コラム

インドネシアで人気のお菓子“TRICKS”がM&Aで日本に上陸(記者発表会見レポート)

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

焼き菓子や珍味類の製造販売を行う銀の汐や、高級米菓の製造販売を行う三州製菓などをグループに持つミクシオホールディングス株式会社(本社:広島県呉市)が、インドネシアの上場会社で多くのヒット製品を持つ菓子メーカー「TAYS BAKERS」との資本業務提携を締結し、「TAYS BAKERS」の主力商品である“TRICKS”の日本独占輸入販売権を取得しました。2023年10月24日(火)に、両社が日本M&Aセンター東京本社にて記者発表会見を開催し、今後の展望を語りました。


左からミクシオホールディングス 斉之平 一隆CMO、大塩 義晴代表取締役CEO、TAYS BAKERS Alexander Anwar CEO、Andrew Sanusi ディレクター

日本人が好む味 商品に惹かれ資本業務提携を決断

「甘じょっぱい味を好む日本人は多いと思うのですが、TRICKSはまさにその味で、馴染みやすいと思います」と、ミクシオホールディングスの大塩 義晴代表取締役CEOは提携の理由について話しました。昨今、健康志向のお菓子の需要が高いことから、ノンフライでカロリーも低いTRICKSの日本販売は、タイミングもベストだと提携の理由を明かしました。
また、TAYS BAKERSのAlexander Anwar(アレクサンダー・アンワール)CEOは、「TRICKSを日本で販売できることを嬉しく思うし、エキサイティング。日本の文化をこれからより知っていきたいし、これからのコラボレーションを非常に楽しみにしています」と期待を話しました。

味は3種類 SNS映えも抜群

TRICKSは、小麦粉とジャガイモを使ったノンフライチップスで、高級菓子としてインドネシア全土で販売されています。インドネシア国内での知名度も高いほか、日本とインドネシアを結ぶガルーダ航空国際線機内での提供実績もあり、今回オリジナル味とキムチ味、アジアンBBQ味の3種類を、輸入菓子を取り扱う全国の小売店で展開する予定だということです。

ミクシオホールディングスの斉之平 一隆CMOは、「ノンフライなので罪悪感なく味わえて、ポテトのほくほく感もあります。パッケージもSNS映えする商品だと思っています」と話しました。また、ハラール認証も取得していることから、日本で暮らすインドネシアの方々も安心して食べられるということです。
(※ハラール認証:対象となる商品・サービスがイスラム法に則って生産・提案されたものあることを証明するもの(出典:農林水産省))

TAS BAKERSでTRICKSはじめ商品の責任者であるAndrew Sanusi(アンドリュー・サヌシ)ディレクターは、「TRICKSは2017年から製造しています。じゃがいもはインドネシアのジャワ島の農家から仕入れ、ナチュラルでオーガニックなものを使っています。揚げではなく焼きで作っているヘルシーなお菓子なので、TRICKSは日本のマーケットに合っていると思います。ぜひ食べてみてください」とメッセージを送りました。
ちなみに、大塩社長と斉之平CMOはオリジナル味、Alexander Anwar CEOとAndrew Sanusiディレクターはキムチ味が好きな味だそうです。

広島から世界へ インドネシアとの架け橋に

大塩社長は、「人口が増えているインドネシアは市場の成長が見込めると思います。今後、グループ会社が製造する商品をインドネシアで販売できるよう、TAYS BAKERSと連携しながら取り組んでいきたい」と今後への期待と語りました。
Alexander Anwar CEOは、日本に住んでいるインドネシアの方にアプローチすることはもちろん、日本の市場に入るわけですので、日本らしさを取り入れた商品作りもやっていきたいと意欲を見せました。


表敬訪問の様子

記者会見後、両社は在本邦インドネシア共和国大使館のHeri Akhmadi特命全権大使と貿易部のMerry Astrid Indriasariアタッセーに表敬訪問を行い、新たなチャレンジがスタートしました。TRICKSは、来年1月から日本国内での販売を予定しています。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A・資本業務提携・海外M&A・成長戦略・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

海外M&A
IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

日本M&AセンターにてASEANのクロスボーダー案件を手掛けている河田です。日本国内でも多くの件数を誇るIT業界のM&Aですが、最近は海外マーケットへの進出を検討している企業も増えてきております。本記事では、IT業界のクロスボーダーM&Aについて2023年の振り返りと2024年の展望について解説します。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外

「M&A・資本業務提携・海外M&A・成長戦略・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「M&A・資本業務提携・海外M&A・成長戦略・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

ミナトホールディングス、台湾のDediProg Technologyと資本業務提携へ

ミナトホールディングス株式会社(6862)は、DediProgTechnologyCo.,LTD(台湾、以下Dediprog社)が発行する第三者割当増資による新株式を取得する資本提携の締結を決定した。併せて、グループ会社のミナト・アドバンスト・テクノロジーズ株式会社(神奈川県横浜市、以下MAT)とDediprog社が合弁会社を設立し、Dediprog社製品の国内と技術連携を行う業務提携に合意した。

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース