M&Aを学ぶ

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

M&Aの流れを学ぶ

⽬次

[表示]

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント
最終契約に盛り込まれる事項は多岐に渡ります。ここでは、最終条件の交渉を行う上で、主要な事項及び細目事項をご紹介します。

最終条件の交渉とは

最終契約書が締結されて、M&Aは実行フェーズにうつります。株式譲渡のスキームにおいて締結される株式譲渡契約書は、株式と代金を交換して、経営権を移譲することを目的としています。また、それに伴いM&Aで譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)がそれぞれ実現したいことを果たすための双方の権利義務を定めています。場合によっては双方の意見が重ならず、最終局面でやむなく破断となる可能性もあります。また、成約に至ったとしても、一方にとって著しく不利な内容である場合には、事後的にトラブルに発展したり、禍根を残してしまうケースもゼロではありません。
最終条件の交渉では、お互いにM&Aを目指す理由・目的を改めて確認し、それぞれが譲れない条件をしっかりと主張するとともに、相手方の主張内容やその背景、事情にも配慮した上で、交渉を進めていく必要があります。
また、円滑なPMIのため、M&A実施後の運営体制や統合戦略もこの段階から検討します。

最終条件の交渉のタイミング

最終条件の交渉はデューデリジェンス(買収監査)の後から開始されます。デューデリジェンス(買収監査)が終了すると、通常7~10日後に監査を実施した監査法人から「買収監査報告書」が提出されます。基本合意契約のときに株価を決めるベースとなった「修正貸借対照表」と「買収監査報告書」との間には乖離がある場合があります。その乖離を1点ずつ検討して最終的な株価を決定します。乖離の中には明らかに決算書が間違っていた、という項目もありますが、視点の違いや評価基準の違いによる乖離も多いです。これらはどちらが正しいと一概に言えるものではないので、慎重な調整が必要です。

譲渡側(売り手)が意識しておくべきポイント

最終条件の交渉を行う上で、譲渡側(売り手)が意識しておくべきポイントは大きく以下の3点です。

希望条件に優先順位を付ける

譲渡側(売り手)が希望する条件項目は、希望株価、従業員の処遇維持、既存取引先との取引継続など複数に及ぶことが一般的です。希望条件の全てが満たされるに越したことはありませんが、譲受(買い手)候補企業にも同じく希望条件があるため、現実的には全ての要求が通ることはありません。
最終条件の交渉に当たり、自身の価値観に照らして、希望条件の優先度を明確にすることが重要です。M&Aを成立させ、その後のPMIを成功させるためには、本当に自らが譲れない条件以外は、時として譲受け候補企業の主張も受け入れる姿勢も非常に重要となります。

譲渡タイミングを逃さない

条件交渉の終盤になればなるほど、譲渡側(売り手)オーナーは「このM&Aを成約しても良いんだろうか。」と思い悩み、考え直すことがあります。「業績もいいし、もう少し待ったら、もっといい条件の買い手がでてくるのではないか。」といった欲がでてくるのです。
譲渡タイミングを検討する上では「業界」と「会社」が成長期にあるタイミングがベストと言われています。それを逸したタイミング(成長鈍化、業績下降)では好条件は期待できません。オーナーが「もったいない」「手放すのが惜しい」と思える会社だからこそ、譲受(買い手)候補企業が手を挙げるものと理解することが肝要です。

最終判断はオーナーが行う

M&Aの意思決定は譲渡側(売り手)オーナーにとって重圧の掛かる決断となります。株を保有しているかどうかを問わず、親族や役員、顧問税理士に相談を求めるケースがありますが、時に各立場での意見・アドバイスが場を混乱させ、まさに「船頭多くして船山に上る」という状態に陥ることがあります。この状態が続けば交渉が長期化し、場合によっては譲受け候補企業が痺れを切らして検討を辞退する可能性もあります。最後は譲渡側(売り手)オーナー(筆頭株主)が決断するという覚悟を持って、最終条件の交渉に臨みましょう。

譲受側(買い手)が意識しておくべきポイント

最終条件の交渉を行う上で、譲受け候補企業側が意識しておくべきポイントは大きく以下の3点です。

M&Aにリスクはつきものと割り切る

最終条件の交渉では、基本合意契約の内容と買収監査の結果の間で差異があったものを中心に調整することになります。譲受(買い手)候補企業の中には、投資リスクへの恐怖心から、些細な問題点にまで執着し、譲渡側(売り手)へ過度な要求を行う場合があります。
M&Aではいくらリスク軽減策を検討しても、投資リスクをゼロとすることは不可能です。リスクがあるからこそリターンがあると割り切り、最終条件の交渉においては、自社のリスク回避と譲渡側(売り手)との信頼関係のバランスを意識しましょう。

M&A後の「社長」の処遇に注意する

M&A後の旧経営陣の処遇は重要な課題です。譲受(買い手)候補企業にとっては、買収後こそがM&Aの勝負になります。買収後にきちんと得意先や技術の引継ぎが行われて、順調に利益が上がらないと買収の目的を果たすことはできません。
譲渡企業の多くは、社長自身が得意先、従業員、技術等に極めて大きな影響力を持っています。従って、M&A後にうまく会社を引き継いで、譲渡企業の従業員や取引先に感謝されながらも、いま以上の利益を上げていくためには、譲渡企業の社長の協力が必要不可欠な場合が多いです。
最終条件の交渉における旧経営陣の処遇については、尊厳を守り、自発的な協力を促すものとなる様、細心の注意を払いましょう。

将来ビジョンを持ち、PMIを想定すること

円滑なPMIのため、M&A実施後の運営体制や統合戦略も最終条件の交渉のタイミングで検討します。買収は企業成長の手段であり目的ではありません。両社が更なる飛躍を遂げられる様、買収日当日からスムーズに統合作業が開始できることが望ましいです。
戦略なきM&Aは必ず失敗します。買収によってどういう展望が描けるのか、それを確実に実現するために新役員体制はどうあるべきか、譲渡企業従業員や取引先へはどのように開示すべきか、など最終条件の交渉とともに真剣に検討しましょう。

最終条件の調整内容

最終契約に盛り込まれる事項は多岐に渡ります。ここでは、最終条件の交渉を行う上で、主要な事項及び細目事項を紹介します。

最終条件の決定

最終条件の決定を行うために、次のような事項について決定しなければなりません。主な内容としては下記になります。

スキーム 株式譲渡、事業譲渡など、どの手法でM&Aを実施するかを定めます。
株価 買収監査の結果も踏まえ、最終的に株価を決定します。
退職金 スキームによって退職金についての扱いも異なってきます。ちなみに株式譲渡では、株価+退職金が譲渡価格となります。
資本提携日 資金決済日と同一となります。
譲渡代金の支払い方 買い主から売り主の指定口座に送金する方法が一般的です。場合によっては、エスクロー(第三者となる金融機関が入り譲渡代金を決済する方法)などの条件を定めます。
従業員の処遇 M&A後の譲渡企業の従業員・社員の処遇を定めます。全員引き受ける条件にするケースが一般的です
譲渡企業社長の処遇 譲渡企業社長の尊厳を守り、自発的な協力を促す処遇にすることが大切となります。
譲渡企業社長の連帯保証、担保提供の解除方法 譲渡企業社長が連帯保証人の地位から外れ、担保提供を解除するための手続きを定めます。「買い手が売主の連帯保証と担保の差し入れの解除に責任を持つ」旨の条項を入れることが一般的です。

細目事項の決定

企業を引き継ぐためには決めておかなければならない細かいことがたくさんあります。それらを総称して「細目事項の決定」と呼びます。

細目事項の一例

  • 譲渡企業の社長が趣味で集めた絵画の取り扱い
  • 譲渡企業の、贅沢すぎる社有車・骨董品・ゴルフ会員権・別荘などの処分方法
  • 譲受候補企業から譲渡企業に派遣される役員

最終契約締結前にきちんと決定しておくことが、M&A成立後にトラブルが起きることを防ぐために重要です。

終わりに

以上、最終締結前に押さえておきたいポイントをご紹介しました。締結後もスムーズに歩みを進めるために、妥協することなく、きちんと互いの条件を確認しあう最後のフェーズとして慎重に進めていきましょう。
日本M&Aセンターには弁護士をはじめ士業の資格を持つプロフェッショナルが在籍し、契約に際してもサポートを行っております。

詳しくは数々のM&Aを成功に導いた、経験・実績豊富な専門のコンサルタントまでお気軽にお尋ねください。
お問合せはこちらから

STEP1

M&Aの基礎知識を学ぶ

STEP2

M&Aの流れを学ぶ

STEP3

M&Aの専門知識を学ぶ

「M&Aの流れ・M&A法務・最終契約」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

最終契約書とは概要・目的最終契約書(DefinitiveAgreement、通称「DA」)とは、M&Aの最終段階において締結される、当事者間の最終的な合意事項を定めた最も重要な契約書です。基本合意書は、デューデリジェンス(買収監査)実施前における、交渉過程の確認や中間的な合意を確認するためのものであり、今後の交渉を阻害しないための約束事(独占交渉権限の付与や秘密保持義務の設定その他の一般条項)以外

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が存在することは「M&Aの専門家」の記事でご紹介しました。本記事では具体的に誰に、どのような視点でM&A実行を目指して

M&Aにおける基本合意書の締結

M&Aにおける基本合意書の締結

基本合意書とは中小企業M&Aでは譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)双方の意思決定者が顔合わせをするトップ面談で両者の意向が一致すると、M&A対価の概算や対象企業の役員の処遇など基本的な条件のすり合わせが行われます。そして、ある程度条件が固まってくると、その時点での譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)の合意事項を確認し、いくつかの基本事項について合意するために契約が書面により締結されます。それが基本合

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

デューデリジェンスとは?種類や行う流れ、注意点までくわしく解説

M&Aを進める中で行われるデューデリジェンスとは、どのような行為を指すのでしょうか。この記事ではデューデリジェンスの概要や種類、流れなどを解説します。そのほか注意する点にも触れており、デューデリジェンスに欠かせない情報が得られるでしょう。デューデリジェンスとは?M&Aでよく使われるデューデリジェンスとは、譲渡対象企業に対する事前調査のことです。英語であらわされるDueDiligenceは、日本語で

M&A成功のカギを握るトップ面談とは。押さえておきたいポイント

M&A成功のカギを握るトップ面談とは。押さえておきたいポイント

トップ面談とはM&A実行プロセスにおける「トップ面談」とは、譲渡企業(売り手)と譲受け候補企業(買い手)両社の経営者同士が直接顔を合わせることです。結婚でいう「お見合い」に相当するもので、互いの事業に関する疑問を解消するとともに、決算書などの文字や数字では見えない相手(経営者)の人間性や経営理念等を把握し、相互理解を深める場となります。トップ面談の目的トップ面談は譲渡企業と譲受け候補側の意思決定権

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

譲渡企業(買収先)の本格検討へ。詳細情報の確認・分析

本記事では、M&Aをいよいよ本格的に検討する段階で押さえておきたいポイントについてご紹介してまいります。譲渡企業(買収先)の本格検討に向けてまず、買収をなかなかスムーズに実現できない多くの企業が陥りがちな落とし穴として、2点注意していただきたいことがあります。M&Aをすること」を目的にしないもともと「M&Aをしたい」ということで検討を始める企業は存在しません。例えば「売上100億円まで到達したい」

「M&Aの流れ・M&A法務・最終契約」に関連するコラム

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

M&A法務
法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

「株券を紛失してしまった」「実は未払い残業代がある」…会社の規模の大小にかかわらず、M&Aには複雑な手続きが必要です。M&Aの過程では中小企業ならではのトラブルも起きるので、知識がないととまどってしまいます。年間約700件のM&A成約を支援する日本M&Aセンターでは、弁護士・司法書士といった法務のプロフェッショナルたちが7名在籍し、当社所属のコンサルタントに対してきめ細かくスピーディーなサポートを

M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

PMI
M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

M&Aにおける人事労務面の統合(PMI)は、吸収合併、株式譲渡、事業譲渡・会社分割により進め方・特色に違いがある。PMIとは|M&A用語集吸収合併の場合被買収会社の人事労務体系を買収会社の人事労務体系にいわば「片寄せ」できるかは、M&Aの実務上大きな課題である。事業譲渡(譲受)の場合と異なり、合併では被買収会社の労働者の地位はクロージングにより包括的に承継されるので、合併前に人事労務面の統合に関す

未払賃金の時効の「援用」とは?

M&A法務
未払賃金の時効の「援用」とは?

以前のコラムでは、未払賃金を請求する場合、時効期間が労働基準法第115条に定められた2年間を超えた後も認められる場合も考えられるという、時効期間の問題について取り上げました。一方で、時効期間が経過しても債務の履行を拒めない場合があります。今回は、会社側が時効を主張する場合の問題について書こうと思います。Timeismoneyというけれど・・・時効の利益を得るには「援用」が必要一般的に、時効期間が経

中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

M&A法務
中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

株の問題というのは、まさに中堅・中小企業のM&A法務に特有の問題です。中堅・中小企業のM&A法務は“株の問題にはじまり株の問題に終わる”と言っても過言ではありません。株主の賛成可否が中堅・中小企業の未来を左右する?!株式の分散、反対株主・・・上場企業のM&Aとなると、株そのものについては証券会社などで厳格に管理されていますし、上場審査も経ておりますので、中堅・中小企業に比べればそこまで深刻な問題は

未払賃金-結構難しい、時効の問題

M&A法務
未払賃金-結構難しい、時効の問題

今回は、法務室長・横井(弁護士)が、中小企業のM&Aで問題になることが多い未払賃金の問題を取り上げます。未払賃金-結構難しい、時効の問題法務・労務DD(デューデリジェンス)の結果、所定労働時間を大幅に超過する労働者の勤務実態や実体の無い管理職(いわゆる名ばかり管理職)の存在が発覚した場合、未払残業代の存在が疑われます。その場合、対象会社は一体何年前に遡って未払賃金の支払義務を負わなければならないの