M&A用語集

M&A

読み
えむあんどえー
英語
Mergers & Aquisitions

M&Aとは、直訳すれば合併および買収。企業や事業の経営権を、外部から取得、または外部に譲渡すること。

近年は、中堅中小企業における事業承継問題対策としても注目されている。

なお、中小中堅企業でのM&Aの大半は、株式譲渡による買収であり、合併は少ない。

「M&A」の関連用語

「M&A」の関連コラム

鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

事業承継
鹿児島放送が事業承継・M&Aセミナーを開催 M&Aによる事業承継について解説

鹿児島県のテレビ局KKB鹿児島放送は2021年12月23日、地元の経営者向けに事業承継とM&Aを解説するセミナー「事業承継・M&Aセミナー鹿児島企業の10年先の経営を考える」を開催しました。県内で高まる後継者不在率と休廃業数に対する解決策の一つである事業承継型M&Aをテーマにしたセミナーには約百人が参加しました。セミナーに先立って「ニッポンには、跡継ぎが足りない」と題した特別番組も放送され、M&A

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

経営・ビジネス
イグジットとは?その方法やメリット・注意点について徹底解説 !

ビジネスやファンドの世界では、これまでに投下した資本を回収することをイグジット(Exit:出口)といいます。スタートアップやベンチャーなどの企業では、「いつ」「どれくらいの資金を」「どのように回収するのか」を策定するイグジット戦略は、ビジネスをスタートするために必要な資金を集めるうえで最も重要な事項の1つです。企業の創業者にはおもに2種類のイグジットがあり、そのどちらを選択するのかによって、そのた

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

「M&A」に関連する学ぶコンテンツ