M&Aを学ぶ

M&A仲介とは?FAとの違い、メリット、選び方を解説

M&Aの流れを学ぶ
更新日:
理想の買い手企業が見つかります。会社売却先シミュレーションM-Compass。シミュレーションする

⽬次

[表示]

M&A仲介とは
ここまでの「M&Aの流れを学ぶ」記事では、M&Aの具体的な検討を進める際に、相談先として複数の選択肢があることをご紹介してきました。
本記事では「M&A仲介会社」の概要、FAとの違い、活用するメリットなどをわかりやすく解説します。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

M&A仲介とは

M&A仲介とは、企業の合併や買収に関与し、取引を円滑に進める専門家や会社のことを指します。
その中でも近年増加傾向にあるのが、法人、個人、様々な規模の会社や事業者が存在するM&A仲介会社です。

M&A仲介の仕組み

M&A仲介社は、譲渡企業(売り手)と譲受け企業(買い手)の間に立ち、中立的な立場で交渉の仲介・助言を行います。どちらか一方の会社の立場ではなく、両社の間に立ち、客観的かつ中立的な立場で交渉をサポートする点が特徴と言えます。

M&A仲介をとりまく環境


近年、M&A仲介をとりまく環境は大きく変化を遂げています。その中で、主な動きをご紹介します。

中小M&Aガイドラインの策定、改訂

中小企業経営者において、M&Aに対する知見がまだ十分でないのが現状を改善するべく、中小企業向け、そして中小企業のM&Aを支援する事業者(仲介者・FA)の手引書として「中小M&Aガイドライン」が2020年3月に策定されました。策定後も随時、状況に合わせてガイドラインの改訂が行われています。

M&A支援機関登録制度の開始

2021年9月、中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤を構築するため「M&A支援機関登録制度」が設けられました。

中小企業庁によると2022年度の公募で「M&A支援機関登録制度」の登録ファイナンシャルアドバイザーと仲介業者の数が2,887件(12月公表分)となり、初年度公募の登録数(2823件)を上回りました。その内訳はM&A専門業者(FA・M&A仲介)が1,085件、税理士が598件、公認会計士が288件、地方銀行が77件、信用金庫・信用組合が61件と発表されています。

M&A仲介協会の設立

2021年10月、M&A業界の健全な発展と日本経済に貢献するため、一般社団法人「M&A仲介協会」が設立されました。

協会の理事は、M&A仲介会社の日本M&Aセンター、ストライク、M&Aキャピタルパートナーズ、オンデック5社で構成され、中小M&Aガイドラインをはじめとした法令・制度の啓発と遵守の呼び掛け、人材育成のための教育と研修機会の提供、事業承継とM&Aに関する相談窓口の運営を担っています。

M&A仲介とFA(ファイナンシャル・アドバイザー)の違い


M&AにおけるFA(ファイナンシャル・アドバイザー)は、「譲渡企業(売り手」」もしくは「譲受け企業(買い手)」のいずれか一方の会社と契約し、M&A実行を支援する専門家を指します。
M&A仲介会社と同様に、FAにおいてもM&Aの計画から交渉、スキーム立案・クロージングまでの幅広い範囲でアドバイスを行い、M&A実行の支援を行います。

いずれか一方の契約した顧客の利益を最大化するために動く、という点において、両者のメリットの最大化を念頭にM&A実行の支援を行うM&A仲介と大きく異なります。

一般的にFAは「大手上場企業同士のM&A」や「海外企業とのM&A(=クロスボーダーM&A)※」等の規模の大きい、専門性の高いM&A支援で利用されることが多く、証券会社の投資銀行部門・コンサル会社・大手会計事務所がFAの役割を担うケースが多く見られます。
※中小企業におけるクロスボーダーM&Aでは、国内同様にM&A仲介会社を介するケースが多く見られます。

M&A仲介を活用するメリット


M&Aの仲介会社を活用する主なメリットは、以下の通りです。

専門的なアドバイス、サポートを得られる

M&Aのプロセスにおいては法務、会計など専門的な知識が求められる局面が多々生じるため、M&Aの仲介会社から専門的なアドバイス、サポートを受けることが望ましいでしょう。

また、M&A仲介会社によっては、コンサルタントの他、弁護士や公認会計士、税理士など士業の専門家を社内に擁し、チームで対応する会社も存在します。そのような体制の場合、M&Aを進める中で問題や懸念が生じた際に、適切なアドバイスを受けることが可能になります。

提携先やネットワークを利用して、幅広い候補企業から探せる

M&A仲介会社は、顧客企業にとって適切な候補企業を、自社のネットワークや提携先の情報を活用し、見つけ出します。

単に相手を見つけるだけでなく、顧客企業の風土に合うか、シナジーを有効に発揮できるのか、冷静な視点で分析したうえで提案を行います。

複雑で難しい交渉も間に入って進めてもらえる

企業価値の算出、必要書類の作成、相手先企業との交渉など、当事者同士では難しい複雑なプロセスをワンストップで相談できることも、仲介会社を介するメリットの一つです。

M&Aの交渉では広範囲にわたる事項の取り決めが必要です。オーナーのための株価交渉、社員の処遇、引継ぎ方法など決めなければいけないことは多岐にわたり、また、会社法や各種税法など多くの法律が関係してきます。M&Aを安心して進めるためにも、契約書や覚書を多数作る必要があります。

直接交渉ではなく仲介者を介することで、お互い主張すべきことは主張し、冷静に客観的に感情のもつれなく妥協点を見出しやすくなることは大きなメリットとして挙げられます。仲介者が双方と直接コミュニケーションを行うため、情報の整理や伝達が早く、結果スムーズにM&A成約につながる確率が高まります。

M&A仲介を利用する際にかかる費用

一般的にM&A仲介会社に支払う費用として以下の項目が挙げられます。M&A会社によって価格や料金体系、項目の名称が異なるため、内容をふまえ慎重に検討することが必要です。

相談料

その名の通り、正式に契約をする前の相談時に支払う費用です。大手M&A仲介会社では相談料を無料に設定しているケースが多く見られます。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

中間報酬(中間金)

基本合意書が締結された時点で支払う費用が、中間報酬です。会社によって「無料」「一定額(100万円など)」「成功報酬の総額に対して10~20%」のように分かれています。

月額報酬(リテイナーフィー)

M&A仲介会社によっては、M&Aを検討するスタート段階から月額報酬を支払うケースもあれば、基本合意書締結後から支払うケースもあります。
M&Aは、場合によっては長期化するケースもあるため、自社の状況を十分に考えた上で慎重に判断しましょう。

M&A仲介会社を選ぶポイント


実際にM&Aの仲介会社を選ぶ際、気を付けておきたいポイントは以下の通りです。

情報量やマッチング実績を公開しているか

M&Aの成否が決まる大きな要素の1つは、相手企業を見つけ出すマッチングです。最適な相手と出会えなければ、当然ながらM&Aの目的を達成することができません。

しかし自社単独で多くの候補企業を見つけ出すことは困難であるため、企業情報を持つ金融機関などの情報ネットワークを保有するM&A仲介会社をパートナーに選定することが成功に近づく一歩になります。

提携先・外部ネットワークの数、成約件数を公開しているかどうかも、仲介会社選定時の目安になります。

日本M&Aセンターの提携先・ネットワーク

また情報量だけでなく、最適なマッチング、企業同士の引き合わせをどのように行っているのか、マッチングの仕組みなども見ておくと良いでしょう。

自社のニーズに対応したサポートが受けられるか

仲介会社によって得意、不得意の業界、エリアは存在します。経験や実績が豊富な大手仲介会社は、広範囲にわたるエリアで、あらゆる業界に対応している傾向にあります。

そのため、自社の業界、隣接業界、エリアでの実績の有無を事例インタビューなどから確認するのも、判断材料の1つになります。

日本M&AセンターM&A事例インタビュー

また、M&Aのプロセスにおいてサポートする範囲が異なるのも注意点です。大手仲介会社の多くは、案件の組成、相手先となる候補企業の抽出、交渉、デューデリジェンス、契約書類の作成、そしてM&A後の統合と一気通貫したサービスを提供しています。

選定する際に、自社のニーズにあったサポートを提供してくれるか、M&Aサービスの流れ、範囲の確認も外せないポイントです。

安心できる情報管理体制か

M&Aは「秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われるほど、情報の取り扱いに細心の注意が必要です。

M&Aの交渉中に、何らかの事情で情報が外部に漏れてしまうことになれば、M&Aが破談に終わるだけでなく、取引先への影響や、インサイダー取引など企業経営に深刻なダメージを及ぼすことも覚悟しておかなければなりません。

そのような事態を防ぐためには、情報管理が徹底されている会社かどうかを見極めるため、組織としてどのように情報管理を行っているのか、日ごろの取り組みを含めてM&A仲介会社にヒアリングを行うことも重要です。

終わりに

以上、M&A仲介の役割や、メリットなど概要をご紹介しました。
M&A仲介会社を選ぶ際は、手数料や知名度だけでなく、「情報量やマッチング実績を公開しているか」「自社のニーズに対応したサポートが受けられるか」「安心できる情報管理体制か」という視点で選定することがポイントです。

また、多岐にわたるM&A実行プロセスの中で、情報漏洩など予期せぬ出来事にも経験豊富な仲介会社が間に立っていれば、臨機応変に対応することができ安心して進められます。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

STEP1

M&Aの基礎知識を学ぶ

STEP2

M&Aの流れを学ぶ

STEP3

M&Aの専門知識を学ぶ

「M&Aの流れ・M&A仲介・提携仲介契約」に関連する学ぶコンテンツ

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲受企業(買い手)の事前準備

昨今、M&Aは企業を成長させる手法の一つとして注目を集めています。M&Aで買収を行う譲受企業(買い手)の目的は「売上企業の拡大・シェア向上」「事業の多角化・新規事業参入」「人材の獲得・技術力向上」など多岐にわたります。本記事では、譲受企業(買い手)の目線で、M&Aを検討し始めた際、事前に準備すべきことは何か、どういった相談先があるのか、大切なファーストステップについてご紹介します。譲受企業(買い手

基本合意書(MOU)とは?M&Aで締結する目的・留意点を解説

基本合意書(MOU)とは?M&Aで締結する目的・留意点を解説

M&Aにおいて基本合意書は、主に交渉内容やスケジュールなどの認識を明確にし、スムーズに交渉を進めることを目的として締結されます。本記事では、基本合意書の概要や作成するにあたり注意すべき点などについてご紹介します。なお、本文では中小企業M&Aにおいて全体の8割程度を占める、100%株式譲渡スキームを想定した基本合意書の解説とさせていただきます。日本M&AセンターではM&Aに精通した弁護士・司法書士・

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

M&Aの最終契約に盛り込まれる事項は多岐に渡ります。ここでは、最終条件の交渉を行う上で、主要な事項及び細目事項をご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら最終条件の交渉とは最終契約書が締結されて、M&Aは実行フェーズにうつります。株式譲

PMIがM&Aにおいて重要な理由とは?PMIの専門家が解説

PMIがM&Aにおいて重要な理由とは?PMIの専門家が解説

M&Aは成約がゴールではありません。両社が思い描いていた成長を実現することこそがゴールであり、M&Aの成約はいわば成長に向けたスタートとも捉えられます。本記事では、M&Aの成否のカギを握るPMIについて、その概要やポイント、最後によくある質問と回答をご紹介します。日本M&Aセンターグループでは、お客様のM&Aをご支援するほか、M&A後のスムーズな統合に向けたPMIコンサルティングにも対応いたします

デューデリジェンス(DD)とは?目的や種類をわかりやすく解説

デューデリジェンス(DD)とは?目的や種類をわかりやすく解説

M&A成功の鍵は、取引前に行うデューデリジェンス(DueDiligence)、つまり、事前調査にあります。本記事ではデューデリジェンスの目的、種類、進め方についてわかりやすく解説します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらデューデリジェンスとは

M&Aのディスクロージャー(情報開示)はいつ行う?従業員への伝え方などポイントを解説

M&Aのディスクロージャー(情報開示)はいつ行う?従業員への伝え方などポイントを解説

M&Aは「秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われるほど、秘密保持を重視しています。一般的には最終契約書にサインされるまで、たとえ身近な自社の従業員であってもその事実は公表されることはありません。情報漏洩により、M&Aの予定を第三者に知られては会社の存続に関わる問題となりうるからです。本記事では関係者へのディスクロージャー(情報開示)にあたって、あらかじめ押さえておきたいポイントをご紹介します

「M&Aの流れ・M&A仲介・提携仲介契約」に関連するコラム

業界の発展に貢献するM&A研究・産学官連携推進とは

広報室だより
業界の発展に貢献するM&A研究・産学官連携推進とは

産学官連携によりM&A仲介業界の発展に貢献するため、日本M&Aセンターホールディングスに「M&A研究・産学官連携推進室」が発足します。業界の課題解決に向けての取り組み状況や発足の経緯、今後の展望などを、M&A研究・産学官連携推進室長/法務部長横井伸さんと、経営企画部横山逸郎さんに聞きました。横山逸郎さん(写真左)・横井伸さん(写真右)M&A仲介業界は新たな時代へ突入ーM&A研究・産学官連携推進室が

【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

広報室だより
【M&A成約式】 上場企業とのM&Aで生産力向上、メイドインジャパンの製品力で成長促進へ

「メイドインジャパンの製品を世界に発信したい」という思いが合致したM&Aとなりました。野菜調理器製造事業を行う株式会社ベンリナー(以下、ベンリナー、山口県岩国市)は、印刷品製造業を営む三光産業株式会社(以下、三光産業、東京都)と資本提携を結びました。両社は、2022年12月22日、広島県内のホテルにてM&A成約式を執り行いました。握手を交わす三光産業株式会社代表取締役社長執行役員石井正和氏(左)と

【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

広報室だより
【M&A成約式】将来的な後継者不在を解決し、社長と従業員の夢を実現するM&A

「自分たちが設計したものを、見て触って動かしたい」という譲渡企業の社長と従業員の夢を実現するM&Aが成立しました。機械設計事業・制御設計事業を行うアイドラス株式会社(以下、アイドラス、山梨県中央市)は、省人化設備・自動化設備などの製造業を営む株式会社鳥取メカシステム(以下、鳥取メカシステム、鳥取県鳥取市)と資本提携を結びました。両社の所在地である山梨県と鳥取県は直線距離で実に約400キロ離れていま

FA(ファイナンシャル・アドバイザー)とM&Aコンサルタントの違いとは? ポイントをわかりやすく解説

M&A全般
FA(ファイナンシャル・アドバイザー)とM&Aコンサルタントの違いとは? ポイントをわかりやすく解説

国内外のM&Aの専門家であるDr.Mが、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。第5回となる今回は・・・?M&Aをとりまく環境とは—ドクター本日のテーマをお願いします。Dr.M:今回のテーマはM&Aをとりまく環境、そしてよくご質問いただくM&A仲介とFAの違いについてお届けしようと思います。ひと昔前までは映画やドラマの影響によって、「M&A」「企業買収」は、

M&Aにおけるアドバイザリー契約とは?契約形態、交渉形式について解説

M&A全般
M&Aにおけるアドバイザリー契約とは?契約形態、交渉形式について解説

本記事ではアドバイザリー契約の概要、他の契約との違いについて紹介していきます。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらからM&Aアドバイザリー契約とは?アドバイザリー契約とは一般的に、外部の専門家や事業者から特定の業務において専門的な知識、経験に基づく助言、

中小企業庁がM&A支援機関登録制度を創設。日本M&Aセンター含め2,253事業者が登録(2021年10月)

中小企業庁がM&A支援機関登録制度を創設。日本M&Aセンター含め2,253事業者が登録(2021年10月)

中小企業が安心してM&Aに取り組むことができる環境整備を進めるため、中小企業庁は初めてM&A支援機関の登録制度を創設しました。株式会社日本M&Aセンターは、中小企業庁の「M&A支援機関に係る登録制度」に登録をしております。本記事では、登録事業者の状況について「中小企業庁『M&A支援機関登録制度に係る登録ファイナンシャルアドバイザー及び仲介業者の最終公表について(令和3年10月15日更新)』をもとに