M&A用語集

株式譲渡

読み
かぶしきじょうと
英語
Stock Purchase

M&Aにおける株式譲渡とは、対象会社の株式を売買することによって経営権を移転させる手法をいう。

支配権を移転するには、少なくとも議決権の過半数の移転が必要であり、特別決議要件等を考慮すると2/3以上の譲渡を想定することが一般的。

手続が簡便で迅速なため、中堅中小企業のM&Aでは、一般的に用いられる手法。

「株式譲渡」の関連用語

「株式譲渡」の関連コラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

M&A全般
株式交付とは?株式交換との違いやM&Aで活用するメリット・注意点を詳しく解説

令和3年3月1日に施工された「会社法の一部を改正する法律案」で新たに創設された株式交付制度は、令和3年税制大綱によれば株式を対価とするM&Aを促進することを目的としています。本記事では、株式交付の仕組みや基本的内容を整理し、既存の株式交換との違いやM&Aで活用する場合のメリットや注意すべき点などについて、最新の情報を詳しく解説していきます。株式交付とは?株式交付は、会社法では「株式会社が他の株式会

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡」の関連M&Aニュース

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

ロレアルグループ、パーソナライズ美容を展開するSpartyに出資

ロレアルグループ(フランス・パリ)は、コーポレートベンチャーキャピタルファンドBOLD(BusinessOpportunitiesforL'OréalDevelopment)を通じて、株式会社Sparty(東京都渋谷区)に少数株主として投資することを決定した。ロレアルが日本で行う初のベンチャー投資となる。ロレアルグループは、世界的な化粧品メーカー。日本ロレアル株式会社(東京都新宿区)は、化粧品の輸

バイトマッチングアプリのタイミー、香港Aspex Management及び米Woodline Partnersが資本参画

株式会社タイミー(東京都豊島区)は、AspexManagement(香港)およびWoodlinePartners(アメリカ・カリフォルニア州)が新規株主として資本参画することを発表した。タイミーは、「働きたい時間」と「働いてほしい時間」をマッチングするスキマバイトサービス「タイミー」を運営している。AspexManagementは、主にアジア太平洋地域の上場株および未上場株式に投資を行う投資顧問会

テンダ、ソフトウェア受託開発を行う三友テクノロジーの株式取得、子会社化へ

株式会社テンダ(4198)は、三友テクノロジー株式会社(東京都新宿区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。テンダは、クラウドサービス、スマートフォンのソーシャルゲーム・ソーシャルアプリ開発、Webシステム・モバイルサイト開発を行っている。三友テクノロジーは、ソフトウェア受託開発企業。業務アプリ開発、スマートフォンアプリ開発、コンサルティングサービスなどを行っている。本件M&Aにより、テン

カンカク、食のECサイト「GOOD EAT CLUB」を運営するグッドイートカンパニーに全株式を譲渡

株式会社カンカク(東京都渋谷区)は、株式会社グッドイートカンパニー(東京都渋谷区)に発行済株式の全株を譲渡することを決定した。譲渡後も、カンカクは存続する形で各事業を継続するとともに、カフェ店舗事業をMBO(マネジメント・バイアウト)により株式会社biplane(東京都渋⾕区)に移管し、引き続き店舗運営と新店舗展開に取り組む。カンカクは、ソフトウェアの開発・運営、D2C(DirecttoConsu

オキサイド、長距離量子通信システムを開発するLQUOMと資本業務提携を締結

株式会社オキサイド(6521)は、LQUOM株式会社(神奈川県横浜市)と資本業務提携を締結した。オキサイドはLQUOMの約3%の株式を取得する。オキサイドは、国立研究開発法人物質・材料研究機構発のベンチャー企業。単結晶・光部品・レーザ光源・光計測装置を開発・製造・販売している。また、光計測・新領域、半導体、ヘルスケアの3つの事業を展開している。LQUOMは、国立大学法人横浜国立大学堀切研究室発のス