コラム

買収されるとどうなる?会社の存続や社員にもたらす変化とは

M&A全般
更新日:

⽬次

[表示]

買収されるとどうなる
もし自分の会社が買収される事態になったら、社員や取引先は「これまでと同じ環境や待遇で働くことができるのか」「継続して取引を続けることができるのか」と不安を覚えるでしょう。

本記事では、会社が買収された場合に、どのような変化がもたらされるのか、また、スムーズな統合に向けてのポイントをご紹介します。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

買収がもたらす変化


会社が買収されると、会社の存続のほか、社員や取引先への影響が懸念されます。
中小企業のM&Aの多くは株式譲渡のスキームが用いられ、会社の法人格はそのまま存続するケースが一般的です。

譲受け企業(買い手)の方針にもよりますが、会社の法人格だけでなく、事業用の機械設備、取引先、顧客、従業員などもそのまま引き継がれるケースが多く見られます。

友好的買収がほとんどを占める中小企業のM&Aにおいては、社風や待遇、労働環境などに大きな変化が生じないよう、あらかじめ条件交渉が行われるケースが多くあります。

ここでは一般的に、会社が買収された場合に考えられる変化について挙げていきます。

経営陣や組織の変更

買収によって経営権が移譲されるため、譲受け企業(買い手)側の経営方針に沿う必要性が生じます。
結果、経営陣や組織に変更が生じる可能性があります。

買収された企業の経営陣が退任し、譲受け企業(買い手)側や外部から新たな経営陣を招聘するケースや、会長や社長など経営陣がそのまま残るケースなど、様々なパターンが存在します。

企業風土・社風の変化

異なる文化の会社が1つになるため、それまで醸成されてきた企業風土や社風が変わる可能性もあります。
ただし、企業の成長を目的とするPEファンドなど譲渡先によっては、経営権を掌握しても、企業が築き上げてきた文化や社風はそのまま尊重されるケースも見られます。

人事制度・待遇の変化

効率的に統合を進めるため、譲受け企業(買い手)側の人事制度や役員・従業員の待遇に統一される、もしくは見直しが生じる可能性があります。

ただし、友好的買収が多くを占める中小企業のM&Aでは人事制度や役員・従業員の待遇に大きな変更が出ないよう、あらかじめ条件交渉が行われるケースがあります。

取引先との関係性

買収によって、取引先が変わる可能性も考えられます。
株式譲渡の場合、取引先との契約関係はそのまま引き継がれますが、継続や刷新については譲受け企業(買い手)側の経営方針が反映されます。ただし、取引先を変えることで事業に与える影響の大きさを考慮して、検討が進められるでしょう。

中小企業のM&Aでは、人事制度や待遇と同様に取引先関連について大きな変更が出ないよう、条件交渉が行われるケースがあります。

買収された後のスムーズな統合を目指すためのポイント


会社が買収された後、相手企業と良好な関係を構築し、スムーズな統合を目指すために、M&A成約前から意識しておきたいポイントは以下の通りです。

企業や経営者同士の相性を見極める

特に中小企業のM&Aでは企業風土・文化や経営者の考えに大きなギャップがないかという点は、スムーズな統合を目指すうえで大切なポイントになります。
相手企業を選定する上で、事業のシナジーは当然のことながら、そうした観点も重要になります。

M&Aの交渉中から誠意ある対応を心がける

M&Aでは、各種重要資料の提出や、買収監査(デューデリジェンス)、契約に際しての交渉など、仲介会社等を通じて相手側企業と様々な対応が求められます。

買収後も良好な関係を維持してスムーズな統合を果たすために、基本的なことですが、誠意ある対応・姿勢は不可欠です。関係者間で、一貫して誠意ある対応が行えるように、認識をすり合わせておく必要があります。

外部の専門家のサポートを受ける

買収された後も良好な関係・スムーズな統合を目指すには、M&Aを進める段階から専門家のサポートを受けることは有効です。
例えばM&Aの仲介会社は、複雑な交渉をスムーズに整理して、言いづらいことや聞きづらいことを間に入って調整・アドバイスしてくれます。

単に成約しただけでは、両社が期待していたような成果を果たすことは困難であるため、成約後に発生しうるトラブルや、期待できる成果を洗い出し、リスクの最小化・成果の最大化のための戦略を検討する必要があります。
そのため、譲渡先企業とともに、M&A実施後の統合効果を最大するための統合プロセス(PMI)のコンサルティングの導入などを検討することも対策として挙げられます。

@sitelink

終わりに

会社が買収されると、従業員や取引先に少なからず影響が生じます。影響の度合いは、基本的には譲受け企業(買い手)の方針や考え方によって異なります。

M&Aによる譲渡、その後の統合を成功させるためには、事前に起こりうる影響を予測して対応策を検討しておくこと、外部の専門家のサポートを受けて成約からその後の統合をスムーズに進めることが重要になります。

日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。 詳しくはコンサルタントまでお問合せください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・PMI・株式譲渡」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

【連載】「伸びる企業の買収戦略」買収成功のロードマップ 『100日プラン』

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

【連載】「伸びる企業の買収戦略」失敗するPMIの4つの落とし穴

日本M&Aセンターの新刊書籍『伸びる企業の買収戦略―実録中堅・中小M&A成功事例の徹底解剖!』が発売されました(2023年9月13日ダイヤモンド社より発行)。中堅・中小企業向けに買収戦略の考え方や成功パターン、デューデリジェンスやPMIなどのポイント、複数社買収の効果や海外M&Aなどについて、豊富な実例を交えて解説した「譲受企業(買い手)」向けの実践的な入門書です。M&Aマガジンでは、全4回にわた

M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&A全般
M&Aが失敗する要因とは?対処法や事例も紹介

M&Aは譲渡企業(売り手)、譲受け企業(買い手)の双方が目的実現のために、M&Aを実行します。しかし、残念ながら中にはM&Aが失敗、交渉途中に破談に終わるケースもあります。本記事では、M&Aが失敗に至ってしまう原因や、対応策についてご紹介します。M&Aにおける失敗の定義はじめに、M&Aが失敗したとみなされる主なケースについて見ていきます。想定していたシナジー効果が得られないM&Aの目的の一つとして

[スタートアップのM&A事例]バーチャルレストランはなぜ譲渡を決断したのか?

M&A全般
[スタートアップのM&A事例]バーチャルレストランはなぜ譲渡を決断したのか?

2022年9月、フードデリバリーブランドのフランチャイズ事業を展開する株式会社バーチャルレストランは、株式会社USEN-NEXTHOLDINGSに株式譲渡を行いました。株式会社バーチャルレストラン代表取締役社長牧本天増様と株式会社バーチャルレストラン取締役小松原史弥様を迎えて、M&A実施の背景、今後の展望について、担当コンサルタントの渡邉がお話を伺いました。学生時代に起業、バーチャルレストランが出

「買収・PMI・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aスキームとは?種類別に公認会計士が解説!

M&Aを行うスキーム(手法)は様々に存在し、最適な選択が成功の鍵を握ります。本記事では中堅・中小企業のM&Aで用いられる代表的なスキームの特徴、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&AセンターではM&Aに精通した公認会計士・税理士・弁護士など専門家を含めた盤石の体制で安全・安心のM&Aをサポート致します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちらM&Aにおけるスキームと

PMIがM&Aにおいて重要な理由とは?PMIの専門家が解説

PMIがM&Aにおいて重要な理由とは?PMIの専門家が解説

M&Aは成約がゴールではありません。両社が思い描いていた成長を実現することこそがゴールであり、M&Aの成約はいわば成長に向けたスタートとも捉えられます。本記事では、M&Aの成否のカギを握るPMIについて、その概要やポイント、最後によくある質問と回答をご紹介します。日本M&Aセンターグループでは、お客様のM&Aをご支援するほか、M&A後のスムーズな統合に向けたPMIコンサルティングにも対応いたします

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

譲受け企業(買い手)がM&Aで押さえておきたいポイントとは?

一言でM&Aといっても、買収戦略を実行していく譲受企業(買い手)側には様々な目的があります。M&Aの成功に向けて、押さえておきたいポイントを確認していきましょう。【登録無料】買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録はこちらM&A実行の目的・メリット一般的に

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

譲渡企業(買収先)の探し方。ロングリスト、ショートリストとは

M&A仲介会社などパートナーを選定したら、次は買収先、つまり譲渡企業(売り手)を探すステップに移ります。お相手探しは主に2つの方法で行われます。それぞれについて詳しく見てまいりましょう。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこちら譲渡企業の探し

「買収・PMI・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

TWOSTONE&Sons、技術者常駐型の技術支援サービス展開のMapleSystemsを子会社化

株式会社TWOSTONE&Sons(7352)は、2024年2月29日に株式会社MapleSystems(東京都中央区)の株式取得手続きを完了し、同社を子会社化した。TWOSTONE&Sonsは、エンジニアプラットフォームサービス・マーケティングプラットフォームサービスを中心に事業を展開している。DX化加速に伴い企業のITサービス開発に関わるニーズが多様化・高度化していく中で、より多様な人材を提案

セブン&アイHD、豪Convenience Groupを買収へ

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(3382)は、子会社の株式会社セブン‐イレブン・ジャパン(東京都千代田区)と7-ElevenInternationalLLC(米テキサス州)が、ConvenienceGroupHoldingsPtyLtd(豪ビクトリア州、以下ConvenienceGroup)の全株式取得の株式譲渡契約を締結したことを発表した。取得価格は1,710百万豪ドル(167,238百

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース