コラム

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

会社売却をしたらどうなる
中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

会社売却をした後、どうなるのか

まず会社売却をした後に、会社、経営陣、社員、取引先それぞれに与える影響について見ていきます。

会社はどうなる

中小企業のM&Aでは、譲渡企業の株式を譲受け企業に譲渡し、経営権を移動させる「株式譲渡」のスキームが多く用いられます。

売却後、譲渡企業は、譲受け企業(買い手)の子会社となりますが、株主構成や場合によって役員構成が変わる以外に大きな変化はなく、会社そのものは存続し続けます。

ただし譲受け企業の経営方針や社風、人事制度、従業員の福利厚生などの影響は、売却後、緩やかに反映される可能性も考えられます。

オーナー経営者はどうなる

従来はオーナー経営者が年齢などを理由に、売却と同時に引退するケースが一般的でした。しかし近年は、引退だけでなく、売却後も社長や会長職、もしくは譲渡先の役員等として残り、会社の成長に引き続き携わるという選択肢も珍しくありません。

また、オーナー経営者は、自身が保有する株式を譲受け企業(買い手)に譲渡するため、株式の対価を現金で受け取ります。その譲渡益をもとに、新たなビジネスを始めるケースも最近の傾向として挙げられます。

役員はどうなる

役員は、会社売却後も引き続き会社に残るケースが一般的です。

譲受け企業の経営方針に準じることで、売却前と業務内容や方針が変わる可能性もありますが、基本的には会社売却によって退職を迫られることはありません。

ただし会社売却に伴い、本人の希望で退職する場合は、株主総会の決議を経て規程に従い、役員退職金が支払われます。

社員はどうなる

株式譲渡によって会社売却が行われた場合、社員の雇用契約も譲受け企業に引き継がれるため、一般的には従来通りの労働条件で働くことができます。場合によっては、よりよい労働条件が提示されるケースもあります。

人事制度や福利厚生などについては、譲受け企業の制度に統合されるなど、変化が生じる可能性があります。また、役員と同様に退職金も引き継がれるため、会社売却に伴い、本人の意思で退職を選択した場合は規程に従って退職金が支給されます。

取引先はどうなる

譲渡企業が構築してきた取引先・顧客ネットワークの引き継ぎは、譲受け企業がM&Aを行う主目的の1つです。一般的に取引先との関係時はM&Aの交渉条件にあらかじめ盛り込まれ、会社売却後も継続されるケースが一般的です。

ただし多くの中小企業では、前オーナー経営者との関係性が取引先との関係構築に影響する傾向が強いため、オーナー退任がその後の取引にマイナスの影響を及ぼす場合も考えられます。

こうした状況を回避し、会社売却後も安定した取引を行うためには、取引先に対して十分な説明を行うことが大切です。

会社売却が会社にもたらすメリット


会社売却が会社(譲渡企業)にもたらす主なメリットは、以下の通りです。

会社を存続させられる

一番に挙げられるメリットは、従業員の雇用や取引先との関係を維持しながら会社の存続を実現できる点です。

経営のバトンを渡す相手が見つからず、会社売却が実現できなければ、最終的には廃業の選択を迫られます。そうした事態になると、これまで築き上げてきた企業風土やノウハウなどは、次の世代に承継されずに終わってしまいます。

また、従業員は失業してしまうため、新たな雇用先を確保したり、これまで取引を行ってきた会社は代わりとなる新たな会社を探したりする必要が生じ、関係者にも大きな影響を及ぼします。

会社売却がオーナーにもたらすメリット


会社売却が譲渡するオーナー経営者にもたらす主なメリットは、以下の通りです。

後継者問題を解決し、売却益を得られる

後継者不在の場合、会社売却によって新たな経営者にバトンを渡すことができます。

また、株式譲渡によってオーナー経営者は譲渡益を手にすることができます。この資金をもとに、今後の人生の選択肢を増やすことができます。

自社の譲渡・売却をご検討の方に向けて、どのような企業が候補に挙がってくるのか、無料でシミュレーションいただけます。ぜひ下記よりお試しください。

個人保証を解除できる

中小企業の経営者の多くは個人保証を行い、金融機関から融資を受けています。
会社売却によって譲受け企業(買い手)側による融資の肩代わり、もしくは保証そのものを引き受ける形で、個人保証の解除が可能になります。

会社売却が社員にもたらすメリット


会社売却が社員にもたらす主なメリットは、以下の通りです。

雇用が守られる

会社が廃業した場合、社員が新たな職場を見つけることができなければ、社員本人だけでなくその家族にも大きな影響が生じてしまいます。

会社売却により、雇用が守られるだけでなく、社員がこれまでのキャリアを無駄にすることなく新たな環境で仕事に打ち込むことができます。

スキルアップ・キャリアアップの機会を得られる

例えば、上場企業など規模の大きな企業の傘下に加わると、会社間の交流や新たなポジションで活躍できる可能性が高まります。
こうした機会を上手に活用し、社員自身のスキルアップやキャリアアップが期待できることもメリットとして挙げられます。

待遇や福利厚生が改善する可能性がある

会社売却が行われると、人事制度や福利厚生制度などは、譲受け企業側のシステムに順次統合されることが一般的です。
一般的に譲受け企業は譲渡企業に比べ会社の規模が大きい傾向にあるため、賃金をはじめとする待遇や、福利厚生などが改善する可能性があります。

会社売却をした後の注意点


会社を売却後に注意すべき点は、以下の通りです。

統合プロセスでトラブルが生じる可能性がある

売却後に、譲渡先と新たな経営体制の構築、協業のための体制構築、業務オペレーションなど両社が統合してくためのプロセス(PMI)を進めていきます。
この統合プロセスの過程で、例えばシステム面で不具合が続き、取引先や顧客に迷惑を及ぼすなどトラブルが生じる可能性も考えられます。

このような事態を回避するために、主に譲受け企業が主体となり、売却を進めるプロセスと並行して入念に準備を進める必要があります。

社員のモチベーションが低下する可能性がある

会社売却後、これまで通りの業務に従事することになっても、譲受け企業の経営方針によって生じる変化に対するストレス、将来への不安を理由に、社員の働くモチベーションが低下、最悪の場合離職する社員が出てくる可能性も考えられます。

このような事態を回避するために、会社売却を行った際のオーナーや譲受け企業からの情報開示の場面で、売却した背景、これからの方針を丁寧に説明し、不安を解消するフォローを行うことが重要です。情報開示で話す内容、表現、タイミングなどは経験豊富な外部の専門家のアドバイスを仰ぐとよいでしょう。

会社売却後を成功させるポイント


最後に、中小企業の会社売却を成功させるためのポイントをご紹介します。

会社売却の目的を明確にする

会社売却の目的は「後継者問題の解決」「創業者利益の獲得」「従業員の雇用確保」「事業の飛躍的な成長」など様々です。

目的が違えば、達成するための手段や方法も変わるため、売却の目的を明確にしておくことが一番のポイントと言えます。また、従業員の待遇など譲渡する際の交渉条件などもあらかじめ設定しておくことで、売却後、想定外のトラブルが発生することを回避できます。

適切なタイミングで売却を行う

売却を行う際は、自社の現状の企業価値を把握した上で、売却に向けてさらに価値を高める取り組みを行う必要があります。企業価値の算出は、外部の専門家の協力を仰ぐとスムーズに行うことができます。

また、市場動向など外部環境も売却に影響を及ぼすため、専門家のアドバイスを受けながら、自社にとって最適な売却のタイミングを見極めることが大切です。

専門会社のサポートを受ける

会社売却にはメリットが大きい反面、リスクを最小化するために注意すべき点もたくさんあります。また、買い手候補のリストアップやトップ面談などのセッティング、各種契約書の作成など、さまざまな場面で高度な専門知識が必要となります。

こうしたプロセスを無事乗り切るためにおすすめなのが、専門会社からのサポートを受けることです。会社売却に詳しい専門家であれば、どのタイミングで何をすれば良いのかを熟知しています。また、どうすれば失敗するのかも熟知しているため、リスクを最小限に抑えられます。

終わりに

会社を売却すると、会社はもちろん、経営者や社員などにあらゆるステークホルダーにプラスやマイナスの影響を及ぼします。
そのため、会社売却を成功に導くためには、メリットを最大化させるようしながら、リスクを回避することが大切です。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・事業譲渡・譲渡企業・M&A」に関連するコラム

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般
M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

「株式譲渡・事業譲渡・譲渡企業・M&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

譲渡企業(売り手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲渡企業(売り手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲渡を検討するオーナーにとって、M&Aは、一生に一度の選択です。大切に育ててきた会社を譲るという事実に加え、一度譲渡した後にやり直しはできません。失敗したくない、後悔したくない、最大の結果を得たいと思うのは当然のことです。満足度の高いM&Aの実行で最大の結果を得るために、実行前に押さえておきたいポイントについて確認していきましょう。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

譲渡側(売り手)からみた、譲渡先の選定ポイント

自社の詳細情報(概要書)など必要書類が整ったら、いよいよ次は譲渡先、つまり譲受企業(買い手)探しです。まず思い浮かぶのは同業の大手企業かもしれません。一方で、必ずしもそれだけとは限りません。ここでは、どんな譲受企業(買い手)が候補の選択肢として挙げられるかをふまえ、自社にとって最適な譲渡先企業を選定するポイントを整理します。一般的な譲渡先企業(買い手)の類型上場企業か、未上場企業か上場企業とは、そ

M&Aの相談先。頼れる専門家について

M&Aの相談先。頼れる専門家について

自社の今後を見据え、M&Aという選択肢が浮かんだ時、あなたらどうするでしょうか。まず誰か詳しい人に話を聞いてみよう、相談しようと考える人が多いのではないでしょうか。M&Aの実行には高度な論点が複雑に絡み合い、高い専門性や知識が必要とされるため、当事者以外に専門家をはじめ様々な関係者が関係してきます。本記事では具体的に誰に、M&Aの相談をするのがふさわしいのか解説していきます。M&A分野の専門家まず

M&Aの本格検討を進めるために。詳細情報の開示について

M&Aの本格検討を進めるために。詳細情報の開示について

譲渡側(売り手)、譲受側(買い手候補)のトップ同士が対面する「トップ面談」を前に、互いにより具体的な検討を進め、理解を深めるために詳細情報の開示が行われます。本記事ではそのプロセスを中心にご紹介します。詳細情報の開示にいたるまで順を追ってプロセスを見ていきましょう。候補先を選定する譲渡先(買い手)候補企業の選定には、大きく二つの方法があります。一つは、企業概要書(ノンネーム)を見て、更なる詳細情報

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

M&A検討の第一歩。譲渡側(売り手)の事前準備

はじめてのM&Aには不安が多いもの。具体的に着手する前、可能な限りの準備を進めておくことで、心に余裕をもってM&Aを開始できます。譲渡企業(売り手)にとって、理想的な事前準備とは何か?どのような状態にしておけばいいのか?あるべき姿から逆算した“スムーズなM&Aのための事前準備”をご紹介します。準備のポイント①資料収集候補企業探しは「企業概要書」からはじまるM&Aの相手を探すに際し、譲渡企業の実態を

「株式譲渡・事業譲渡・譲渡企業・M&A」に関連するM&Aニュース

ミネベアミツミ、日立パワーデバイスを買収へ

ミネベアミツミ株式会社(6479)は、株式会社日立製作所(6501)から株式会社日立パワーデバイス(茨城県日立市)の全株式を取得し子会社化すること、および日立製作所グループのパワーデバイス事業に関する海外販売事業を譲り受けることを決定し、日立製作所と株式譲渡契約を締結した。ミネベアミツミは、ベアリングなどの機械加工品事業、電子デバイス、半導体、小型モーターなどの電子機器事業、自動車部品・産業機械・

朝日放送グループHDの子会社ABCアニメーション、CGCGスタジオとの間で株式譲渡契約を締結

朝日放送グループホールディングス株式会社(9405)は、完全子会社である株式会社ABCアニメーション(東京都新宿区、以下アニメ社)にて、CGCGスタジオ株式会社(沖縄県沖縄市)のCG映像制作事業・モーションキャプチャー事業・ゲームコンテンツ開発事業の譲受を目的とした株式譲渡契約を締結した。朝日放送グループホールディングスは、テレビ・ラジオ・CSの放送事業、TV番組企画/制作、映像の保存/管理等を行

旭化成、完全子会社である旭化成パックスの事業譲渡について発表

旭化成株式会社(3407)は、完全子会社である旭化成パックス株式会社(東京都千代田区)に関して、容器事業の事業譲渡の完了、フィルム事業の譲渡契約の締結、会社清算の決定を発表した。(1)容器事業の事業譲渡の完了2023年10月1日付で、本容器事業をアァルピィ東プラ株式会社(大阪府吹田市)に譲渡し、同日付で、旭化成パックスの本社を移転。また、本容器事業に係る小野工場(兵庫県小野市)も2023年9月末に

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース