M&Aニュース

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

更新日:

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCM Global Limited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。

マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管理を行っている。

IDCMは、暗号資産交換所運営、ブロックチェーン関連業務を行っている。米国Alpha Square Groupによって出資・運営されている。

本提携により、マーチャント・バンカーズは、IDCMと互いの強みを生かし、シナジー効果創出を目指すとともに、「ANGOO Fintech」の顧客開拓、新規トークンの上場マーケティングに課題解決に期待する。

・今後のスケジュール
MOU締結社内意思決定日 2020年7月27日
MOU締結日 2020年7月27日
業務提携内容検討開始日 2020年7月27日

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

マーチャント・バンカーズに関連するM&Aニュース

マーチャント・バンカーズ、プラスチック循環再生事業の循環資源ホールディングスと資本業務提携

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、プラスチック循環再生事業を手掛ける循環資源ホールディングス株式会社(東京都新宿区)との間で資本業務提携契約を締結することを決議の上、循環資源ホールディングスへの資本参加を行った。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買、仲介、賃貸および管理業務等、飲食施設及びボウリング場等の運営・管理を行

マーチャント・バンカーズ、循環資源HDと資本・業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、循環資源ホールディングス株式会社(以下、循環資源HD社)との間で資本・業務提携に関して基本合意することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買、仲介、賃貸および管理業務、飲食施設及びボウリング場等の運営・管理等を行う。循環資源HD社は、循環型ビジネスモデルの企画・構築・推進・廃

マーチャント・バンカーズ、子会社「娯楽TVメディア・コンテンツ」の株式をエストニア子会社に譲渡へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、完全子会社の「娯楽TVメディア・コンテンツ株式会社」(東京都港区、娯楽TVメディア)の株式を、同じく子会社のEstonianJapanTradingCompanyAS(エストニア、EJTC)に譲渡することを決定した。娯楽TVメディア・コンテンツは、EJTCの子会社となり、マーチャント・バンカーズの孫会社となる。マーチャント・バンカーズは、国内外の企業

マーチャント・バンカーズ、円谷メディア・コンテンツを子会社化

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、株式会社娯楽TV(東京都港区)が完全子会社として新たに設立する新会社、円谷メディア・コンテンツ株式会社(東京都港区)を譲り受けることを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内・海外の企業や不動産への投資事業、不動産事業、宿泊施設・飲食施設・ボウリング場などの運営・管理などを行っている。ブロックチェーン事業も展開しており、子会社のMBKブロックチェー

マーチャント・バンカーズ、エストニアでの事業統括会社のBFH社を子会社化へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、株式会社バルティック・フィンテック・ホールディングス(東京都千代田区、BFH社)を子会社化することを決定した。取得価額は、35,100千円。議決権所有割合は、14.9%から50%となる。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務等、宿泊施設、飲食施設およびボウリング

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・業務提携・海外M&A・資本業務提携」に関連するコラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYSBAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYSBAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセ

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

海外M&A
IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

日本M&AセンターにてASEANのクロスボーダー案件を手掛けている河田です。日本国内でも多くの件数を誇るIT業界のM&Aですが、最近は海外マーケットへの進出を検討している企業も増えてきております。本記事では、IT業界のクロスボーダーM&Aについて2023年の振り返りと2024年の展望について解説します。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外

「クロスボーダーM&A・業務提携・海外M&A・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード