北海道のM&A売却・事業承継案件一覧

日本M&Aセンターは2010年に札幌営業所を開設しており、北海道・東北エリアでの2020年度M&A成約案件数は101件。 建設土木工事業や食品製造・小売卸業も多数成約しています。

  • 廃棄物処理施設の運営

    No.11082

    医療廃棄物処理業がメインで許認可もある 近隣に同種の施設は無く、優位性は高い

    詳細を見る
  • 食品加工・販売

    No.10983

    ・主に食品の加工・販売を行っており、地域内では知名度あり ・海外から高い品質の原料を安く仕入れることができる

    詳細を見る
  • 無床の小児科クリニック

    No.11154

    ・最寄り駅徒歩2分 ・自由診療(ワクチン接種)に強みあり ・財務良好

    詳細を見る
  • 水産加工業

    No.10916

    ・大型水産加工設備を保有 ・勤続20年越えの熟練した作業員が多数在籍 ・製品ブランド力有り

    詳細を見る
  • 病院

    No.10016

    ①最寄駅から車で5分ほどで交通の便良し ②病床数は100床以上、稼働率も復調 ③医師の確保ができれば、業績の更なる伸長の可能性有

    詳細を見る

Web上に掲載されていない非公開案件については、お問い合わせください。
M&A買収ニーズ情報をご登録いただくことで、案件の紹介がうけられます。

メルマガ配信登録いただくと、新着案件など情報が配信されます。

  • 本情報は相談先の企業にとりましては絶対に漏洩されてはならない秘密情報ですので、日本M&Aセンターが厳しく情報を管理しております。
  • 本サイト内容の無断での複写、転写、転載を禁じます。本サイトの内容を第三者に開示する(第三者にメール・FAXする等を含みます)場合には、日本M&Aセンターの許可が必要です。

北海道地方のM&A案件の特徴

実は日本の面積の約20%もある広大な土地を有する北海道ではM&Aが盛んです。日本M&Aセンターが支援した中で、2018年度~2020年度の3年間における実績では、東京・大阪・名古屋に続いてM&A件数が多い地域になります。
当社の北海道における実績の内訳は
・北海道内でのM&A:約50%
と道内でM&Aが完結することも多く、そのほか
・道外の地域の会社が道内の会社を買収するケース:約30%
・道内の会社が道外の会社を買収するケース:約20%
が続きます。
例えば子供が会社を継がない、従業員も会社を継げない、となった後継者不在問題に際して、合理的な選択肢としてM&Aを決断される経営者が比較的多いよう見受けられます。

北海道を代表する産業は農林水産業・建設業・サービス業

北海道と聞いて「食」のイメージを連想する人は多いのではないでしょうか。
実際に北海道を代表する産業として、まず農林水産業が挙げられます。「海の幸」「じゃがいも」「牛乳」など有名な特産品が数多くあり、売上規模の大きい会社が存在します。例えば水産加工会社では販売先が日本全国にわたり、売上規模が数十億円の会社も見られます。
そのような環境下で、業界内ではM&Aが多く行われています。

次に挙げられるのが建設業で、こちらもM&Aの事例が多くみられます。土地柄、道路が広く新幹線や高速道路の開発が進む北海道。冬は除雪のニーズがあり、建設業がその役目を担います。人口が数千人~数万人の都市においても、売上規模が数十億の建築土木の会社があるのは北海道の特徴でしょう。
また建設業全体でいえることですが、仕事の担い手が少なくなっていることもM&Aが多く行われている要因の一つと言えます。札幌以外では人口減少や高齢化が著しく、請負業者が無くなってきたという声も聞きます。M&Aで札幌の会社と経営統合し、状況を打開しようと一手打たれる方もいらっしゃいます。

そのほかサービス業が道内に多い点も特徴です。例えばホテル業です。北海道には有名な観光地がたくさんあります。札幌をはじめ、小樽、ニセコ、函館、富良野と観光の見どころが各地に存在するため業種として盛んであり、M&Aの事例もよく見られます。
広大な土地で「食」「観光」と、魅力的なコンテンツを持つ北海道。M&Aにおいても関連する会社が多く登場します。そんな魅力ある北海道はM&Aで一層活性化する可能性を秘めています。

まとめて問い合わせる
 

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。

絞り込み