M&Aニュース

「合併」に関連するM&Aニュース一覧

小田原エンジニアリング、子会社でコイル用巻線設備の開発・販売の多賀製作所を吸収合併

株式会社小田原エンジニアリング(6149)は、連結子会社である株式会社多賀製作所(神奈川県足柄上郡)を吸収合併することを決定した。小田原エンジニアリングを存続会社、多賀製作所を消滅会社とする吸収合併方式で、多賀製作所は効力発生日をもって解散する。小田原エンジニアリングは、モーター用巻線設備の開発、設計・製造、販売を行っている。多賀製作所は、コイル用巻線設備の開発、設計・製造、販売を行っている。目的

JR四国、子会社のジェイアール四国コミュニケーションウェアとJR四国情報システムを合併

四国旅客鉄道株式会社(香川県高松市、JR四国)は、100%子会社である株式会社ジェイアール四国コミュニケーションウェア(香川県高松市)及びJR四国情報システム株式会社(香川県高松市)の2社を合併することを発表した。ジェイアール四国コミュニケーションウェアを存続会社とする吸収合併方式。ジェイアール四国コミュニケーションウェアは、学校市場、企業・官公庁向けソフトウェア開発・販売等を行っている。JR四国

パソナグループ、子会社のパソナテックを吸収合併

株式会社パソナグループ(2168)は、連結子会社である株式会社パソナテック(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。パソナグループを存続会社とする吸収合併方式で、パソナテックは解散する。パソナグループは、グループ経営戦略の策定と業務遂行支援、経営管理と経営資源の最適配分の実施等を行っている。パソナテックは、子会社管理業務を行っている。目的パソナテックは、2022年10月に完全子会社である株式

エムティーアイ、有価証券保有・運用事業等の子会社3社を吸収合併

株式会社エムティーアイ(9438)は、完全子会社である株式会社MGSHD(東京都新宿区)、SPSHD株式会社(東京都新宿区)および株式会社MT-App(東京都新宿区)の吸収合併を決定した。エムティーアイを存続会社とする吸収合併方式で、MGSHD、SPSHDおよびMT-Appは解散する。エムティーアイは、コンテンツ事業、ヘルスケア事業、学校DX事業等を行っている。MGSHD、SPSHD、MT-App

ミンカブ・ジ・インフォノイド、子会社のライブドアとシーソーゲームを合併

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(4436)は、完全子会社である株式会社ライブドア(東京都港区)と株式会社シーソーゲーム(東京都港区)の合併を決定した。ライブドアを存続会社とする吸収合併方式で、シーソーゲームは合併効力発生日に解散する。ミンカブ・ジ・インフォノイドは、「株探(かぶたん)」「みんかぶ」など資産形成・株式メディアを運営。ライブドアは、「ライブドアブログ」、「ライブドアニュース」、「

レオクラン、子会社のレオクラン東海を吸収合併へ

株式会社レオクラン(7681)は、完全子会社である株式会社レオクラン東海(岐阜県岐阜市)を吸収合併することを決定した。レオクランを存続会社とする吸収合併方式である。レオクランは、医療機器等の販売を行っている。レオクラン東海は、東海地区で医療機器等の販売事業を行っている。目的経営の効率化の観点から、グループ内の経営資源を集約し、業務運営の一体化を図る。日程取締役会決議日:2024年7月16日合併契約

ティーライフ、子会社でキャラクター雑貨・天然素材生活雑貨の輸入販売のダイカイを吸収合併へ

ティーライフ株式会社(3172)は、完全子会社である株式会社ダイカイ(静岡県掛川市)を吸収合併することを決定した。ティーライフを存続会社とする吸収合併方式で、ダイカイは解散する。ティーライフは、健康茶、健康食品、化粧品等の通信販売を行っている。ダイカイは、キャラクター雑貨、天然素材の生活雑貨等の企画開発、輸入及び販売を行っている。目的両社の経営資源の有効活用、事業運営の効率化のため日程取締役会決議

三菱電機ビルソリューションズ、首都圏・関越地区のビル設備保守事業の子会社4社を10月に経営統合へ

三菱電機ビルソリューションズ株式会社(東京都千代田区)は、子会社3社(下記参照)を、同じく子会社の東日本ビルテクノサービス株式会社(東京都中央区)に経営統合を行うことを決定した。これにより、全国を北日本、東日本、中部、関西、西日本地区の5社でサービス提供する、国内保守子会社の体制構築が完了する。経営統合の目的三菱電機ビルソリューションズは、地域に根差したビル設備の保守子会社とともに、昇降機や空調・

北沢産業、子会社で業務用厨房機器修理・保守の北沢キープサービスを吸収合併

北沢産業株式会社(9930)は、100%子会社である株式会社北沢キープサービス(埼玉県日高市)を吸収合併することを決定した。北沢産業を存続会社とする吸収合併方式で、北沢キープサービスは解散する。北沢産業は、業務用厨房機器・家具の販売を行っている。北沢キープサービスは、業務用厨房機器の修理・保守管理を行っている。合併の目的北沢産業グループの経営資源の集中・経営の効率化を図るため。合併の日程合併契約承

ヒューマンクリエイションHD、完全子会社のブレーンナレッジシステムズとシー・エル・エスの合併を発表

株式会社ヒューマンクリエイションホールディングス(7361)は、完全子会社の株式会社ブレーンナレッジシステムズ(東京都千代田区)と、完全子会社の株式会社シー・エル・エス(東京都千代田区)が吸収合併をすることを発表した。ブレーンナレッジシステムズを存続会社、シー・エル・エスを消滅会社とする吸収合併方式で、シー・エル・エスは効力発生日に解散する。ブレーンナレッジシステムズ及びシー・エル・エスは、システ

アライドアーキテクツ、子会社のネクストバッターズサークルを吸収合併へ

アライドアーキテクツ株式会社(6081)は、100%子会社の株式会社ネクストバッターズサークル(東京都渋谷区)の吸収合併を決定した。アライドアーキテクツを存続会社、ネクストバッターズサークルを消滅会社とする吸収合併方式で、ネクストバッターズサークルは効力発生日をもって解散する。アライドアーキテクツは、マーケティングDX支援事業を行っている。ネクストバッターズサークルは、デジタルマーケティング人材の

メドピア、連結子会社のやくばとを吸収合併

メドピア株式会社(6095)は、連結子会社である株式会社やくばと(東京都中央区)と吸収合併することを決定した。メドピアを吸収合併存続会社とし、やくばとを吸収合併消滅会社とする吸収合併方式で、やくばとは効力発生日をもって解散する。メドピアは、医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」、その他関連事業を行っている。やくばとは、医療機関のデジタルトラ

古河電気工業、メタル電線事業のグループ内組織再編へ

古河電気工業株式会社(5801)は、古河電気工業と完全子会社である古河電工産業電線株式会社(東京都荒川区、以下「統合会社」)、株式会社KANZACC(大阪市中央区)及び理研電線株式会社(東京都中央区)、並びに子会社である岡野電線株式会社(神奈川県大和市)を当事者とする、メタル電線事業に係るグループ内組織再編を行うことを決定した。古河電気工業は、メタル・ポリマー・フォトニクス・高周波の4つのコア技術

三洋貿易、子会社のケムインターを吸収合併

三洋貿易株式会社(3176)は、完全子会社の株式会社ケムインター(東京都千代田区)を吸収合併することを決定した。三洋貿易を存続会社とする吸収合併方式で、ケムインターは効力発生日をもって解散する。三洋貿易は、化学品類、その他各種商品の輸出入および国内販売を行っている。ケムインターは、電子材料等の輸出販売事業、高付加価値ケミカル商材の輸入販売事業を行っている。目的三洋貿易は、2024年4月にケムインタ

ナ・デックス、子会社のNDYエンジニアリングとシンテックを合併を発表

株式会社ナ・デックス(7435)は、完全子会社である株式会社NDYエンジニアリング(山形県鶴岡市)と完全子会社である株式会社シンテック(新潟県新潟市)を吸収合併を行うこと、あわせて存続会社の商号変更を行うことを決定した。NDYエンジニアリングを存続会社とする吸収合併方式で、シンテックは効力発生日に解散する。NDYエンジニアリングは、溶接治具や自動化設備等の産業用機械の製造・販売を行っている。シンテ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード