M&A用語集

株式譲渡

読み
かぶしきじょうと
英語
Stock Purchase

M&Aにおける株式譲渡とは、対象会社の株式を売買することによって経営権を移転させる手法をいう。

支配権を移転するには、少なくとも議決権の過半数の移転が必要であり、特別決議要件等を考慮すると2/3以上の譲渡を想定することが一般的。

手続が簡便で迅速なため、中堅中小企業のM&Aでは、一般的に用いられる手法。

「株式譲渡」の関連用語

「株式譲渡」の関連コラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡」の関連M&Aニュース

ケイズグループ、業務系システム開発事業を展開するアンフォルムの全株式取得、完全子会社化

鍼灸整骨院事業を中核にウェルネス分野で多角化している株式会社ケイズグループ(千葉県市川市)は、株式会社アンフォルム(東京都港区)の全株式を取得して完全子会社化することを決定し、株式譲渡契約書を締結した。ケイズグループは、鍼灸整骨院を運営、整骨院の運営ノウハウを活用した経営者・治療家向けのビジネスサービスも展開、保健医療のDX化に取り組んでいる。アンフォルムは、大手・中小SI企業とのパートナーシップ

BBT、教育・コンサルティング事業の日本クイントと資本業務提携

幅広い年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(2464、BBT)のグループ会社である株式会社ITプレナーズジャパン・アジアパシフィック(東京都千代田区、ITPJ)は、日本クイント株式会社(東京都千代田区、QJ)と資本・事業提携を行うことを決定した。ITPJがQJの全株式を、オランダのQuintから取得する形で、両社は資本・事業提携を結ぶ。ITサービスマネジメ

マネーフォワード、HiTTOの全株式および新株予約権取得、完全⼦会社化へ

株式会社マネーフォワード(3994)は、HiTTO株式会社(東京都千代⽥区)の発⾏する全株式および新株予約権を取得し、完全⼦会社化することを決定した。取得価額は、新株予約権含み1,999百万円。マネーフォワードは、金融系サービスの提供・インターネットサービス開発を展開している。HiTTOは、社内向けAIチャットボット「HiTTO」の提供を行っている。本件M&Aにより、マネーフォワードは、従業員の問

科研製薬、国内バイオベンチャー企業ARTham Therapeuticsを買収

科研製薬株式会社(4521)は、国内バイオベンチャー企業ARThamTherapeutics株式会社(神奈川県横浜市、ARTham社)のすべての株主および新株予約権者合計18名からARTham社の株式および新株予約権を取得することにより、ARThamを買収することを決定し、本売主およびARTham社との間で株式譲渡契約書等を締結した。クロージング日における取得価額は、現金5,500百万円。またアー

SKIYAKI、 エンターメディアと新設分割による全株式取得、完全子会社化へ

株式会社SKIYAKI(3995)は、株式会社エンターメディア(東京都渋谷区)が新設分割によりファンクラブ事業の承継会社として設立する株式会社エンターメディアFC(東京都渋谷区)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。SKIYAKIは、プラットフォーム事業、ライブ制作事業、旅行・ツアー事業、O2Oファンプラットフォーム事業、スポーツマーケティング事業を展開している。エンターメディアは、音

シーズメン、ネクスグループ連結子会社より全株式取得、基本合意書締結へ

株式会社シーズメン(3083)は、株式会社ネクスグループ(6634)連結子会社の株式会社チチカカ(東京都中央区)の全株式を取得し、子会社化することを前提に、株式取得に関する基本合意書を締結することを決定した。シーズメンは、衣料品および服飾雑貨の販売事業を展開している。ネクスグループは、グループ企業の経営戦略策定および経営管理を行っている。介護、リハビリロボットなどの企画、開発、販売、農業ICTの企