M&A用語集

吸収合併

読み
きゅうしゅうがっぺい
英語
Absorption-type Merger

吸収合併とは、合併の種類で、一方の法人格のみを残し、他方の法人格を消滅のうえ、合併により消滅する会社の権利義務の全部を、合併後存続する会社に承継させる手法。

このほかに、すべての法人格を消滅させ、合併により設立する会社に承継させる新設合併があるが、実務上はほとんど吸収合併が選択されている。

「吸収合併」の関連用語

「吸収合併」の関連コラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

M&A全般
日本M&Aセンター成約事例にみる株式交換スキーム成功のポイント

中堅中小企業M&Aにおける株式交換スキームの活用状況日本M&Aセンターでは、上場企業が買い手となるM&A案件の成約を数多く支援している。そのうち株式交換スキームを用いたのは、2013年度で4件、その以前3年間で1件であったことを考えれば、株式交換スキームがここにきて注目を浴びてきていることがわかる。成約には至らなかったが、交渉過程で株式交換スキームを検討するケースは数多い。この背景には、やはり金庫

「吸収合併」に関連する学ぶコンテンツ

「吸収合併」の関連M&Aニュース

富士通株式会社(6702)、連結子会社3社を吸収合併契約締結

富士通株式会社(6702)は、連結子会社である富士通関西中部ネットテック株式会社(大阪府大阪市、KCN)、富士通九州ネットワークテクノロジーズ株式会社(福岡県福岡市、QNET)および株式会社富士通コンピュータテクノロジーズ(神奈川県川崎市、FCT)を吸収合併することを決定し、合併契約をKCN、QNETおよびFCTとの間でそれぞれ締結した。本件各合併は、富士通を存続会社とする吸収合併方式で、本件各対

ロコンド、サッカー専門ECサイト「【SWS】スポーツウェブショッパーズ」を運営するフェアプレイの全株式取得、吸収合併へ

株式会社ロコンド(3558)は、株式会社フェアプレイ(東京都世田谷区、FP社)の全株式を取得することおよび、吸収合併することを決定し、株式譲渡契約および合併契約を締結した。本件は、ロコンドを存続会社とする吸収合併方式でフェアプレイは解散する。また、完全子会社の吸収合併のため、本合併による株式その他の金銭等の割り当てはない。ロコンドは、ECサービス(B2C)、ブランドプラットフォーム(B2B)、自社

テクノプロ・HD、SAP導入コンサルティング事業等を行うジーコムネットの全株式取得、吸収合併へ

テクノプロ・ホールディングス株式会社(6028)は、株式会社ジーコムネット(東京都港区)の発行済普通株式の100%をテクノプロ・HDの連結子会社である株式会社テクノプロ(東京都港区)が取得し、子会社化すること、および、本株式取得後速やかに、テクノプロを存続会社とし、ジーコムネットを消滅会社とする吸収合併を行うことを決定した。テクノプロ・HDは、グループ会社の統括および運営を行っている。連結子会社の

ドラフト、ブランディング事業を展開するサティスワンの全株式取得、子会社化へ

株式会社ドラフト(5070)は、株式会社サティスワン(東京都渋⾕区)の全株式を取得し⼦会社化すること、および吸収合併することを決定した。株式会社ドラフトを存続会社とする吸収合併⽅式で、消滅会社である株式会社サティスワンは合併により解散する。ドラフトは、建築・インテリア・オフィス・ディスプレイ・商業施設・文化施設・環境施設・観光施設などの企画と設計および監理、また管理やプロジェクトマネジメントおよび

マクアケ、ソフトウェア開発のジシバリの全株式取得、完全子会社化へ

株式会社マクアケ(4479)は、株式会社ジシバリ(東京都渋谷区)の全株式を取得し完全子会社としたうえで、吸収合併することを決定した。マクアケを存続会社とする吸収合併方式で、消滅会社である株式会社ジシバリは合併により解散する。マクアケは、アタラシイものや体験の応援購入サービス「Makuake」を中心とした各種支援サービスの運営、研究開発技術を活かした製品プロデュース支援事業を行っている。ジシバリは、

藍澤證券、あけぼの投資顧問の株式取得、子会社化へ

藍澤證券株式会社(8708)は、あけぼの投資顧問株式会社(東京都千代田区、AKB)の株式を取得し、子会社化した上で、藍澤證券の子会社であるあすかアセットマネジメント株式会社(東京都千代田区、AAM)を存続会社、AKBを消滅会社とする吸収合併を行うことを決定した。議決権所有割合は、73.75%。藍澤證券は、アジア株のパイオニアであり、投資の枠を超えた多彩なソリューションサービスを展開。強固な経営基盤