コラム

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。

買い手企業の経営者指南

M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方にどのような違いがあるのか。また決断するためにはどのような心構えが必要かといった疑問に、多くの仲介実績を誇る現役のコンサルタントが経験と事例をもとに、わかりやすく伝えるウェビナーです。実際にM&Aを実行して、成長を加速させた経営者も登壇するなどボリューム感のある内容で、M&Aを活用して新たな経営戦略を探る経営者にとって、不安と悩みを解消し、買い手企業のマインドセットを行うことをテーマとします。

M&Aは目的ではなく、企業のビジョン実現の手段

M&Aの買い手候補企業にとって、明確なビジョンと経営戦略が求められていると、日本M&Aセンターの東日本事業法人チャネル統括部長の 川畑は説明します。明確なビジョンや経営戦略がない企業において、「どの会社を買うのか」や「M&Aで何を達成するか」といった本質的な疑問への解答を見つけ出すことが難しいためです。M&Aで得られる効果は、経営基盤の強化や事業領域の拡大に始まり、後継者問題の解決など幅広くあります。ただセミナーでは、メリットを自社の成長のために「時間を買う」ことだと強調しています。例えば、販路を拡大したい企業が新たな地域に営業所を確保して、ゼロベースで新たな拠点を構築するよりも、すでにそのエリアで活動する同業との事業協力を進めた方が圧倒的に効率的です。そのため同業種と手を組むM&Aは労力と時間の節約につながり、リソースを別分野で投資できるため成長を加速させることができると力説します。ただ一般的に、買い手企業の要望に完全に合致した売り手企業が現われることはほとんどないため、一回限りのM&Aではなく、複数回のM&Aを繰り返すことで、段階的に買い手企業のビジョンを達成していく姿勢が求められています。つまり「M&Aは目的ではなく、企業のビジョン実現の手段」だということです。

売り手企業を分析し、自社の成長に結びつける客観的な視点

企業の未来を左右するM&Aを実行する上で、買い手候補企業にとって期待や効果よりもM&Aによる不安が上回る場合には、大きな一手を打つことはできません。ただ実際にM&Aを決断できない企業や経営者は検討段階で、自社ばかりに目を向けがちで、内向きな思考に陥るケースが多いです。対照的にM&Aを成功させる買い手企業の経営者は、しっかりと売り手企業のことを分析し、一緒になることでどう自社の成長に結びつけるか客観的な目を持って判断できています。そのためM&Aを成功させるためには、買い手候補の企業は売り手企業のことを自社のことのように考え、M&Aによる相乗効果に活路を見い出せるかが決断の大きな分かれ目となります。

M&Aをしないことのリスクを考える

買い手候補の経営者が認識しなければならないこととして、M&Aをすることで生まれるリスクに加えて、当然ですがM&Aをしないことで生まれるリスクも考えなければなりません。統計データや事例を用いて「M&Aをするリスクより、M&Aをしないリスクの方が大きい」と解説しています。リーマンショック直後にM&Aに舵を切った人材派遣会社A社と自前主義を貫いた同業のB社の比較を事例で紹介します。リーマンショック直後には両社の経営規模はほぼ同水準でしたが、M&Aの有無で、10年余りの期間に大きな差が生じました。急速に少子高齢化が進む日本社会において、国内需要の先細りは避けられず、高い成長率を維持できなければ、自前主義で現状維持を望むことすら難しくなっています。すなわちM&Aを実行しないことは、業界における自社の競争力の低下につながり、競合他社同士のM&Aが起これば、シェアなど立ち位置が一変してしまう危険性もあるのです。また一方で、M&Aをするリスクにおいては、当初からPMI(М&A後の統合プロセス)を意識することでリスクを低減できます。

売り手企業に寄り添う重要性

ステージが進み、買い手候補の経営者がM&Aを決断したからと言って、売り手企業の経営者から理解を得られなければ、両者でのM&Aは実現しないことも忘れてはいけません。M&Aに手を挙げても、実際に買い手となれる確率は半分程度で、買い手候補の経営者が売り手候補の経営者から理解を得るための心構えを伝えます。大前提としてM&Aにおける企業の優劣はなく、買い手企業が売り手企業に、いかに理解と敬意を示せるかが重要となります。売り手企業の経営者が求める従業員の雇用の維持や企業名の継続などの要望に、買い手企業の経営者が真摯に対応していく姿勢が必要です。経営者同士の最初のコミュニケーションの機会となるトップ面談がとても重要なのです。

次回「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」開催予定

次回、第3回目のセミナーは7月12日午後5時から配信を予定しています。参加費は無料で、日本M&Aセンターのコーポレートサイトから申し込みできます。「買い手のリアル」を知ってもらおうと、日本M&Aセンターを利用して複数回のM&Aを決断した経営者が登壇予定で、実践者からM&Aを行う上で注意すべき留意点を紹介します。

買収の参観日のご予約はこちらから

この記事に関連するタグ

「M&A・ケーススタディ・中小企業・事業承継・成長戦略・経営者・選択と集中・譲受企業」に関連するコラム

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国において、経

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

広報室だより
中小企業庁が中小M&A推進計画を初策定

経営者の高齢化と新型コロナウイルス感染症の感染拡大による経済的な影響を受ける中小企業の貴重な経営資源を守ろうと、中小企業庁は4月28日に「中小M&A推進計画」を初めて策定しました。組織強化のために改組した行政機関の「事業承継・引継ぎ支援センター」と、民間のM&A支援機関(専門仲介業者等)の官民が連携して、中小企業における事業承継の支援強化を打ち出しました。今後、5年の期間に官民が取り組む計画をまと

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

広報室だより
IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

日本M&Aセンターは経営者の皆様やM&Aに興味をお持ちの方に向けて、事業承継の問題を解決するM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、たくさんの方々にご参加いただいております。2021年8月23日に美容家のIKKOさんを招いたオンラインセミナー「IKKOさんが聞く『M&Aって何!?』」を開催しました。東京本社にご来社された黒の着物姿のIKKOさんの輝かしいオーラに社員一同は圧倒されました…!今

「M&A・ケーススタディ・中小企業・事業承継・成長戦略・経営者・選択と集中・譲受企業」に関連する学ぶコンテンツ

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

本記事では、M&Aをいよいよ本格的に検討する段階で押さえておきたいポイントについてご紹介してまいります。譲渡企業(買収先)の本格検討に向けてまず、買収をなかなかスムーズに実現できない多くの企業が陥りがちな落とし穴として、2点注意していただきたいことがあります。M&Aをすること」を目的にしないもともと「M&Aをしたい」ということで検討を始める企業は存在しません。例えば「売上100億円まで到達したい」

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。譲渡企業の探し方①譲渡案件型1つ目は、M&A仲介会社が既に保有している譲渡企業(売り手)の情報を閲覧し、検討する方法です。最初は譲渡企業の社名が伏せられた「ノンネームシート」を見て、より詳細情報を「企業概要書」で把

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

譲受企業(買い手)にとってのM&A。その目的や押さえておきたいポイント

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。M&A実行の目的・メリットM&Aを実行する目的として、一般的には以下の項目が挙げられます。売上規模の拡大、シェア向上バリューチェーンの補完による関連事業領域拡大事業の多角化、新規事業参入人材の獲得、技術力向上シナジー効果の創出一つひとつ見

「M&A・ケーススタディ・中小企業・事業承継・成長戦略・経営者・選択と集中・譲受企業」に関連するM&Aニュース

ウインテスト、太陽光発電O&Mサービスを行う連結子会社オランジュの全株式を譲渡

ウインテスト株式会社(6721)は、連結子会社であるオランジュ株式会社(神奈川県横浜市)について、保有する全株式を、株式会社エネプライム(東京都新宿区)へ譲渡することを決定した。ウインテストは、高精度高速半導体検査装置の技術開発型企業として、主にイメージセンサ、ディスプレイドライバーIC向け検査装置の開発・設計・製造・販売を行っている。連結子会社オランジュは、高圧太陽光メンテナンス、低圧発電メンテ

わらべや日洋HD、新潟工場の閉鎖および事業譲渡へ

わらべや日洋ホールディングス株式会社(2918)は、連結子会社わらべや日洋食品株式会社(東京都新宿区)の新潟工場の閉鎖および事業譲渡を決定した。わらべや日洋HDは、グループ全体の経営管理などを行っている。連結子会社わらべや日洋食品は、調理済食品の製造および販売を行っている。わらべや日洋HDは、セブン-イレブン向け食品製造事業を営む譲渡先である株式会社デイリーはやしや(長野県松本市)に、当該工場の生

フジシールインターナショナル、スイスの連結子会社PAGO AGの一部事業および不動産譲渡

株式会社フジシールインターナショナル(7864)は、事業ポートフォリオの見直しを目的として、連結子会社であるPAGOAG(スイス、PAGO社)のタックラベル事業および所有不動産を譲渡した。事業の譲渡先は、HelvetikettAG社。(マネジメント・バイアウト方式)不動産の譲渡先は、ValrhenoImmobilienAG社。譲渡価額の合計は、約34億円。フジシールインターナショナルは、パッケージ

フュートレック、連結子会社 メディアジャパンエージェンシーの全株式をエムテツクサービスに譲渡へ

株式会社フュートレック(2468)は、連結子会社(完全子会社)であるメディアジャパン株式会社(愛知県名古屋市)が100%保有する、メディアジャパンエージェンシー株式会社(愛知県名古屋市)の全株式を株式会社エムテツクサービス(愛知県名古屋市)に譲渡することを決定し、エムテツクサービスと株式譲渡に係る株式譲渡契約を締結した。フュートレックは、音声認識システム、音声翻訳システム、声認証エンジン、CRM(

GSIクレオス、紙管関連事業を行う100%子会社 大三紙化工業の持分を田中紙管に譲渡

株式会社GSIクレオス(8101)は、100%子会社(連結)である大三紙化工業株式会社(埼玉県北葛飾郡)のGSIクレオス持分85%を、田中紙管株式会社(大阪府八尾市)に譲渡することで同社と合意した。GSIクレオスは、繊維事業、工業製品事業、ナノテクノロジー事業を展開している。連結子会社の大三紙化工業は、紙管の製造および販売を行っている。田中紙管は、紙管および紙管製造設備の設計開発、製造および販売を

ツナググループHD、労働者派遣事業等を行う連結子会社ツナグ・スタッフィングの全株式を譲渡へ

株式会社ツナググループ・ホールディングス(6551)は、連結子会社である株式会社ツナグ・スタッフィング(福島県郡山市)の全株式を譲渡することを決定した。ツナググループHDは、グループ経営戦略策定および経営管理ならびにそれらに付帯する業務を行っている。HRマネジメント事業、メディア&テクノロジー事業、スタッフィング事業を展開している。ツナグ・スタッフィングは、労働者派遣事業、有料職業紹介事業、請負業

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース