について聞きました。2020年2月、ベトナムに現地法人設立ー渡邊さんは、もともとベトナムと接点があったので

日本M&Aセンターの海外拠点紹介  ベトナム編

日本M&Aセンター海外拠点の紹介 インドネシア編

海外M&A

日本M&Aセンターは2013年4月、海外支援室を設立し、現在はASEAN5拠点(シンガポール・インドネシア・ベトナム・マレーシア・タイ)体制で、友好的なM&Aを通じて、海外進出・海外撤退・日本市場参入のご支援を行っています。2019年に拠点が開設された背景、インドネシアM&Aの今について、インドネシア駐在員事務所長の安丸に話を聞きました。インドネシアのM&Aに関わり始めた背景ー安丸さんとインドネシ

日本M&Aセンター海外拠点の紹介  インドネシア編

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

M&A全般

2022年は、地政学リスクに振り回された1年と言えるでしょう。2023年、世界は、日本は、どのような年になるのか。個人的な所感を述べてみたいと思います。※本記事は2022年12月30日に執筆されました。地政学リスクに振り回された世界経済表題の通り、2022年は地政学リスクに大きく左右された1年となりました。年初にはNYダウ平均は36,950ドル超の史上最高値を更新し、GAFAMやテスラなどのテック

2023年の主要トピックス~海外M&A担当者による世界経済予測~

海外M&Aを支える5カ国の現地スタッフ26名が来日

広報室だより

近年増加する海外進出に有効な日本企業による海外M&A。日本M&Aセンターでは、親日で今後も著しい経済成長が見込まれるASEAN地域に5拠点を構えています。このほど入国規制緩和を受けて現地スタッフ26名が来日し、所属の垣根を越えて相互に理解を深めました。拡大する海外拠点コロナ禍でも工夫を重ね成約へ日本M&Aセンターは2013年4月より海外支援室を設置し、2016年4月に初の海外拠点となるシンガポール

海外M&Aを支える5カ国の現地スタッフ26名が来日

シンガポール現地事情とM&Aの状況(海外出張レポート)

海外M&A

2022年5月中旬、日本M&Aセンターが2016年に第一号の海外拠点として立ち上げたシンガポールへ出張してきました。新型コロナ以降初となる海外渡航、かつ初のシンガポールでしたので現地の状況を中心に、多くのASEAN地域で渡航解禁となった現在の海外M&Aの動向についての記事とさせていただきます。※本記事は2022年6月に執筆されました。渡航情報(2022年5月17日時点)このブログを読んでくださって

シンガポール現地事情とM&Aの状況(海外出張レポート)

ベトナムM&Aの問題編②

海外M&A

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!日本では記録的な猛暑が続いているようですが、雨期(4月~8月)に入ったホーチミンでは暑さも和らぎ、最近は過ごしやすい日々が続いております。最近(7月中旬執筆時点)は、ライチに続いて、大好物のマンゴスチンが旬の季節となり、「果実の女王」と言われる、その魅惑の甘さで癒される毎日です。さて今回は、ベトナムM&Aの最大障壁でもある「二重帳簿問題」に関して、前回4月

ベトナムM&Aの問題編②