M&Aニュース

「資金調達」に関連するM&Aニュース一覧

住友ゴム工業、AIを活用した米・車両故障予知会社「Viaduct」へ出資

住友ゴム工業株式会社(5110)は、トータルフリートマネジメントサービスの実現に向け、AIを活用した車両故障予知ソリューションサービスを提供する米国のベンチャー企業であるViaductInc.(米国カリフォルニア州、以下「Viaduct社」)へ出資した。住友ゴム工業は、タイヤ事業やスポーツ事業、産業品事業をグローバルに展開する総合ゴム製品メーカー。Viaduct社は、AIを活用した車両故障予知ソリ

タクシー配車アプリ提供のGO、フリークアウトHDから資金調達

GO株式会社(東京都港区)は、株式会社フリークアウト・ホールディングス(6094)を割当先とする第三者割当増資(シリーズDエクステンションラウンド)による資金調達を決議した。GOは、タクシー事業者等に向けた配車システム提供などモビリティ関連事業を行う。フリークアウト・ホールディングスは、グループ会社株式保有によるグループ経営戦略の策定・管理を行う。GOが提供するタクシーアプリ『GO』は現在、累計1

HENNGE、SMS認証・プライバシーマークの取得運用効率化ツールを提供するSecureNaviへ出資

HENNGE株式会社(4475)は、SecureNavi株式会社(東京都中央区)への出資を実行した。HENNGEは、複数のクラウドサービスのID/パスワードを統合管理するクラウドセキュリティサービス「HENNGEOne」や、クラウド型メール配信サービス「CustomersMailCloud」を提供する。SecureNaviは、企業の情報セキュリティ対策を支援するソフトウェアの開発を行う。「情報セキ

日本政策投資銀行、四国まちづくり&おもてなしプランニングに出資

株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区、以下「DBJ」)は、四国電力株式会社(香川県高松市)、瀬戸内地域の地方銀行および事業会社等による共同出資にて設立される合同会社四国まちづくり&おもてなしプランニング(香川県高松市)に対し、出資を実行した。四国まちづくり&おもてなしプランニングは、マンダリン・オリエンタル・ホテルグループ(以下、「MOHG」)と協業し、2027年夏に開業する「マンダリン・オリ

岩谷技研、第三者割当増資により4億円を調達

株式会社岩谷技研(北海道札幌市)は、VC、事業会社、投資家(非開示)を引受先とする4億円の第三者割当増資を新たに実施した。これにより2020年8月のシードラウンドからの累計調達額は、約20億円となった。岩谷技研は、高高度ガス気球、並びに気密キャビンを設計、開発、製造し、気球による宇宙遊覧を目指す宇宙開発企業。【引受先の概要】・インキュベイトファンド・アサヒグループジャパン・横浜キャピタル・トヨタ紡

電気自動車向け充電スタンド導入・運用のユアスタンド、第三者割当増資を実施

ユアスタンド株式会社(神奈川県横浜市)は、三菱UFJ信託銀行株式会社、およびMC&C投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施した。ユアスタンドは、2018年3月設立。電気自動車向け充電スタンドの導入・運用を行う。今回の資金調達により調達した資金を、主に新規事業の開発に充当し、わが国のEV充電インフラの更なる普及に尽力する。

三菱電機、交通違反・交通状況分析ソリューション提供の米スタートアップへ出資

三菱電機株式会社(6503)は、グローバル・ブレイン株式会社と共同で運営するコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド「MEイノベーションファンド」が出資する第6号案件として、画像解析技術を活用した交通違反の取り締まりサービスや、交通状況分析ソリューションを提供する米国発のスタートアップ企業、HaydenAITechnologies,Inc.(米国カリフォルニア州、HaydenAI)へ出資

地方創生事業のジオフラ、第三者割当増資を実施

ジオフラ株式会社(東京都千代田区)は、W株式会社、株式会社ドーガン・ベータ、NOW株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施した。ジオフラは、2023年3月設立。フィジカル空間における人流を活性化させるプロダクトの企画・開発、地方創生に係る事業を行う。今回調達した資金は「OMOエンターテイメント」による人流の創出を実現するサービスの開発を推進するための組織強化

インテントセールスSaaS開発・提供のSales Marker、シリーズAで資金調達を実施

株式会社SalesMarker(東京都港区)は、シリーズAラウンドで総額8.4億円を調達した。SalesMarkerは、顧客起点でおこなう新時代の営業、インテントセールス※を実現する『SalesMarker(セールスマーカー)』を開発・提供している。急速な事業拡大によりサービス名が広く浸透したため、2023年12月1日社名をCrossBorder株式会社から、サービス名と同じ名称を冠とした株式会社

アセンド、グロービス・キャピタル・パートナーズなどから資金調達

アセンド株式会社(東京都新宿区)は、グロービス・キャピタル・パートナーズ(東京都千代田区)等を引受先とする第三者割当増資により、約3億円の資金調達を実施した。これにより累計調達額は5.8億円となる。アセンドは、運送事業者に特化したクラウド型業務システム「ロジックス」の提供を行う。今回の資金調達は、アセンドが提供するトラック運送事業者向け運送管理システム「ロジックス」をより速やかに、全国の運送事業者

Mujin、日本郵政キャピタルなど2社から総額27億円を追加調達

株式会社Mujin(東京都江東区)は、シリーズCエクステンションラウンドにて日本郵政キャピタル株式会社(東京都千代田区)および他1社より、第三者割当増資による総額27億円の追加資金調達を実施した。これにより、シリーズCラウンド全体の資金調達額は総額150億円、累計資金調達額は232億円となる。Mujinは、2011年7月に設立。知能ロボットを中核に産業オートメーション事業を手掛ける。シリーズCラウ

Global Vascular、第三者割当増資により総額11.7億円の資金調達を実施

GlobalVascular株式会社(東京都新宿区)は、既存投資家であるDiamondMedinoCapital株式会社に加え、田中貴金属工業株式会社、株式会社ファストトラックイニシアティブ、東京理科大学イノベーション・キャピタル株式会社、三菱UFJキャピタル株式会社、東京理科大学インベストメント・マネジメント株式会社、他を引受先とした第三者割当増資により、2023年11月にシリーズAにて総額11

24時間型の訪問介護領域に特化したサービス展開のスリーエス、3.3億円の資金調達を実施

スリーエス株式会社(東京都千代田区)は、第三者割当増資により約3.3億円を調達した。スリーエスは、2019年6月に設立。24時間型訪問介護業務支援SaaS「PORTALL」の開発・販売(SaaS事業)、定期巡回事業(介護保険事業)を行う。今回の資金調達ではマネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社(HIRACFUND2号投資事業有限責任組合)をリード投資家としてニッセイ・キャピタル株式会社、S

Nagisa、ファンクラブプラットフォーム 「FAM」で総額4億円の資金調達を実施

株式会社Nagisa(東京都渋谷区)は、Wfund、mint、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社(HIRACFUND2号投資事業有限責任組合)を引受先とするシリーズAラウンドの第三者割当増資を行った。Nagisaは、2010年5月設立。タレント、クリエイターとファンをつなぐオールインワンファンクラブプラットフォーム「FAM」を提供する。創業時よりスマートフォンアプリの開発を手掛け、マン

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年3月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード