コラム

日本企業がマレーシアに投資をすべき理由8選

坂本 遼介

プロフィール

坂本遼介

Nihon M&A Center Malaysia Sdn. Bhd

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]
ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中

マレーシアは地味?そんなことはありません!

皆さんはマレーシアにどのようなイメージをお持ちでしょうか。シンガポールほど先進的ではなく、インドネシアやベトナムほど人口が増えているわけでもなく…、どちらかと言えば少々地味に思われることが多いマレーシアですが、実は日本の企業がマレーシアに投資するメリットは多岐にわたります。

ここでは、経済、政治、国際ビジネスの観点から、日本企業がマレーシアに投資すべき理由を8点、詳しく説明したいと思います。

GDP成長率8.7%!マレーシアの経済

まずは経済の側面から、下記の4点で解説します。

市場の拡大

マレーシアは、ASEAN諸国の中でも、最も経済成長が著しい国です。
人口も2022年時点で約3,300万人と多く、中間所得層が増加していることから、市場の拡大が期待できます。2022年にマレーシア中央銀行とマレーシア統計庁は、GDP実質成長率が前年比で8.7%増加したことを発表しており、これは、東南アジア主要国の中では、ベトナムの8.0%を凌いで最も高い成長率です。

また、アメリカの独立系シンクタンク、ミルケン・インスティチュートが2022年に発表した「Global Opportunity Index」では、マレーシアは東南アジア新興国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム)において最も魅力のある投資先として選出されています。
参考:Economic and Financial Developments in Malaysia in the Fourth Quarter of 2022(Bank Negara Malaysia)

優れた物流環境

マレーシアには、先進的な物流環境が整備されています。特に、首都クアラルンプールには、空港・港湾・鉄道が集積しており、アジア太平洋地域における物流ハブとしての位置づけが強く、製造業や物流企業にとって非常に魅力的な環境が整っています。

有望な産業

マレーシアは、自動車産業、電気・電子産業、化学産業、製造業など、日本企業にとって有望な分野が多数あります。また、近年では、ICT分野やスマートシティ分野など、新たな分野の拡大が期待されており、今後ますます日本企業にとって魅力的な投資先となる可能性があります。

優秀な人材

マレーシアの労働者の人件費は、近年上昇してはいるものの、依然、日本や欧米諸国と比較して低いのもメリットの1つといえます。2022年5月の改正で、最低賃金は月給では1,500MYR(約45,000円、1MYR=30円の簡易換算)、時給では7MYR(約210円、1MYR=30円の簡易換算)です。また、マレーシアの教育水準も高く、人材の質も高いとされており、技術的な分野でも優秀な人材を獲得しやすいというメリットもあります。
公用語はマレー語ですが、国民の多くが英語を話すため、ビジネス環境でのコミュニケーションにおいても、言語の問題が生じにくいといえます。

親日国マレーシアの政治

続いて政治の側面から、下記の2点です。

日本との強い関係

マレーシアは、アジア太平洋地域において、日本と良好な関係を築いている国の1つです。1981年に首相に就任したマハティール元首相は、日本をはじめとするアジアの先進諸国の発展・成功に学ぶ「ルック・イースト政策」を掲げ経済発展を遂げたこともあり、国民の日本に対するイメージはとてもよく、街中には、無印良品やドン・キホーテなどの日系の店舗や、日本食レストランが並びます。日本企業がマレーシアに進出することで、両国の関係を更に強化し、相互のビジネスの発展につながることが期待できます。

政治的な安定性/関税や税制優遇措置

マレーシアは、政治的な不安定要因が少なく、安定した政治環境を有しています。政府による積極的な投資政策も進み、多くの国と自由貿易協定を締結しており、外国企業にとって有利な関税優遇措置が取られています。また、投資に対する減税措置や資金調達の補助金などの支援措置も存在します。これらの措置を利用することで、日本企業はより有利な投資環境を確保できることが期待できます。

有名テック企業も参入!マレーシアの国際ビジネス

マレーシアでのビジネス環境を国際的に俯瞰して、下記の2点の観点で述べたいと思います

活発な多国籍企業の進出

マレーシアの産業開発、促進を担う主要政府機関である、マレーシア投資開発庁(MIDA)が2022年に発表した「Sustainable Investments For Growth」によると、2022年に行われたマレーシアへの投資のうち、61.7%(1,633億MYR)は外国からの投資でした。

マレーシアにおける外国直接投資(FDI)と国内直接投資(DDI)の比率
マレーシアにおける外国直接投資(FDI)と国内直接投資(DDI)の比率
引用:マレーシア投資開発庁(MIDA)
MIDAの発表をもとに日本M&Aセンターが作成

その内訳の中で、日本はシンガポールに次いで5位です。1位は中国、次いでアメリカ、オランダと、なっており、その他の国として、韓国、イギリス、ドイツ等が挙げられています。つまり、多くの多国籍企業を含む外国企業がマレーシアに進出しており、グローバルなビジネス環境が整っていると言えるでしょう。

アメリカからはIntel、Microsoft、Appleといったテクノロジー企業がマレーシアに拠点を構えて活動をしておりますし、欧州からはドイツからBMWやメルセデスベンツといった自動車メーカー、オランダから日用品、消費財メーカーであるユニリーバ、イギリスからは石油・ガス等のエネルギー関連企業のBP社などがマレーシアで事業展開や生産、研究開発等を行っています。中国からも中国鉄建や、中国通信建設などがマレーシアで多くのインフラプロジェクトに携わっています。

ハラルマーケット

マレーシアは2022年時点で国民の64%がイスラム教を信仰しており、イスラム教の教義に則った製品やサービスであることを証明する「ハラル認証」が普及しています。信頼性の高いハラル認証を行うために、JAKIM(Jabatan Kemajuan Islam Malaysia)という政府機関を擁しており、国内には多くのハラル認証製品(食品、化粧品等)が流通しています。JAKIMは、ハラル認証基準の策定や監査、認証プロセスの管理を行っており、マレーシアのハラル認証は国際的に広く認められています。
また、マレーシアは、イスラミック・ファイナンスの世界的な中心地としても知られており、金融サービスにおいても、イスラム教の教義に則った金融商品やサービスが広く普及しています。
世界中で約18億人と推定されるイスラム教徒に特化したサービスは、非常に大きなマーケットとして昨今注目されており、マレーシアへの進出は大きな市場への足掛かりになるのではないでしょうか。

以上のように、様々な観点から見ても、日本企業がマレーシアに進出・投資するメリットは多く、ますます注目が集まっています。
特に、アジア太平洋地域における重要性が増している現在、マレーシアは多様なビジネスチャンスを提供し、グローバルなビジネスの展開に向けた有望な投資先といえます。

日本M&Aセンターの海外・クロスボーダーM&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。また、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。
海外進出や事業継承に関するお悩みはいつでもお問い合わせください。

「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?  日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支援しています。ご相談は無料です。

『海外・クロスボーダーM&A DATA BOOK 2023-2024』を無料でご覧いただけます

データブック表紙

中堅企業の存在感が高まるASEAN地域とのクロスボーダーM&Aの動向、主要国別のポイントなどを、事例を交えて分かりやすく解説しています。
日本M&Aセンターが独自に行ったアンケート調査から、海外展開に取り組む企業の課題に迫るほか、実際の成約データを元にしたクロスボーダーM&A活用のメリットや留意点もまとめています。

プロフィール

坂本 遼介

坂本さかもと 遼介りょうすけ

Nihon M&A Center Malaysia Sdn. Bhd

シンガポール、エジプトで幼少期を過ごし、米カリフォルニア大学サンディエゴ校卒業。米系大手コンサルティングファームを経て、2020年日本M&Aセンターに入社。 東南アジア、欧州等の外資系企業と日本企業とのクロスボーダーM&A支援に従事。事業承継のみならず、ファンドEXITや、上場企業カーブアウト案件も実績あり。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

住友商事、ルーマニアの農業資材直販会社 Naturevoを完全子会社化

住友商事株式会社(8053)は、100%出資間接連結子会社のAlcedoS.R.L.(ルーマニア・ブカレスト、以下「アルチェド社」)を通じて、NaturevoS.R.L.(ルーマニア・ブカレスト、以下「ナチュレボ社」)を完全子会社化した。住友商事は、グローバルな事業を展開している大手総合商社。アルチェド社は、1990年に設立されたルーマニア最大の総合農業資材販売会社。ナチュレボ社は、農業資材直販事

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース