M&A用語集

株式譲渡

読み
かぶしきじょうと
英語
Stock Purchase

M&Aにおける株式譲渡とは、対象会社の株式を売買することによって経営権を移転させる手法をいう。

支配権を移転するには、少なくとも議決権の過半数の移転が必要であり、特別決議要件等を考慮すると2/3以上の譲渡を想定することが一般的。

手続が簡便で迅速なため、中堅中小企業のM&Aでは、一般的に用いられる手法。

「株式譲渡」の関連用語

「株式譲渡」の関連コラム

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

令和3年3月1日に施工された「会社法の一部を改正する法律案」で新たに創設された株式交付制度は、令和3年税制大綱によれば株式を対価とするM&Aを促進することを目的としています。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いやM&Aで活用する場合のメリットや注意すべき点などについて、最新の情報を詳しく解説していきます。株式交付とは?株式交付は、会社法では「株式会社が他の株式会

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡」の関連M&Aニュース

カシワバラ・コーポレーション、東京組の株式取得、完全子会社化

株式会社カシワバラ・コーポレーション(山口県岩国市/東京都港区)は、株式会社東京組(東京都世田谷区)の全株式を取得し、完全子会社化した。カシワバラ・コーポレーションは、インフラメンテナンス、マンション大規模修繕、建築、内装リフォーム・リノベーション事業などを行っている。東京組は、戸建て注文住宅の設計・施工を行っている。本件M&Aにより、カシワバラ・コーポレーションは、「住まい」に関連するサービス領

共同ピーアール、ビッグデータ収集・分析のキーウォーカーの株式取得、子会社化へ

共同ピーアール株式会社(2436)は、株式会社キーウォーカー(東京都港区)の株式を追加取得し、連結子会社化すること、および第三者割当による自己株式の処分を行うことを決定した。議決権所有割合は、61.4%となる。自己株式処分による調達資金の額は、153,710,000円(1株につき809円)。第三者割当による自己株式の処分については、キーウォーカーの代表である真瀬氏に対し、共同ピーアール株式の一部を

グローバルマーケティング、美容通信販売会社YOUTORIOの全株式を取得、子会社化

株式会社グローバルマーケティング(東京都渋谷区)は、株式会社YOUTORIO(熊本県熊本市)の全株式を取得し、完全子会社化した。グローバルマーケティングは、デジタルマーケティングコンサルティング、DSP(広告主側のプラットフォーム)「Info’zDSP」の運営・販売を行っている。YOUTORIOは、商品開発から通信販売までワンストップでおこなうD2C(DirecttoConsumer)の美容通信販

ビーロット、不動産賃貸業を行う東観不動産の株式を取得、子会社化へ

株式会社ビーロット(3452)は、東観不動産株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。ビーロットは、不動産投資開発・不動産コンサルティング・不動産マネジメント事業など、不動産経営にかかわるサービスを提供している。東観不動産は、不動産賃貸業を行っている。本件M&Aにより、ビーロットは、東観不動産の不動産管理のノウハウを取得するとともに、保有する不動産のさらなるバリュ

ディー・エヌ・エー、医療ICT事業を行うアルムの株式取得、子会社化へ

株式会社ディー・エヌ・エー(2432)は、株式会社アルム(東京都渋谷区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。ディー・エヌ・エーは、インターネット関連企業。ゲーム、エンターテインメント、スポーツ、ライブストリーミング、ヘルスケア、オートモーティブ、Eコマース等の事業を展開している。エンターテインメント領域と、社会課題領域を両軸に事業を展開し、各領域の特徴を活かした収益基盤の形成を図っている。

横河電機、廃棄物・バイオマス発電所向け効率改善技術をもつDublix Technologyを買収

横河電機株式会社(東京都武蔵野市)は、DublixTechnologyApS(デンマーク・ゲントフテ)の全株式を取得し、子会社化した。横河電機は、制御・計測機器等の販売、保守サービス、電気計装工事、トータルソリューション展開およびエンジニアリング事業を行っている。世界各地の廃棄物・バイオマス発電プラント向けに、統合生産制御システム、データ計測、設備保全のソリューションを提供してきた。DublixT