コラム

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。
機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていますが、コロナ禍の影響でリモートによる仕事が浸透したことで実現した遠距離でのM&Aとなりました。両社は、2022年12月12日、山梨県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。

握手を交わすアイドラス代表取締役 石原 敬三氏(左)と鳥取メカシステム 代表取締役社長 林 正太郎氏(右)

自社の工場を持つという従業員との夢の実現に向け 鳥取メカシステムとM&A

山梨県で、省力化・自動化装置の製造装置のメカ設計事業を行うアイドラスの代表取締役である石原 敬三氏は60歳ですが、親族や従業員への事業承継が難しく後継者不在となっていました。漠然とした将来の不安を感じる中、顧問契約をしている税理士である清水総合会計事務所 所長 清水 孝氏と内藤 瑞穂氏に相談したところ、M&Aによる事業承継によって、将来的な後継者不在問題を解決するとともに会社をさらなる成長に導けることを知ります。そして、清水総合会計事務所 清水所長の紹介で日本M&Aセンターに詳しい話を聞くこととなります。最終的に、石原氏は将来的な後継者不在問題の解決と規模の大きい企業と提携することによる人材採用を強化と売上拡大、会社の更なる成長発展を図るため早期の事業承継を決断されました。「需要があっても、人手不足で対応できないこともあり、人材をどのように集めるかが1番の課題でした」と石原氏は語ります。
また、石原氏は「自分たちが設計したものを、見て触って動かししたかった」と自社の工場が欲しいという夢を従業員とともに持っていました。そのような石原氏と従業員の夢の実現も、今回の鳥取メカシステムとのM&Aによる資本提携を決断した背景の一つにありました。「鳥取メカシステムは、設計から製造まで自社で一貫して行っており、他にない優位性がある。まさしく理想の会社の姿です」と晴れやかな表情で思いを語りました。さらに「配膳ロボットや車の自動運転、医療ロボットなど、ますますFAの技術が生活に関わってくる。今後さらに成長していく業界において、鳥取メカシステムさんの力になって一緒に成長したい」とM&A後の両社の成長への期待を語りました。

(前列左から)石原氏、林氏

1番の決め手は社長の気遣い まだ見ぬ頂へ、ともに高みを目指す

譲受け企業の鳥取メカシステムは、鳥取県内で省人化設備・自動化設備などの製造業を営んでいます。県内での設計の人材採用に課題を抱えており、機械設計・制御設計のスペシャリストが多数在籍するアイドラスとM&Aによる資本提携を行いました。代表取締役社長 林 正太郎氏は「当社のメカ設計部門は、10名ほどの従業員が頑張っていますが、人手不足となっており、人材採用が難しい中で今回良縁をいただきました」と今回のM&Aについて語りました。さらに、M&Aにあたってアイドラスの従業員の皆様と話をした際の印象について「大変若く、これから伸びしろのある会社だと感じました。アイドラスの従業員の皆様からも当社の足りない部分を教えていただき、一緒にうなぎ上りで売上・利益を伸ばしていきたい。今後の展開が非常に楽しみです」と話します。
鳥取メカシステム 林氏について、アイドラスの石原氏は「M&Aの話を進める中で、アイドラスの事業や文化を理解していただき、社員や私のことを気遣っていただけていることを、林社長から感じました。それが今回、鳥取メカシステムへの譲渡の1番の決め手になりました」と話しました。
最後に石原氏は「アイドラスの社員共々、林社長と一緒に一段高い頂に立ち、まだ見たことがない景色を全員で見たい」と決意を語り、両社は新たな一歩を踏み出しました。

■当社担当コンサルタント

譲渡企業様担当 コンサルタント戦略営業部 藤田 将之
「石原社長と初めてお会いした時に、後継者を探すだけでなく、会社の成長につなげたいという声をいただきました。今後も会社に残られるということで、手を取り合って、まだ見ぬ頂に到達していただければ我々としても本望です」
譲受け企業様担当 提携法人部 坪本 雅人
「鳥取メカシステム様の将来のビジョンに対して、アイドラス様と提携することで思い描ける未来ができるのかを常に考えながら支援を進めました。アイドラス様との提携によりメカ設計の強化が できたと思うので、今後は鳥取を代表する企業として、日本一の設備メーカーを目指す中で、M&Aの側面からお手伝いをしていきたいと思います」

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・M&A・成約式・事業承継・後継者不在・M&A仲介・日本M&Aセンター・後継者・資本提携・With コロナ」に関連するコラム

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

広報室だより
モーニングサテライト出演で、大きな反響をいただきました!

ちょうど1週間前の2020年10月7日(水)5:45~7:05放映のテレビ東京「Newsモーニングサテライト」に当社代表取締役三宅卓が出演。広報チームも同行いたしました!番組では「コロナ後の日本のM&Aはどうなる」をテーマにした「点検コロナ後の世界」のコーナーで三宅が生出演し、コロナ禍におけるM&Aの状況や中堅・中小企業のM&A仲介のリーディングカンパニーとしての取り組みなどを紹介。特に、地域金融

事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

広報室だより
事業承継・引継ぎ補助金とは?中小企業庁が解説!

本記事では、事業承継・引継ぎ補助金の概要と、本補助金の制度運用を担う、中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐による解説(※)、最新の公募概要をご紹介します。※本記事は2021年6月30日に公開された内容を編集しています。役職等は取材当時の内容です。事業承継・引継ぎ補助金とは事業承継・引継ぎ補助金は、事業承継や事業再編、事業統合を促進し、日本経済の活性化を図ることを目的とした補助金です。具体的には、事業

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務
M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

広報室だより
【中小企業経営者 事業承継・M&A意識調査】8割超が後継者候補未定も、事業承継を「重視している」は1割超にとどまる

日本M&Aセンターは、2022年11月に40代以上の中小企業経営者400名を対象に、各社の経営状況や事業承継、M&Aに関する意識調査を実施しました。◆調査結果サマリー調査の結果、後継者候補が決まっていない企業は87.5%と8割を超えていますが、「事業承継を重視している」企業はわずか12.5%、「後継者不在を課題と感じている」企業も13.5%にとどまりました。多くの中小企業が後継者不在にもかかわらず

跡継ぎとは?後継ぎとの違い、選び方、必要な資質・能力について解説

事業承継
跡継ぎとは?後継ぎとの違い、選び方、必要な資質・能力について解説

日本では多くの中小企業が後継者問題に直面しています。本記事では事業を承継する跡継ぎについて、後継ぎとの違いや承継方法などを解説します。跡継ぎとは「跡継ぎ」とは、家督(かとく)、すなわち相続すべき財産、事業、権利関係を引き継ぐことを意味します。かつて日本では一家の長男が跡継ぎになるのが一般的でしたが、現代ではあまり見られません。その理由としては、家父長制的制度の崩壊や少子高齢化による出生数の激減が挙

「株式譲渡・M&A・成約式・事業承継・後継者不在・M&A仲介・日本M&Aセンター・後継者・資本提携・With コロナ」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

M&A仲介とは?FAとの違い、メリット、選び方を解説

M&A仲介とは?FAとの違い、メリット、選び方を解説

ここまでの「M&Aの流れを学ぶ」記事では、M&Aの具体的な検討を進める際に、相談先として複数の選択肢があることをご紹介してきました。本記事では「M&A仲介会社」の概要、FAとの違い、活用するメリットなどをわかりやすく解説します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコン

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

「株式譲渡・M&A・成約式・事業承継・後継者不在・M&A仲介・日本M&Aセンター・後継者・資本提携・With コロナ」に関連するM&Aニュース

スズケン、ファーマライズHDとの間で資本業務提携契約を締結、同社株式を取得へ

株式会社スズケン(9987)は、ファーマライズホールディングス株式会社(2796)と資本業務提携契約を締結し、同社の株式を取得することを決定した。スズケンは、医療用医薬品・試薬・医療用機器・医療材料・食品などの販売、医療用機器の開発製造を行っている。ファーマライズホールディングスは、調剤薬局の経営を行うグループの持株会社。両社は、事業環境の変化への対応について協議。ファーマライズホールディングスの

システムインテグレータ、新設分割によりE-Commerce事業を承継へ

株式会社システムインテグレータ(3826)は、ECサイト構築パッケージソフトウエアの開発・販売事業が持つ権利義務を、簡易新設分割により、新たに完全子会社として設立する株式会社DGコマース(東京都渋谷区、以下「新設会社」)に承継させたうえ、新設会社の発行する株式のうち60.0%を株式会社DGフィナンシャルテクノロジー(東京都渋谷区)に譲渡することを決定した。【分割する事業内容】・ECサイト構築パッケ

テクミラホールディングス、リンクアンドコミュニケーションを子会社化へ

テクミラホールディングス株式会社(3627)、および完全子会社であるネオス株式会社(東京都千代田区)は、ネオスのヘルスケア事業を、株式会社リンクアンドコミュニケーション(東京都千代田区、以下L&C社)に吸収分割により承継させると發表した。併せて、会社分割の対価としてネオスが割当てを受けたL&C社株式を、テクミラホールディングスが剰余金の配当で取得することにより、L&C社はテクミラホールディングスの

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース