食品製造・食品卸業のM&A案件一覧(売却・事業承継案件)

食品製造・食品卸業は、調味料、加工食品や酒類を含む飲料などの「食料品製造業」、農畜産物・水産物、調味料、飲料、乾物、酒類などの「食料品の卸売」を含みます。

  • 「りんご」商品の製造販売業者

    NEWNo.14003

    ・りんご商品の製造から販売まで一貫して自社で行っている。 ・観光客から高い支持を得ており、SNS・各種メディアに数多く露出、高い知名度を誇る。 ・自社所有のHACCP認定工場をもつ。

    詳細を見る
  • 食品卸

    No.14167

    地元やホテル等に食品の卸・小売りを手掛けており、地域の生活インフラを担っている。

    詳細を見る
  • 青果物卸売業

    No.14156

    ・幅広い多数の販売先を持つ ・海外への販路 ・農業生産法人を保有

    詳細を見る
  • 酒類小売・卸売業

    No.13894

    ・全酒類卸売業免許保有 ・自社配送によりきめ細やかなサービス提供できる

    詳細を見る
  • 青果卸売業

    No.14157

    ・取扱う青果の種類が豊富 ・幅広い販路を保有 ・企画力が高い(オリジナルブランド商品等)

    詳細を見る
  • 生活習慣病・高齢者向け配食事業

    No.13954

    各生活習慣病ごとに、学会のガイドラインに沿ったメニューラインナップ 冷凍食で全国配送が可能 管理栄養士への相談が可能

    詳細を見る
  • 日本酒製造

    No.14019

    ・独自の技術により他社より優位性がある ・品質の高い商品が製造できている

    詳細を見る
  • 水産練製品製造業

    No.13938

    ・豊富な商品数。 ・自然豊かな土地の海産物を使用しブランディングされた蒲鉾製造 ・圧倒的リピート率

    詳細を見る
  • 冷凍加工食品製造業

    No.13940

    ・長年の実績により安定した売上がある ・細かな受注対応を行うことで顧客ニーズを満たしている

    詳細を見る
  • 食品の輸入卸販売

    No.13770

    ・当社独自の仕入れルートを持ち、大手との取引あり ・少数精鋭で財務も安定

    詳細を見る
  • 冷凍食品製造、販売業

    No.13838

    ・工場を有しており自社製造可能 ・販路が広い ・急成長中の企業

    詳細を見る
  • 酒造メーカー

    No.13777

    国内外にて、数々の受賞歴を誇る

    詳細を見る
  • 食品加工・卸売業

    No.13675

    ・大手取引先と安定した取引実績がある ・充実した設備環境が整っている ・若手の従業員も多数活躍中

    詳細を見る
  • 業務用冷凍麵製造

    No.13747

    ・天然地下水を使用しており、製麵工程のミキシングから冷凍まで自社で行うことで、風味のある美味しい冷凍麵を製造。 ・冷凍そば・うどん、冷凍スパゲッティに加え、冷凍生パスタや冷凍ラーメン等、多種類の麵製造が可能。 ・販売先は引き継がない前提。

    詳細を見る
  • 業務用食品等の卸売

    No.13672

    ・取り扱い実績のある商品は3,000種類以上 ・商品を大事にし、乱売をしない ・誠実経営を大切にしている

    詳細を見る
  • 食品製造業

    No.13358

    天然由来であること 製造から販売まで一貫して行える体制

    詳細を見る
  • ジャムおよびスプレッドの製造

    No.13369

    ・家庭用のジャム・スプレッド製品を製造 ・対象会社所在国において、高いブランド力を有している ・新鮮な食材を使用しているため、高品質な製品の提供が可能

    詳細を見る
  • 鶏肉解体及び加工、流通、小売、鶏用飼料製造

    No.13232

    ・ハラル認証取得の施設で屠鳥・加工を行う ・栄養バランスのとれた自社製造の飼料を与え、規制薬品は一切使用しない鶏を使用 ・国際的に有名な企業が卸先として名を連ねる

    詳細を見る
  • 清涼飲料水の受託製造及び卸売業

    No.13053

    ・国際製造規格を取得した自社の製造工場を持つ。 ・自社ブランドを持つ。 ・対象会社所在国のみならず、世界各地でビジネス展開をしており商品輸出をしている。

    詳細を見る
  • 食品卸業

    No.12984

    ・安心食材の安定的な仕入 ・地場の小売業との幅広いネットワーク

    詳細を見る
  • 冷凍肉卸・販売

    No.13016

    ・ハラル認証済みの冷凍肉のみ取り扱い ・現地で店舗も保有しており、卸と販売の両機能を保有 ・現地で有名な冷凍肉メーカー(ファストフード店用)と長年の取引実績あり

    詳細を見る
  • 地場の特産品を多数取り扱う食品卸売・製造業

    No.12600

    ・独自ブランドの商品を多数取り扱う ・海産物の一次生産者との強固なネットワークにより調達基盤が安定している ・地場のスーパー、大手食品卸との太いパイプを持つ ・エリア:西日本

    詳細を見る
  • 食品加工業

    No.12219

    ・多品種小ロットでの対応が可能 ・食品添加物の少ない調理方法 ・大手との取引実績

    詳細を見る
  • 冷凍肉等の輸入卸

    No.12410

    ・業界歴40年以上。 ・配送用保冷トラックを自社で数台保有。 ・商品の調達から加工/配送まで一貫して対応可能。

    詳細を見る
  • 海苔加工業

    No.12197

    国内トップクラスの機械設備による高品質な製品

    詳細を見る
  • 惣菜品の製造販売及びEC販売

    No.11682

    ・職人が多く在籍しており商品開発に長けている ・社内で一気通貫で商品製造からECサイト運営及び管理が出来る体制 ・高い衛生管理能力を持つ工場を保有

    詳細を見る
  • 水産物等の卸売業

    No.11659

    ・アジア諸国から海産物を仕入れ欧米向けに輸出している専門商社 ・関係会社で一部加工も行っている

    詳細を見る
  • めん類製造業

    No.10804

    ・長年、大手食品メーカーからOEMを受注しており高い評価を得ている ・近隣地域では老舗として知名度が高い

    詳細を見る
  • 小麦粉の輸入販売

    No.11363

    ・主にベーカリー用の小麦粉の輸入販売を行う ・対象会社所在国では、全土に販売網を持つ ・3000社以上の顧客を持つ

    詳細を見る
  • 水産加工業

    No.10916

    ・大型水産加工設備を保有 ・勤続20年越えの熟練した作業員が多数在籍 ・製品ブランド力有り

    詳細を見る
  • 天然水の製造販売業

    No.10436

    ・豊かな自然の中で水を採水 ・非加熱の除菌処理方式を採用

    詳細を見る

Web上に掲載されていない非公開案件については、お問い合わせください。
M&A買収ニーズ情報をご登録いただくことで、案件の紹介がうけられます。

メルマガ配信登録いただくと、新着案件など情報が配信されます。

  • 本情報は相談先の企業にとりましては絶対に漏洩されてはならない秘密情報ですので、日本M&Aセンターが厳しく情報を管理しております。
  • 本サイト内容の無断での複写、転写、転載を禁じます。本サイトの内容を第三者に開示する(第三者にメール・FAXする等を含みます)場合には、日本M&Aセンターの許可が必要です。

食品製造・食品卸業のM&A案件の特徴

食品業界は非常に裾野が広く、経済産業省の発表では110兆円規模の巨大産業です。
最上流に農業や漁業などの1次産業があり、そこに海外からの食品輸入が加わります。国内で生産された、あるいは海外から輸入された食品は、卸売業や加工業を経て、小売店や飲食店を介して、消費者に届けられています。

日本M&Aセンターでは、食品業界を「食品製造」「食品卸」「小売」「外食」の4カテゴリーに分け、そのときどきでM&Aが起こりやすい領域を掘り起こしております。

人口減少などを背景に、国内需要は長期的には減少傾向であり、計絵環境は厳しくなると予想されています。
業界再編のM&Aが活発で、大手の寡占化が進んでおり、、中小零細事業者の淘汰が進む可能性も高くなっています。

目下、一番の問題は原材料の高騰です。
コロナ禍で食品業界への影響が大きく報道されましたが、実はコロナ禍で打撃を受けたのは、外食や酒類の卸など食品業界の中でも一部の事業者です。
ところが直近の原材料の高騰は、コロナ禍以上に食品業界全体に悪影響を及ぼしています。原材料価格が1.5倍、場合によっては2~3倍になっているので、企業努力だけで値上げ分を吸収するのはほとんど不可能な状況になっているのです。
加えて、人件費の上昇がさらなる追い打ちをかけています。食品業界はもともと利益率が高い業界ではないにもかかわらず、全国的に人件費が上昇傾向にあるので、食品企業は人件費の上昇を吸収するのに四苦八苦しているような状況です。

食品業界のM&A案件と事例

食品製造・卸業界では、譲渡先の既存顧客をもとにした「販路拡大」が多く見受けられます。
「コスト削減」や、共同配送・保管倉庫の共有など「経営資源の効率化」が可能になります。
また中小企業は商品開発やブランディングが弱い傾向にあるため、「商品開発力・発信力強化」にもつながります。

日本M&Aセンターは、「地域の優れた食品企業・食文化を守り、広めること」を目標としており、地方のきらりと光る食品メーカーや外食企業を次世代につなぐ支援をいたします。

まとめて問い合わせる
 

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。

絞り込み