M&A用語集

株式譲渡

読み
かぶしきじょうと
英語
Stock Purchase

M&Aにおける株式譲渡とは、対象会社の株式を売買することによって経営権を移転させる手法をいう。

支配権を移転するには、少なくとも議決権の過半数の移転が必要であり、特別決議要件等を考慮すると2/3以上の譲渡を想定することが一般的。

手続が簡便で迅速なため、中堅中小企業のM&Aでは、一般的に用いられる手法。

「株式譲渡」の関連用語

「株式譲渡」の関連コラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

M&A実務
事業譲渡諸費用の税務上の取扱いを整理しよう!

一般的に仲介会社を介して事業譲渡をする場合は、交渉のステージにそって一定の費用が発生します。それら費用について税務上はどう取り扱うべきでしょうか。今回はその点を解説したいと思います。交渉ステージごとに係る費用はこちら負担者別に整理すると、以下の費用がステージごとにかかります。※交渉ステージは日本M&Aセンターの流れに沿っています。※本コラムにおける“事業譲渡”とはスキームのことを指し、株式譲渡の場

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡」の関連M&Aニュース

santec、カナダで光測定装置の開発事業を行うJGR Optics Inc.の全株式取得、子会社化へ

santec株式会社(6777)は、JGROpticsInc.(カナダ・オタワ、JGR社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。santecは、光部品関連事業、光測定器関連事業、光イメージング・センシング関連事業を展開している。JGR社は、光測定装置の開発、製造、販売を行っている。本件M&Aにより、santecは、光測定器関連事業の新たな売上の柱となる製品群の獲得によるシェア拡大と強化を図

ウインテスト、太陽光発電O&Mサービスを行う連結子会社オランジュの全株式を譲渡

ウインテスト株式会社(6721)は、連結子会社であるオランジュ株式会社(神奈川県横浜市)について、保有する全株式を、株式会社エネプライム(東京都新宿区)へ譲渡することを決定した。ウインテストは、高精度高速半導体検査装置の技術開発型企業として、主にイメージセンサ、ディスプレイドライバーIC向け検査装置の開発・設計・製造・販売を行っている。連結子会社オランジュは、高圧太陽光メンテナンス、低圧発電メンテ

シャノン、Webソリューション事業を行うヴィビットインタラクティヴの全株式取得、子会社化へ

株式会社シャノン(3976)は、ヴィビットインタラクティヴ株式会社(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は、約132百万円。シャノンは、マーケティングクラウドの提供ならびにソリューションの企画・開発・販売、マーケティングに関連するコンサルティング・アウトソーシングサービスの提供と事業を展開している。ヴィビットインタラクティヴは、Webソリューション事業を行っている。

Abalanceの連結子会社バローズ、太陽光発電事業を営むカンパニオソーラーの買収へ

Abalance株式会社(3856)の連結子会社である株式会社バローズ(大阪府吹田市)は、太陽光発電事業を営む株式会社カンパニオソーラー(大阪府吹田市)の買収を行うことを決定した。バローズは、カンパニオソーラーの既存株主から株式譲渡により、同社発行済全株式を取得する。取得価額は、732百万円。取得する太陽光発電所は、一般家庭の約870世帯分の消費電力に相当する年間予定消費量4,000Mwhの出力、

日本ペイントHD、欧州塗料メーカーCromology Holding SASを孫会社化へ

日本ペイントホールディングス株式会社(4612)は、連結子会社であるDuluxGroupLimited(オーストラリア・メルボルン、DuluxGroup社)が、イギリスに新たに設立したDGLInternational(UK)Ltd(イギリス・ロンドン)を通じて、欧州において建築用塗料等の製造・販売を手掛けるCromologyHoldingSAS社(フランス・クリシー、Cromology社)およびC

インバウンドテック、音声システム開発会社OmniGridの株式取得、EPARKと合弁事業契約締結

株式会社インバウンドテック(7031)は、株式会社EPARK(東京都港区)の子会社である株式会社OmniGrid(東京都豊島区)の株式を取得し同社を子会社化すると共に、EPARKと合弁事業契約を締結することを決定した。取得価額は、約944,500千円。議決権所有割合は、65.0%となる。インバウンドテックは、マルチリンガルCRM事業、セールスアウトソーシング事業を展開している。EPARKは、飲食店