M&Aニュース

「合併」に関連するM&Aニュース一覧(4ページ目)

オートバックスセブン(9832)、自社フランチャイズチェン加盟法人のビクトリーアンドアソシエイツを子会社化

株式会社オートバックスセブン(9832)の連結子会社である株式会社オートバックス京葉(千葉県市川市)は、オートバックスセブンのフランチャイズチェン加盟法人である株式会社ビクトリーアンドアソシエイツ(同県成田市)の全株式を取得し、同社のオートバックス店舗を譲受することを決定した。オートバックス京葉は、対象会社のオートバックス・成田店およびオートバックス茂原高師店の2店舗を取得する。オートバックスセブ

アシックス(7936)、フィットネス・トラッキング・アプリ運用の米国FitnessKeeper, Inc.を子会社化

株式会社アシックス(7936)は、米国FitnessKeeper,Inc.(FitnessKeeper社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。アシックスが本取引のために設立した新会社(デラウェア州)が、FitnessKeeper社との間で現金を対価として合併(逆三角合併)する方法により実施する。取得価額は約102億円。アシックスは、グローバル展開拡大に向け、デジタルマーケティングによる女

キトー(6409)、イタリア チェーン事業を譲り受け

株式会社キトー(6409)は、100%子会社であるKITOChainItaliaを通じて、イタリアのWeissenfelsTechChains(バイセンフェルス社)のチェーン及びチェーン関連製品事業を取得した。譲受価額は、845百万円。KITOChainItaliaはキトーグループのチェーン事業強化の一環として設立したもの。バイセンフェルス社は、500年に亘り、チェーン製品を製造している同事業にお

東テク(9960)、ダイキン(6367)子会社のディー・エス・テックを完全子会社化

東テク株式会社(9960)は、ダイキン工業株式会社(6367)の子会社である株式会社ディー・エス・テック(福岡市)の全株式を取得し完全子会社化すること及び、ディー・エス・テックを消滅会社とする合併を行うことを決定した。取得価額は1,000百万円。東テクは、ディー・エス・テックを完全子会社とした後、同社を消滅会社とする本合併を行い、同時にディー・エス・テック本社を東テクの九州支店に、その他の営業所を

シンワアートオークション(2437)、ネットプラットフォーム運営会社と業務提携し合弁会社設立

シンワアートオークション株式会社(2437)の連結子会社エーペック株式会社は、香港の休眠会社LYSBLANC,H.K.CO.,LIMITEDの株式を取得し子会社化するとともに、当該子会社とCoporateBusinessNetworkLimited(香港)との間で業務提携契約を締結し、合弁会社を設立することを決定した。シンワアートオークショングループは、日本を含めたアジアの富裕層に最先端の医療技術

兼松(8020)、三菱電機(6503)子会社ダイヤモンドテレコムを子会社化

兼松株式会社(8020)は、三菱電機株式会社(6503)の子会社である株式会社ダイヤモンドテレコム(東京都中央区)を子会社化する。兼松の子会社である兼松テレコム・インベストメント株式会社(東京都港区)を吸収合併存続会社、三菱電機の子会社であるダイヤモンドテレコムを吸収合併消滅会社とする現金交付型の吸収合併方式による。兼松は子会社の兼松コミュニケーションズ株式会社(東京都渋谷区)を中心としたモバイル

JXホールディングス(5020)、東燃ゼネラル石油(5012)と経営統合へ

JXホールディングス株式会社(5020)と東燃ゼネラル石油株式会社(5012)は、両社グループの経営統合を目指すことについて基本合意書を締結した。JXホールディングスの完全子会社であるJX日鉱日石エネルギー株式会社(東京都千代田区)を吸収合併存続会社とし、JXホールディングスの普通株式を対価とする三角合併を行う。JXホールディングスは、エネルギー事業や石油・天然ガスの開発事業を行っている。東燃ゼネ

エスペック(6859)、米国ベンチャー企業QUALMARK CORPORATION を子会社化

エスペック株式会社(6859)は、米国ベンチャー企業QUALMARKCORPORATION(コロラド州)を存続会社として、エスペックが合併のために設立した新会社ESPECMERGERSUB,INC.(同州)との合併を行うことで、QUALMARK社をエスペックの完全子会社とする逆三角合併を行うことを決定した。当該合併に際し、QUALMARK社の株主は合併対価として現金を受け取り、その既存株式は全て消

日本ルツボ(5355)、連結子会社日本モルガン・クルシブルを完全子会社化及び吸収合併

日本ルツボ株式会社(5355)は、連結子会社である日本モルガン・クルシブル株式会社(東京都渋谷区)の発行済普通株式30%を追加取得し、完全子会社化することを決定した。取得価額は6,000千円。また併せて、本件株式取得後、日本ルツボを存続会社とし、日本モルガン・クルシブルを消滅会社とする吸収合併を行うことを決定した。日本ルツボは、金属溶解分野の耐火物製造・販売や工業炉の設計・製造・販売・メンテナンス

アイナボHD(7539)、連結子会社のアベルコにより東京サッシ及びライフメタリックを孫会社化

株式会社アイナボホールディングス(7539)の連結子会社である株式会社アベルコ(東京都足立区)は、東京サッシ株式会社(東京都葛飾区)及び株式会社ライフメタリック(東京都足立区)の発行済み全株式を取得し、子会社化することを目的とした株式譲渡契約を締結することを決定した。アイナボHDは本件株式取得後、アベルコを存続会社、東京サッシ販売及びライフメタリックを消滅会社とする吸収合併を行う予定。アベルコは、

メディパルHD(7459)の子会社PALTAC(8283)、マツモトキヨシHD(3088)の子会社を吸収合併

株式会社メディパルホールディングス(7459)の連結子会社である株式会社PALTAC(8283)は、株式会社マツモトキヨシホールディングス(3088)の連結子会社である伊東秀商事株式会社(千葉県松戸市)との間で、合併契約を締結した。伊東秀商事を合併消滅会社、PALTACを合併存続会社とする吸収合併である。PALTACは、化粧品・日用品、一般用医薬品をフルラインで取り扱う中間流通業。伊東秀商事は、化

サイバーリンクス(3683)、札幌のEDIシステム開発 ニュートラルを吸収合併

株式会社サイバーリンクス(3683)は、14.96%の株式を所有する株式会社ニュートラル(札幌市)について、サイバーリンクスを存続会社とし、ニュートラルを消滅会社とする吸収合併を行うことを決定した。ニュートラルの株式1株に対して、サイバーリンクスの株式19株を割り当て交付する。サイバーリンクスは、基幹業務システム等のクラウドサービス及び移動体通信機器の販売を行っている。ニュートラルは、流通小売業や

TTK(1935)、子会社を中央資材、北通産と合併へ

株式会社TTK(1935)は、連結子会社である東北通産株式会社(仙台市)と、中央資材株式会社(品川区)、北通産株式会社(札幌市)との3社間で合併することを決定した。中央資材を存続会社とする吸収合併方式となる。東北通産は電気通信事業の資材調達会社。中央資材・北通産は情報通信設備の構築に使用する各種資材の販売を行っている。TTKは本件により、東日本管内における3社の経営資源を集中させ、経営の効率化、強

東京TYフィナンシャルグープ(7173)と新銀行東京、経営統合へ

株式会社東京TYフィナンシャルグループ(7173)と株式会社新銀行東京は、経営統合に向け協議・検討を進めていくことについて基本合意することを決定した。東京TYFGを株式交換完全親会社、新銀行東京を株式交換完全子会社とした株式交換を実施する。また、経営統合後、統合効果を発揮するために、東京TYFGの傘下銀行と新銀行東京との合併等も含めたグループ内の組織再編を検討していく。東京TYFGは、首都東京に本

東京海上HD(8766)、米国スペシャルティ保険グループHCCインシュアランス・ホールディングス社を買収

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、子会社である東京海上日動火災保険株式会社を通じ、米国スペシャルティ保険グループHCCインシュアランス・ホールディングス社(持株会社HCCInsuranceHoldings,Inc.および傘下の保険会社等)を買収する手続きを開始することを決定した。本件買収は、米国の企業再編法制に基づき、東京海上日動が米国デラウェア州に特別目的会社を新規設立し、HCC社

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年6月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード