M&Aニュース

REVOLUTION、燦キャピタル社が実施する第三者割当増資を引き受け

更新日:

株式会社REVOLUTION(8894)は、燦キャピタルマネージメント株式会社(2134、燦キャピタル社)が実施する第三者割当増資を引き受けることを決定した。
発行価額の総額は、1,777,776 円(新株予約権1個につき4円)。社債及び新株予約権発行価額の総額400,000,000円。

REVOLUTIONは、不動産・投資・資産運用を行っている。

燦キャピタル社は、投資事業、ソリューション事業を行っている。

REVOLUTIONは、燦キャピタル社の将来的な企業価値向上と、投資リターンが十分に期待できることから、経営関与を目的とせず、純投資を目的として本件引受を決定した。

・今後のスケジュール
払込期日 2022年4月28日
割当日 2022年4月28日

不動産開発・流通・賃貸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

REVOLUTION・燦キャピタルマネージメントに関連するM&Aニュース

REVOLUTION、賃貸管理事業を緑都開発に承継へ

株式会社REVOLUTION(8894)は、不動産事業の一部である賃貸管理事業を緑都開発株式会社(山口県下関市)に会社分割(簡易吸収分割)により承継させることを決定した。REVOLUTIONを分割会社とし、緑都開発を承継会社とする簡易吸収分割方式。REVOLUTIONは、不動産の売買、仲介斡旋、賃貸物件管理の事業を主に展開している。緑都開発は、不動産売買・売買仲介、中古再生リフォーム販売等の流通事

燦キャピタルマネージメント、高山エンジニアリングを子会社化へ

燦キャピタルマネージメント株式会社(2134)は、株式会社高山エンジニアリング(東京都町田市)の株式を一部取得して子会社化することを決定した。異動後の議決権所有割合は、51.0%となる。燦キャピタルマネージメントは、投資事業、ソリューション事業を行っている。高山エンジニアリングは、建設業、発電所、変電所の機器取付・配線工事、再生可能エネルギーを活用する発電所の開発、発電、売電、運営およびそれらの支

燦キャピタルマネージメント、山陽小野田バイオマス燃料供給の株式取得、子会社化へ

燦キャピタルマネージメント株式会社(2134)は、山陽小野田バイオマス燃料供給株式会社(山口県山陽小野田市)の株式の一部を取得し、子会社化することを決定した。発行済株式11,600株のうち、日本小型バイオマスホールディングス株式会社(東京都中央区)が保有する5,900株(50.86%)を取得。取得金額の総額は、1,038,400円(1株につき176円)。燦キャピタルマネージメントは、投資事業、ソリ

燦キャピタルマネージメント、不動産事業のセブンスターと株式交換契約締結、子会社化へ

燦キャピタルマネージメント株式会社(2134)は、セブンスター株式会社(東京都港区)株式交換を実施することを決定し、両社間で株式交換契約を締結した。本件では、燦キャピタルマネージメントを株式交換完全親会社、セブンスターを株式交換完全子会社を株式交換完全子会社とする株式交換となり、セブンスターの普通株式1株に対して、燦キャピタルマネージメントの普通株式74株を割当て交付する。燦キャピタルマネージメン

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資金調達」に関連するコラム

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業の資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、株式譲渡との違い、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは株式譲渡をはじめ、様々なスキームのM&Aを経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから第三者割当増資とは第三者割当増資は、特定の第三者に対して新株を割り当てて

ベンチャーキャピタル(VC)とは?出資を受けるメリット、種類など解説

経営・ビジネス
ベンチャーキャピタル(VC)とは?出資を受けるメリット、種類など解説

企業の成長を目指す経営者から、ベンチャーキャピタルの動向は注目を集めています。本記事ではベンチャーキャピタルの概要、出資を受けるメリット、ベンチャーキャピタルの種類などについて詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々なステージで成長を目指す企業のM&Aをはじめ、経営課題の解決に向けて専門チームを組成しご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらベンチャー

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

M&A全般
事業計画書とは?書き方、押さえておきたいポイントを解説

事業計画書は、自社のビジネスプランを内外に説明する際に重要な資料です。また、事業計画書を作成することで、自社の強みや課題の抽出にも役立ちます。ただし、事業知計画書には規定のフォーマットがない為、ポイントを押さえて作成することが大切です。本記事では、事業計画書の概要やメリット、作成方法についてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援

資金調達とは?調達方法の種類、メリット・デメリットなどわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?調達方法の種類、メリット・デメリットなどわかりやすく解説

企業経営に不可欠な資金調達には様々な方法があります。どのように安全かつ効率的に資金を調達すれば良いのか、本記事では、資金調達の方法や具体例、リスクへの対応などわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達は、企業が成長と持続的な運営を支えるために、必要な資金を得る活動を指します。具体的には、外部からの借入や投資を通じて、企業が資金を集めるプロセスです。企業が資金調達を行う主な理由は「事業拡大・新規

黒字倒産とは?黒字倒産が起きてしまう理由・対策を解説!

経営・ビジネス
黒字倒産とは?黒字倒産が起きてしまう理由・対策を解説!

企業が倒産に陥る背景は様々ですが、利益を上げているにも関わらず、経営に行き詰まる「黒字倒産」が昨今増えています。本記事ではその理由や対策についてご紹介していきます。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・事業承継のお問合せはこち

「第三者割当増資・資金調達」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年4月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード