M&Aニュース

REVOLUTION、賃貸管理事業を緑都開発に承継へ

更新日:

株式会社REVOLUTION(8894)は、不動産事業の一部である賃貸管理事業を緑都開発株式会社(山口県下関市)に会社分割(簡易吸収分割)により承継させることを決定した。

REVOLUTIONを分割会社とし、緑都開発を承継会社とする簡易吸収分割方式。

REVOLUTIONは、不動産の売買、仲介斡旋、賃貸物件管理の事業を主に展開している。

緑都開発は、不動産売買・売買仲介、中古再生リフォーム販売等の流通事業、社宅代行・家賃保証等の賃貸管理事業、宅地造成設計施工等の建設事業など不動産業を行っている。

REVOLUTIONは、不動産の売買を強化する戦略を遂行する中、賃貸管理事業について事業の選択と集中の結果として、本会社分割を実施することとした。

賃貸管理事業を緑都開発へ承継することで、当該事業で提供するサービスや地元雇用の維持、およびその価値拡大にあたり最適と判断した。

・今後の予定
本会社分割の効力発生日 2023年8月1日

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、不動産開発・流通・賃貸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

REVOLUTIONに関連するM&Aニュース

REVOLUTION、燦キャピタル社が実施する第三者割当増資を引き受け

株式会社REVOLUTION(8894)は、燦キャピタルマネージメント株式会社(2134、燦キャピタル社)が実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。発行価額の総額は、1,777,776円(新株予約権1個につき4円)。社債及び新株予約権発行価額の総額400,000,000円。REVOLUTIONは、不動産・投資・資産運用を行っている。燦キャピタル社は、投資事業、ソリューション事業を行ってい

フージャースHD(3284)とフィンテック グローバル(8789)、原弘産(8894)の第三者割当を引受け

株式会社フージャースホールディングス(3284)は、株式会社原弘産(8894)が行う第三者割当による新株式及び新株予約権の発行を引受けることを決定した。フィンテックグローバル株式会社(8789)は、原弘産が行う第三者割当による新株式及び新株予約権を引き受ける予定のフィンテック投資事業有限責任組合第19号(出資比率99.9%、以下LPS19号)に、出資することを決定した。フージャースHD及びLPS1

この記事に関連するタグ

「会社分割・吸収分割・事業承継・選択と集中」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

調査データ
「後継者不在率」が2023年、過去最低53.9%に。TDB 全国「後継者不在率」動向調査

企業の後継者問題は改善傾向が続いています。本記事では、2023年の後継者不在の状況について、2023年11月21日に公表された帝国データバンクの調査結果をもとにご紹介します。出典元:帝国データバンク・全国企業「後継者不在率」動向調査(2023)日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走しま

カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

M&A全般
カーブアウトとは?メリットや課題、進め方、企業事例を紹介

~ある上場企業の経営企画部長の悩み~社長から「事業ポートフォリオ見直しに着手せよ」という指示を受けました。選択と集中は不可欠で、子会社や事業の切離し(カーブアウト)も視野に入れたいと社長は力説します。しかし、当社は買収実績があっても売却はほとんどしたことがない。さて、どうしたものか・・・。近年、事業ポートフォリオの見直しに伴う、グループ会社や事業の切り離し、つまりカーブアウトの動きが加速しています

福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

事業承継
福のあるM&Aを! 「みやぎ経営相談窓口」テレビCM放映開始!制作裏話に迫る

左からマーケティングディレクター・鳥越浩暉、宮城専属コンサルタント・松本樹日本M&Aセンターは「にいがた経営相談窓口」に続き、宮城県の経営者の皆様に向けて「みやぎ経営相談窓口」を開設。そして、さらにその存在を多くの方々に届けるべく、11月30日からテレビCMの放映をも開始しました(放映局:仙台放送)。本テレビCMの企画者である日本M&Aセンター・マーケティングディレクターの鳥越と日本M&Aセンター

「会社分割・吸収分割・事業承継・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード