M&Aニュース

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCM Global Limited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。

マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管理を行っている。

IDCMは、暗号資産交換所運営、ブロックチェーン関連業務を行っている。米国Alpha Square Groupによって出資・運営されている。

本提携により、マーチャント・バンカーズは、IDCMと互いの強みを生かし、シナジー効果創出を目指すとともに、「ANGOO Fintech」の顧客開拓、新規トークンの上場マーケティングに課題解決に期待する。

・今後のスケジュール
MOU締結社内意思決定日 2020年7月27日
MOU締結日 2020年7月27日
業務提携内容検討開始日 2020年7月27日

證券・投資・その他金融業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

マーチャント・バンカーズ、エストニアでの事業統括会社のBFH社を子会社化へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、株式会社バルティック・フィンテック・ホールディングス(東京都千代田区、BFH社)を子会社化することを決定した。取得価額は、35,100千円。議決権所有割合は、14.9%から50%となる。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務等、宿泊施設、飲食施設およびボウリング

マーチャント・バンカーズ(3121)、LED照明等環境関連事業を展開するアビスジャパンと資本業務提携

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、環境関連商材の製造、企画、設計及び販売並びに設置工事を行う株式会社アビスジャパン(東京都豊島区)と資本業務提携と行うことについて基本合意のうえ、資本業務提携を通じて、環境関連事業に取り組んでいくことを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内、海外の企業・不動産への投資業務、不動産の売買、仲介、賃貸および管理業務等、宿泊施設、飲食施設及びボウリング場

マーチャント・バンカーズ(3121)、仮想通貨「Z502」取扱いのイノベーション合同会社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ(3121)は、イノベーション合同会社(熊本市)と、資本業務提携に関して基本合意することを決定した。イノベーション社は、仮想通貨「Z502(502BadGatewayToken)」のメディア展開を行っている。「Z502」は、仮想通貨の健全な発展を目的に、投資家を保護するとともに、仮想通貨交換業者や仮想通貨発行体に対して、信頼ある行動を促すことを目的に発行された仮想通貨。本提

マーチャント・バンカーズ(3121)、空き家対策に取り組む不動産会社と外国人就労支援会社の2社と資本業務提携

マーチャント・バンカーズ(3121)は、株式会社プレステート(東京都港区)と株式会社アッパーフィールド(東京都港区)との両社に対する業務提携並びに資本参加について、基本合意を決定した。プレステートは、空き家対策に取り組んでいる不動産、建築会社。国内で就労する外国人の寮として活用したり、高齢者、子育て世帯、低所得者、外国人等向けの住宅として活用することで、安定高利回りの投資物件として運用、販売するビ

マーチャント・バンカーズ(3121)、アパレル販売事業展開のテンケンを100%子会社化

マーチャント・バンカーズ(3121)は、株式会社ケンテン(東京都千代田区)を100%子会社化した。ケンテンは、アパレル業界において販売スタッフの人事管理や店舗運営を外部会社や個人に委託するビジネスを個人事業として展開している。都内および関東近郊において、婦人服・子供用品を中心に7店舗を運営する。本件M&Aにより、マーチャント・バンカーズは、ケンテンが培った人脈を基盤にアパレル・雑貨を中心とした販売

マーチャント・バンカーズ(3121)、仮想通貨取引所「BTCBOX」運営会社BTCボックスと資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ(3121)は、BTCボックス株式会社(東京都中央区)との間で、BTC社株式を取得し、BTC社が行う仮想通貨事業で協力する資本業務提携を行うことについて基本合意した。本件により、マーチャント・バンカーズによるBTCボックスの株式所有割合は14.8%となる予定。マーチャント・バンカーズは、国内外において不動産や企業、事業に対する投融資を行うとともに、商業施設の運営を行っている

日阪製作所(6247)、マーチャント・バンカーズ(3121)より食品製造機械製造の旭工業株式を取得

日阪製作所(6247)は、マーチャント・バンカーズ(3121)の子会社である旭工業株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得することを決定した。取得価額は350百万円。旭工業は、全自動連続殺菌冷却装置などを主力製品として食品製造機械の製造・販売を行っており、低温殺菌技術を有する。マーチャント・バンカーズは、平成23年に旭工業を完全子会社として以来、ハンズオン投資をスタンスとして、旭工業に対して体制変

「クロスボーダーM&A・業務提携・海外M&A・資本業務提携」に関連するコラム

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

東南アジアM&A最前線:シンガポールから

海外M&A
東南アジアM&A最前線:シンガポールから

日本M&Aセンターは2016年、シンガポールに初めての海外拠点を設けました。当初は、私が立上げ部隊として1人でスーツケース1つだけで現地に移住し、ゼロからの中堅・中小M&Aビジネスを開拓していきました。おかげさまで現地でも我々のサービスは受け入れられ、実績を積み上げ事業も拡大し、現在は10人ほどのメンバーで活動をしております。今回は、そんなシンガポールの中堅・中小M&A最新事情を現場の視点でお送り

過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

海外M&A
過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

まずタイ王国における2月初旬時点での新型コロナの感染状況は、感染者数は増加傾向(※)にありますが、タイ政府は新型コロナとの共存へ舵を切り始めました。※2022年2月執筆時の情報中所得国の罠とは中所得国の罠(Middle-IncomeTrap)は2007年に世界銀行のレポートである「東アジアのルネッサンス」(AnEastAsianRenaissance-IdeasforEconomicGrowth)

時代は変わりつつある、タイのM&A

海外M&A
時代は変わりつつある、タイのM&A

多くの方が旅行で訪れたことがあるであろうタイ王国。欧米列強が東南アジアに攻め込んでいた時代、独立を守り抜いた唯一の国でもある。そのような歴史のあるタイでのM&Aはどうなのか?数字には表れていないM&A現場をお伝えします。2021年11月、タイ王国駐在員事務所を新規開設2021年11月8日、日本M&AセンターはASEAN地域5か国目の新拠点としてタイ王国駐在員事務所を開設しました。日系企業によるAS

コロナに伴う入国制限緩和へ。いよいよASEAN地域でのクロスボーダーM&Aが本格始動!

広報室だより
コロナに伴う入国制限緩和へ。いよいよASEAN地域でのクロスボーダーM&Aが本格始動!

長引く新型コロナウイルスに、あらゆる経営活動が影響を受けました。ASEAN地域におけるクロスボーダーM&Aにおいても各国の感染拡大防止策によって活動が制限されました。対面でのコミュニケーションができない状況から検討を延期する企業も多数ありましたが、入国制限の緩和に伴い、いよいよASEAN地域でのクロスボーダーM&Aが本格化します。日本M&Aセンターホールディングスのマレーシア現地法人NihonM&

拡大する世界市場

海外M&A
拡大する世界市場

前回のブログ「成長戦略としてのIN-OUTM&A」にて、『拡大する世界市場』という点に触れておりましたのでそれに関するお話をしたいと思います。アジアと日本の将来前回のブログで記述されていたように、2050年には世界のGDPの50%近くをインド、中国やASEAN諸国からなるアジアが占有すると試算されています。現在名目GDPが世界3位である日本は、2050年では7位まで低下すると予想されています。人口

「クロスボーダーM&A・業務提携・海外M&A・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード