M&Aを学ぶ

M&Aにおける法務を詳しく解説!

M&Aの専門知識を学ぶ

⽬次

[表示]

M&Aにおける法務

M&Aで法務が必要になる場面とは

M&Aにおける法務の必要性

M&Aの実行に当たってはビジネス・財務・法務、すべての観点が欠かせません。このうち、ビジネスの観点は、譲受側(買い手)の経営陣が得意とされるところです。そして財務的観点は、ほとんどの中小企業で決算書等の数字を中心にまず確認される点です。これらの2つに加え重要になるのが、法務的観点です。

そもそもM&A自体、会社法等の様々な法令を適用して行われる手続です。法令上求められる手続を知ることで、ビジネスにあわせたスケジュールやスキームを検討することが可能になります。
また、例えば株式譲渡の場合、 対価を払う対象は株式という目に見えない権利です。対価を支払う前提となる株式の帰属の確認は、会社法をふまえた法務的観点からの確認になります。
事業における法令遵守はM&Aに限られたものではありませんが、特にM&Aの実行においてはクロージングを境に譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)のリスク負担の検討が生じます。また、クロージング後に違法行為が判明すると譲受側(買い手)グループ全体に影響することもあります。そこでこれらの論点をあらかじめ把握し、リスクに応じてその低減(軽減)・回避・移転を検討することが法務的観点になります。それでは、具体的なプロセスごとに見てまいりましょう。

基本合意段階

譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)が交渉に入る前に 秘密保持義務や独占交渉権等の取り決めの検討が行われます。それぞれの条項の法的効力を把握し、きちんと理解しておく必要があります。

デューデリジェンス(買収監査)

外部の弁護士等の専門家を入れて行われる対象企業の事業に関する適法性の調査は法務デューデリジェンスとも呼ばれます。
その範囲は案件ごとに異なりますが、株式の帰属、過去の違法行為や訴訟事案の確認、必要な許認可が完備されているかなどが確認されます。不動産がある場合には不動産鑑定士等の不動産の専門家を入れて行われる場合もあります。

契約書交渉段階

法務デューデリジェンスにより判明した法務論点について 「株価として交渉するか」、「契約書上で補償条項の対象とするか」、 あるいは「クロージングまでに是正させるか」といった検討が行われます。当事者である譲渡側(売り手)や譲受側(買い手)が あらかじめ法務リスクの大小、 是正の可否を知っておくことで、これらの対応方法を選択する際に役立ちます。

法務アドバイザーの役割について

M&Aの方針を最終的に判断するのは当事者である譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)です。もっとも、それぞれの当事者の顧問弁護士は、専門的な観点から将来のリスクを指摘し、それぞれの顧客の観点から対応方法を助言します。また、相手方の弁護士の作成した複雑な契約条件の意味を把握するための助言も行います。M&Aでは、案件ごとに法務リスクが異なり、同業であってもM&Aに特有の法務論点や、自社とは異なる論点を抱えていることがあります。経営者が先のリスクを予見してよりよい判断を行うためには、外部の法務アドバイザーの助言が必要です。またM&Aの局面であらかじめ専門家に相談しておくことで、継続的にその後も相談しやすくなるというメリットもあります。

M&Aで検討されるリスクと関連する法律

株式

株式の帰属の確認

株式というのは目に見えない権利です。通常は株主名簿により確認されますが、中小企業においては 株主名簿が整備されていないことも少なくありません。そのような場合、売主が株主かどうかの確認は、株式という権利が発生した時点から現在までの権利の流れを 追跡する方法によります。 例えば、法務デューデリジェンス においては、設立時の発起人をスタート地点に「その後の株式の発行が有効になされているか」、「株式の 譲渡による移転や相続による承継などが有効に行われているか」等が確認されます。
この場合、調査の対象として以下のような資料が挙げられます。

調査対象書類(一例)

  • 原始定款
  • 過去の株主総会議事録
  • 取締役会議事録
  • 株主名簿
  • 遺産分割協議書・遺言書等(株式を相続している場合)
  • 株式譲渡契約等の書類(株式を取得している場合)

株券が存在する場合は株券自体が変遷を追う資料の一つになりえます。
ただ、特に歴史の長い企業では設立時からのすべての資料が残っていることは稀であり、法務デューデリジェンス の時間やコストも限られます。特に議決権割合の大きい株式や、第三者の保有していた株式、直近での承継を優先しながら確認されることが多いです。

株券発行会社か不発行会社か

会社法上、株式会社は「株券発行会社」と「株券不発行会社」に分かれます。上場企業については、株券等が廃止され、ペーパーレスの振替株式によることが法律で定められているため、株券不発行会社のみですが、中小企業には株券発行会社と株券不発行会社の両方が存在します。 特に2006年5月の会社法施行までは株券発行会社が原則であったため、 歴史の長い会社には株券発行会社が多く見られます。
なお、このとき、注意が必要なのは、株券発行会社は実際に株券を発行しているかどうかではなく 定款上株券を発行する定めがあるかどうかによって決定されるということです。実務上以下の①、②、③のパターンがあります。

会社法上の株券発行会社 会社法上の株券不発行会社
現在株券を発行している会社
株券を発行していない会社

*会社法上の株券発行会社の場合は、株式譲渡に際し、原則株券の交付が必要になります。

株券の所在の確認

株券を占有している人が、その株券に係る株式についての権利を適法に有していると推定されます(会社法130条)。
会社法上、中小企業において株券が見当たらない場合、見当たらない理由としては大きく2つ考えられます。 1つは「そもそも株券が発行されていない」という場合です(身内以外に譲渡する場合のみ発行されていることもあります)。もう1つは「過去に発行されたけれども、紛失している」という場合です。株券の一部が紛失していると、株券を交付して行う株式譲渡の実行が有効に行えないだけでなく、第三者が保有していた場合には、その第三者から株主としての権利を主張される可能性があります。対象企業の株券が見当たらない場合、法務デューデリジェンス で未発行と紛失のどちらかが原因なのか調査が必要になります。

労務

多岐にわたる労務の論点

上場企業に比べると労務管理が十分に行われていない中小企業は多く見受けられます。労務関連の法務デューデリジェンス はM&Aの条件に影響する潜在債務を把握する目的だけでなく、今後グループ会社として経営していくにあたり必要な論点の把握や整備のためにも、重要になります。
実務上は以下のような多岐にわたる論点が確認されることになります。

  • 法令を遵守しているか(必要な協定や36協定等の届出等の手続が行われ、必要な社会保険に加入しているか)
  • 労働時間の管理が 適切に行われているか
  • 未払の賃金がないか
  • 外注先が実質的な従業員に当たらないか
  • ビザの必要な従業員のビザが有効か
  • 労災等の事故や問題などが起こっていないか

潜在債務の確認

上記の中でも 特に「退職金」や「未払い賃金」については、 その額が株式条件に影響するため法務デューデリジェンス が行われる中で論点になりやすい点です。退職金については、退職金規程が存在するのに規程通りに支給されていなかったり、あるいは退職金規程がないのに支払実績のみがあったりする場合、将来的に対象企業が負担する退職金額が論点になることがあります。
また、未払賃金については、デューデリジェンス で消滅時効を考慮した請求額を把握された上で、価格に織り込むのか、補償条項とするのか、条件交渉が行われます。一定の期間内に従業員から請求された部分については、譲渡側(売り手)が負担する内容の補償条項が合意されるケースも多いです。

不動産

対象企業の不動産に関する論点

中小企業においては、不動産がその企業価値の重要な部分を占め、かつ保有している不動産が事業活動における唯一または主要な拠点であるというケースが多くみられます。例えば、製造業で本社兼工場として機能しており、当該不動産がないと事業が立ち行かなくなるという場合、リスクに注意が必要です。
では、具体的にどのようなケースで不動産の利用継続にリスクが生じるのでしょうか。中小企業M&Aの現場では以下のような事象に直面するケースがあります。

  • 建物が違法建築である
  • 建物が市街化調整区域に建っている
  • 建物の底地の地目が田・畑といった農地である

それぞれ詳しく見ていきましょう。

違法建築の場合

国民の生命、健康、財産を守るために、建築基準法(昭和二十五年法律第二百一号)は、建築物について、地震や火災などに対する安全性、並びに建築物の敷地及び周囲の環境などに関する必要な基準を定めています。この基準に違反すれば、対象企業が行政から措置命令を受ける可能性があり、最悪の場合、建物の「除却」や「移転」を命じられてしまうことも考えられます。
建物が違法建築であるケースにおいてその原因は様々です。比較的よく見られる原因として、建築当初は適法であったものの、事後的に所有者により建築基準法上の基準に適合しない増築がなされ、結果として建物全体が違法建築となってしまう場合があります。最悪の場合、建物の「除却」や「移転」を命じられると、高額な費用を要するとともに、拠点を失うことにより対象企業の事業継続も危ぶまれることから、譲受側(買い手)にとって極めて深刻なリスクとなります。

市街化調整区域の場合

「都市地域の健全な発展と秩序ある整備を図る」ことを目的として、都市計画法(昭和四十三年法律第百号)は市街化区域と市街化調整区域の区分(いわゆる“線引き制度”)、地域・地区及び都市施設の決定、並びに開発許可制度について定めています。そして、市街化調整区域では、原則として、開発許可または建築許可を受けなければ建築行為等を行うことができません。
許可を受けずに建築物を建築した場合、行政から是正勧告や呼び出しを受け、最悪の場合、最終的には建物の「除却命令」を受ける恐れがあります。建物の「除却」にかかる対象企業のリスクは上記のとおり極めて深刻なものです。

農地の場合

農地法(昭和二十七年法律第二百二十九号)は、国内の農業生産の基盤である農地が有限かつ貴重な資源であることに鑑み、農地を農地以外のものにすることを規制するとともに、農地についての権利取得の促進等の措置を講ずることにより耕作者の地位の安定と国内の農業生産の増大を図り、国民に対する食料の安定供給の確保に資することを目的とします。そして、農地を農地以外に転用しようとする場合、市街化区域内では農業委員会への届出が、市街化調整区域では都道府県知事等の許可を受ける必要があります(農地法第4条)。これに違反して農地を転用した場合、当該転用行為は農地法違反となり、最悪の場合、行政から「原状回復命令」が出される可能性があります。また、罰則も規定されており、3年以下の懲役や300万円以下(法人に対しては1億円以下)の罰金が科せられる可能性が理論上あります。
「原状回復命令」の中身は上記「除却命令」とその実質は同じであり、対象企業のリスクは上記のとおり極めて深刻なものです

不動産調査の必要性

上記は不動産にまつわる論点のほんの一部であり、実際にはM&Aの成立を阻害するような論点が不動産にはいくつもあります。M&Aは一度実行すると基本的に解除を認めない、というのがスタンダードですので、譲渡後に対象企業が不動産トラブルを抱えると譲受側(買い手)として取り返しがつかないことになりかねません。そこで、譲受側(買い手)としては外部の弁護士・不動産鑑定士等の専門家を入れて不動産についてもしっかり法務デューデリジェンス を実施することが必要になります。

知的財産権

知的財産権とは

知的財産とは、発明、創作、標章といった知的創作物を指します。、知的財産権とは、これら知的財産のうち一定の要件を満たしたものについて、排他的な権限を与えることによってその財産的な価値と創作へのインセンティブを保護することを目的とした権利の総称です。主要なものとして特許権、著作権、商標権といったものがあります。

価値としての知的財産権

対象企業の事業に関してコアとなる知的財産権が存在する場合、または対象企業の事業を超えて、第三者に対して利用を許諾することでマネタイズが可能となる知的財産権が存在する場合、この知的財産権の価値を正確に把握して条件交渉をしたいと考えるM&Aの譲渡側(売り手)・譲受側(買い手)がほとんどでしょう。多くのケースでは譲渡側(売り手)が知的財産権の価値を主張し、譲受側(買い手)がこれを確認するため、必要に応じて知財デューデリジェンス を実施することになりますが、実際のところ中小企業M&Aの現場で本格的な知財デューデリジェンス が実施されることはほとんどありません。一方で、最近はAIやそれを支える技術であるディープラーニングが脚光を浴びており、知的財産の評価が一層難しくなってきているのではないでしょうか。

リスクとしての知的財産権

上記のように保有している知的財産の価値が積極的に評価される一方で、必要な知的財産権を保有しておらず、または権利者からライセンスを受けていないケースや、保有していたとしても対象企業の取り扱う商品が、第三者が保有する別の知的財産権を侵害している恐れがある場合には対象企業が不測の損害を被る恐れがあることから、譲受側(買い手)としてはあらかじめリスクを洗い出す必要に迫られます。
中小企業M&Aの対象企業については、業種的に深刻な知的財産リスクが存在するケースは多くは見られませんが、例えば、創業者である株主兼代表取締役が事業における研究開発を現場で主導しているというケースがしばしばあります。その場合、開発された成果物にかかる権利(著作権や特許を受ける権利など)が対象企業ではなく当該株主兼代表取締役に帰属しているのではないかという点が論点になることがあります。譲受側(買い手)としては、将来かかる権利がネックとなり、対象企業の事業活動の障害になってしまうという事態を避ける必要があることから、当該権利を対象企業に譲渡させ、譲渡不可能な権利については当該権利者に放棄させるなどの対策を講じる必要が出てきます。

譲受側(買い手)が意識しておくべきポイント

以上の法務的な論点は、あくまで対象企業に存在する可能性のあるリスクの一部にすぎません。譲受側(買い手)の立場からは、適切な取引条件を設定するために、またM&A後の譲受側(買い手)と対象企業との統合手続き(Post-Merger Integration:PMI)をトラブルなく進めていくためにも法務デューデリジェンス を実施して対象企業のリスクを洗い出し、譲渡前に必ず治癒してもらうべき論点及び必要になる対応の詳細など慎重に分析する必要があります。この点、契約上譲渡側(売り手)に損害賠償義務を負わせることでリスクヘッジを行うことも考えられますが、譲渡後の損害賠償で譲受側(買い手)が被った損害や直面するトラブルを完全に解決できるか誰も保証はできません。したがって、このような契約上のリスクヘッジはあくまで最後の手段であると心に留めておきましょう。

譲渡側(売り手)が意識しておくべきポイント

法務デューデリジェンス が実施され、自社の問題点が露見するのは譲渡側(売り手)にとって必ずしも気持ちのいいものではありません。しかし、M&Aが実行されると対象企業のコントロールは譲受側(買い手)に移りますので、早晩そういったリスクは譲受側(買い手)の認識するところになります。譲渡後にこういった事実が発覚した場合に譲渡側(売り手)としては、もはや譲受側(買い手)が被った費用及び損害を賠償・補償するしか選択肢がなくなってしまいます。こういった状況を回避するために、譲渡前のデューデリジェンス の時点ですべての論点をテーブルに上げたうえで、M&Aのディールを降りる選択肢を持って買い手と条件交渉に臨んだほうが、譲渡側(売り手)にとってより有利な形でM&Aを実行することができる可能性が高まります。

著者

松岡 寛

松岡まつおか ひろし

日本M&Aセンター法務室/弁護士

2012年弁護士登録。2012年から事業会社の知的財産部、法務部にて国内外の法務案件に企業内弁護士として従事。2019年より日本M&Aセンターに入社し、株式譲渡、事業譲渡、組織再編、クロスボーダーM&Aといった案件でM&Aコンサルタントを法務面からサポートしている。

STEP1

M&Aの基礎知識を学ぶ

STEP2

M&Aの流れを学ぶ

STEP3

M&Aの専門知識を学ぶ

「M&Aの専門知識・M&A法務」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

M&Aにおける最終契約のフェーズ。押さえておきたいポイント

最終契約書とは概要・目的最終契約書(DefinitiveAgreement、通称「DA」)とは、M&Aの最終段階において締結される、当事者間の最終的な合意事項を定めた最も重要な契約書です。基本合意書は、デューデリジェンス(買収監査)実施前における、交渉過程の確認や中間的な合意を確認するためのものであり、今後の交渉を阻害しないための約束事(独占交渉権限の付与や秘密保持義務の設定その他の一般条項)以外

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

契約締結前の最終条件調整。押さえておきたいポイント

最終契約に盛り込まれる事項は多岐に渡ります。ここでは、最終条件の交渉を行う上で、主要な事項及び細目事項をご紹介します。最終条件の交渉とは最終契約書が締結されて、M&Aは実行フェーズにうつります。株式譲渡のスキームにおいて締結される株式譲渡契約書は、株式と代金を交換して、経営権を移譲することを目的としています。また、それに伴いM&Aで譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)がそれぞれ実現したいことを果たす

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aにおける登場人物とその役割

M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため当事者以外に多くの関係者が登場します。本記事ではM&Aの関係者・専門家について解説していきます。分類登場人物概要・主な役割M&Aの当事者M&Aの取引対象M&Aで取引されるもの(会社・事業など)譲渡希望企業(M&Aの売り手)「M&Aの取引対象」の保有者(株主・会社)譲受け希望企業(M

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

頼れる相談先、M&Aの専門家とは

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が存在することは「M&Aの専門家」の記事でご紹介しました。本記事では具体的に誰に、どのような視点でM&A実行を目指して

M&Aにおける税務。ポイントを分かりやすく解説

M&Aにおける税務。ポイントを分かりやすく解説

「M&Aに興味はあるけど、どんな税金が課されるかわからない、知りたい」、「M&Aって多額の税金が課されそうで心配」といったM&Aによる税金に関して疑問や不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。会社経営者の方をはじめ、税金について興味や関心がある方は多くおられますが、税金は種類が多く、それぞれ特徴が異なるためよくわからないという方が大半かと思います。M&Aにおいては、中堅中小企業であっても対価

M&Aにおける基本合意書の締結

M&Aにおける基本合意書の締結

基本合意書とは中小企業M&Aでは譲渡側(売り手)、譲受側(買い手)双方の意思決定者が顔合わせをするトップ面談で両者の意向が一致すると、M&A対価の概算や対象企業の役員の処遇など基本的な条件のすり合わせが行われます。そして、ある程度条件が固まってくると、その時点での譲渡側(売り手)と譲受側(買い手)の合意事項を確認し、いくつかの基本事項について合意するために契約が書面により締結されます。それが基本合

「M&Aの専門知識・M&A法務」に関連するコラム

カーブアウトの法務

M&A法務
カーブアウトの法務

カーブアウトの法的スキーム企業グループの既存事業を見直し、選択と集中を行う場合、ノンコア事業部門を事業売却する手法は、カーブアウト(又はスピンアウト)と称され、数多くの活用事例がある。ノンコア事業が100%子会社の形態で存在する場合は株式譲渡の手法によるが、企業内の事業部門である場合、以下が主要な方法である。1.事業部門を事業譲渡する2.事業部門を会社分割の方法で分割したうえでその事業部門を承継し

法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

M&A法務
法務のプロフェッショナルたちが、中小企業M&Aに関する全ナレッジを結集!

「株券を紛失してしまった」「実は未払い残業代がある」…会社の規模の大小にかかわらず、M&Aには複雑な手続きが必要です。M&Aの過程では中小企業ならではのトラブルも起きるので、知識がないととまどってしまいます。年間約700件のM&A成約を支援する日本M&Aセンターでは、弁護士・司法書士といった法務のプロフェッショナルたちが7名在籍し、当社所属のコンサルタントに対してきめ細かくスピーディーなサポートを

M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

PMI
M&Aの手法とPMIにおける人事労務対応の特色

M&Aにおける人事労務面の統合(PMI)は、吸収合併、株式譲渡、事業譲渡・会社分割により進め方・特色に違いがある。PMIとは|M&A用語集吸収合併の場合被買収会社の人事労務体系を買収会社の人事労務体系にいわば「片寄せ」できるかは、M&Aの実務上大きな課題である。事業譲渡(譲受)の場合と異なり、合併では被買収会社の労働者の地位はクロージングにより包括的に承継されるので、合併前に人事労務面の統合に関す

未払賃金の時効の「援用」とは?

M&A法務
未払賃金の時効の「援用」とは?

以前のコラムでは、未払賃金を請求する場合、時効期間が労働基準法第115条に定められた2年間を超えた後も認められる場合も考えられるという、時効期間の問題について取り上げました。一方で、時効期間が経過しても債務の履行を拒めない場合があります。今回は、会社側が時効を主張する場合の問題について書こうと思います。Timeismoneyというけれど・・・時効の利益を得るには「援用」が必要一般的に、時効期間が経

中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

M&A法務
中堅・中小企業のM&A法務は株の問題にはじまり株の問題に終わる

株の問題というのは、まさに中堅・中小企業のM&A法務に特有の問題です。中堅・中小企業のM&A法務は“株の問題にはじまり株の問題に終わる”と言っても過言ではありません。株主の賛成可否が中堅・中小企業の未来を左右する?!株式の分散、反対株主・・・上場企業のM&Aとなると、株そのものについては証券会社などで厳格に管理されていますし、上場審査も経ておりますので、中堅・中小企業に比べればそこまで深刻な問題は

未払賃金-結構難しい、時効の問題

M&A法務
未払賃金-結構難しい、時効の問題

今回は、法務室長・横井(弁護士)が、中小企業のM&Aで問題になることが多い未払賃金の問題を取り上げます。未払賃金-結構難しい、時効の問題法務・労務DD(デューデリジェンス)の結果、所定労働時間を大幅に超過する労働者の勤務実態や実体の無い管理職(いわゆる名ばかり管理職)の存在が発覚した場合、未払残業代の存在が疑われます。その場合、対象会社は一体何年前に遡って未払賃金の支払義務を負わなければならないの