M&A用語集

事業譲渡

読み
じぎょうじょうと
英語
Asset Purchase

事業譲渡とは、対象会社の事業の全部又は一部を売買すること。

複数の事業を行っている会社が、特定の事業だけ譲渡したい場合や対象会社に存在する潜在的な債務を切り離すことを目的に選択される手法である。

買い手にとっては必要な部分のみを取得できるメリットがあるが、権利義務関係を個別に引継ぐ手続が必要。

「事業譲渡」の関連用語

「事業譲渡」の関連コラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

「事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡」の関連M&Aニュース

JKホールディングスグループ、タムラ建材より建築資材販売事業を譲受けへ

JKホールディングス株式会社(9896、JKHD)は、連結子会社である株式会社ブルケン・ウエスト(福岡県宗像市)が新たに設立する株式会社タムラ建材にて、株式会社タムラ(福岡県久留米市)の建築資材販売事業を譲り受ける旨の契約を締結した。JKHDは、総合建材卸売事業、フランチャイズ事業、合板製造・木材加工事業、総合建材小売事業、建設工事事業、旅行・保険・金融業、倉庫および運送業など事業を展開している。

わらべや日洋HD、新潟工場の閉鎖および事業譲渡へ

わらべや日洋ホールディングス株式会社(2918)は、連結子会社わらべや日洋食品株式会社(東京都新宿区)の新潟工場の閉鎖および事業譲渡を決定した。わらべや日洋HDは、グループ全体の経営管理などを行っている。連結子会社わらべや日洋食品は、調理済食品の製造および販売を行っている。わらべや日洋HDは、セブン-イレブン向け食品製造事業を営む譲渡先である株式会社デイリーはやしや(長野県松本市)に、当該工場の生

岡部、コンクリート型枠製品等の建材製品の製造・ 販売事業を展開するVimco Inc.より一部事業を譲受け

岡部株式会社(5959)は、VimcoInc.(アメリカ・ペンシルベニア州、VIMCO社)の建材製品の主に製造事業を譲り受ける事業譲渡契約などを実行(クロージング)した。岡部は、建設関連製品事業、自動車関連製品事業、海洋事業を展開している。VIMCO社は、建材製品の製造・販売事業および建材商品の販売事業を行っている。本件を足掛かりとして、岡部は、米国における戦略的投資を継続し、中長期的には、米国N

OKI、YOKOGAWAグループの航空機用計器事業を譲受け

沖電気工業株式会社(6703、OKI)は、横河電機株式会社(6841)、横河マニュファクチャリング株式会社(東京都武蔵野市)と、YOKOGAWAグループの航空機用計器事業を取得する事業譲渡契約を締結した。OKIは、情報通信、メカトロシステム、EMS、プリンターなどの各分野における製造・販売およびこれらに関するシステムの構築・ソリューションの提供、工事・保守・その他サービスなど事業を展開している。横

フジシールインターナショナル、スイスの連結子会社PAGO AGの一部事業および不動産譲渡

株式会社フジシールインターナショナル(7864)は、事業ポートフォリオの見直しを目的として、連結子会社であるPAGOAG(スイス、PAGO社)のタックラベル事業および所有不動産を譲渡した。事業の譲渡先は、HelvetikettAG社。(マネジメント・バイアウト方式)不動産の譲渡先は、ValrhenoImmobilienAG社。譲渡価額の合計は、約34億円。フジシールインターナショナルは、パッケージ