コラム

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。
野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。

握手を交わす三光産業株式会社 代表取締役社長執行役員 石井 正和氏(左)と株式会社ベンリナ― 代表取締役 山本 始氏(右)

メイドインジャパンを世界に発信 思いが合致したM&A

ベンリナ―は、プロから一般家庭まで幅広く使える野菜調理器の製造事業を行っており、メディアにも取り上げられる地域の有名企業です。代表取締役である山本氏は、親族や従業員への事業承継が難しく後継者不在となっていました。ベンリナ―は、商品を世界30か国で販売、海外での売上が約7割を占めており需要は多くあるものの、生産が追い付いていない状況でした。山本氏は、将来的な後継者不在問題の解決と規模の大きい企業と提携することによる会社の更なる成長促進のため、M&Aによる事業承継を決断されました。
「職人が多く、経営マネジメントを担う人材がおらず、第三者への事業承継を選択肢の一つとして考え始めました」と山本氏は語ります。「M&Aを考えたのは2021年からで、60歳になったのでそろそろ後継者を考えようと思っていた段階で、実際に承継するのはまだまだ先のことだと思っていました」と話しました。そのような中、資本提携の候補としてお会いしたのが三光産業の石井社長でした。山本氏と石井氏は、【メイドインジャパンの高い製品力を、世界に発信して商品を売っていきたい】という思いが一致しており、本件のM&Aは加速度的に進んでいきました。「考え方やベクトルが同じであればここまで早いのか」と山本氏は驚きがあったことを振り返り、今後は三光産業と一緒に成長していきたいと期待を語りました。

手紙を読む山本氏の夫人直子氏(右)

奥様から伝えられた感謝の思い

成約式では、山本氏の奥様である直子氏がこれまでの感謝の思いを伝えました。
「結婚当時は銀行に勤めており、このままサラリーマンとして定年までいくものと思っておりましたが、ある日突然、家業を継ぐと聞かされました。その時は、驚きと不安で猛反対し、毎日けんかをして大変でした。今となっては思い出の1つです。社長に就任してからは、家業とはいえ苦労が絶えないのか、疲れた顔で帰って来る日が多かったですね」と山本氏が社長に就任した当時を振り返りました。「ご縁をいただいた三光産業様とともに、より社会に貢献できる会社作りに励んでください。“今日まで会社を守ってくれてありがとう、お疲れ様でした”」と、23年間の社長人生に感謝と労いの言葉を送りました。

同族会社からの脱却 三光産業とパブリックな企業へ

譲受け企業の三光産業株式会社は、東京都内で印刷品製造業を営む東証スタンダード上場企業です。販売力に強みを持ち日本・アジアでの販売網を築き上げてきましたが、主力事業である印刷業の市場は縮小傾向であるため、既存事業以外で収益力のあるビジネス領域にすそ野を広げています。代表取締役社長執行役員である石井氏は、「今回、ベンリナーとの資本提携の決め手は、山本社長のものづくりへのこだわり・情熱を非常に感じたことです。また、東京にはないスピード感・丁寧さに魅力を感じた」と、今回のM&Aについて語りました。今後については、「三光産業のアジア市場における流通ネットワークを利用しながら、世界中の人にベンリナ―の商品を買っていただき使っていただきたいです。まずは増産体制を構築し、供給ができていない部分を解消したい」と意欲を語りました。

成約式の最後に山本氏は、「上場企業に準ずるようなマネジメントをいつかやりたいと思っていました。これを機に、同族会社から脱却してパブリックな会社作りをしていきたい」と決意を語り、両社は新たなスタートを切りました。

■当社担当コンサルタント

譲渡企業様担当 コンサルタント戦略営業部 髙橋 拓也
「ベンリナ―様には米国在住の取締役がおり、その方を含めての親族内での条件調整について、細かくヒアリングし納得できるポイントを探りながら進めました。欧州や北米に海外販路のネットワークをお持ちであるベンリナ―様の強みを活かしながら、共に成長できるパートナーと手を組んでいただけたと感じます。10年後20年後には、日本を代表するブランドに成長してほしいと願っております」
譲受け企業様担当 企業戦略部 福住 訓之
「本業以外のM&Aとなり、三光産業様の社内への影響も大きいと考えていたので、社外的にも社内的にも目的を示せるよう議論を重ねました。三光産業様は、将来ビジョンを明確に描き、新たな挑戦を続けています。さらなる企業規模の拡大をM&Aで実現し成長されることを願っています」

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・M&A・事業承継・M&A仲介・日本M&Aセンター・成長戦略・M&A戦略・後継者不在・後継者・シナジー効果」に関連するコラム

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。(※当セミナーは終了しました)IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務
M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

広報室だより
【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

日本M&Aセンターは、2022年11月に40代以上の中小企業経営者400名を対象に、各社の経営状況や事業承継、M&Aに関する意識調査を実施しました。◆調査結果サマリー調査の結果、後継者候補が決まっていない企業は87.5%と8割を超えていますが、「事業承継を重視している」企業はわずか12.5%、「後継者不在を課題と感じている」企業も13.5%にとどまりました。多くの中小企業が後継者不在にもかかわらず

経営者やM&A支援機関が参加 実体験と学術的分析からM&Aを学ぶ

広報室だより
経営者やM&A支援機関が参加 実体験と学術的分析からM&Aを学ぶ

M&Aの魅力を伝える「M&ATOKAIEXPO2022」(中部経済新聞社主催)が2022年10月26日、名古屋市のウインクあいちで開催され、日本M&Aセンター名古屋支社が初出展しました。イベントには東海エリアに拠点を持つM&A支援機関など11社が参加し、セミナーや相談ブースを通じて、来場者に最新情報をお届けしました。日本M&Aセンターが担当したセミナーをご紹介します。M&A経験のある経営者が実体験

「株式譲渡・M&A・事業承継・M&A仲介・日本M&Aセンター・成長戦略・M&A戦略・後継者不在・後継者・シナジー効果」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

M&A仲介とは?FAとの違い、メリット、選び方を解説

M&A仲介とは?FAとの違い、メリット、選び方を解説

ここまでの「M&Aの流れを学ぶ」記事では、M&Aの具体的な検討を進める際に、相談先として複数の選択肢があることをご紹介してきました。本記事では「M&A仲介会社」の概要、FAとの違い、活用するメリットなどをわかりやすく解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコン

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

「株式譲渡・M&A・事業承継・M&A仲介・日本M&Aセンター・成長戦略・M&A戦略・後継者不在・後継者・シナジー効果」に関連するM&Aニュース

日本エコシステム、テッククリエイトの全株式取得へ

日本エコシステム株式会社(9249)は、株式会社テッククリエイト(石川県金沢市)の全株式を取得し、グループ化することに関し、株主との間で株式譲渡契約を締結することを決定した。日本エコシステムは、環境、公共サービス、交通インフラに関する事業を行う。テッククリエイトは、北陸三県の鉄道線路・施設の保守点検、石川県内の工場・商業施設・公共施設などの給排水衛生設備、空調設備工事等を行う。テッククリエイトのグ

ブロードバンドタワー、持分法適用関連会社エーアイスクエアの一部株式を譲渡へ

株式会社ブロードバンドタワー(3776)は、42.6%の議決権を持つ持分法適用関連会社である株式会社エーアイスクエア(東京都千代田区)の一部株式を、HEROZ株式会社(東京都港区)に譲渡することを決定した。譲渡後の議決権所有割合は、16.7%となる。ブロードバンドタワーは、インターネット業界を中心に多くの産業分野に携わる顧客に対し、データセンターサービス・クラウドサービス・ストレージソリューション

セプテーニHD、韓国子会社の全株式をベクトル子会社に譲渡へ

株式会社セプテーニ・ホールディングス(4293)は、孫会社であるJNJINTERACTIVEINC.(韓国ソウル、以下JNJ)の発行済全株式を、株式会社ベクトル(6058)の子会社であるVectorComInc.(韓国ソウル、以下ベクトルコム)へ譲渡することを決定した。セプテーニ・ホールディングスは、インターネット広告事業を手がけるセプテーニグループの持株会社。JNJは、韓国におけるデジタルマーケ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース